· 

FP2G 株式の信用取引に関する問題

株式の信用取引に関する問題(6問)

期日指定定期預金、貯蓄預金、デリバティブを組み込んだ仕組預金、スーパー定期、決済用預金、大口定期預金。

問題 1

銀行等の金融機関で取り扱う預金の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2019年5月21問)

1.期日指定定期預金は、据置期間経過後から最長預入期日までの間で、預金者が指定した日を満期日とすることができる。

2.貯蓄預金は、給与や年金などの自動受取口座や、公共料金などの自動振替口座として利用することができる。

3.デリバティブを組み込んだ仕組預金には、金融機関の判断によって満期日までの期間が変更される商品がある。

4.スーパー定期は、市場金利の動向等に応じて、各金融機関が預金金利を設定する商品である。

 

問題解説 2.✕ 
貯蓄預金は、給与や年金等の受取口座や、公共料金等の支払口座に指定できません。

1.〇
据置期間経過後は最長預入期日までの任意の日を満期日として指定することができる。

3.〇
仕組預金は、原則として、中途解約できず、満期日も預金者の判断では短縮・延長できません 。

4.〇
預入時の金利が満期日まで適用される固定金利商品で、各金融機関が金利をそれぞれ設定します。

 

問題 2

銀行等の金融機関で取り扱う預金商品に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2018年5月21問)

1.スーパー定期は、市場金利を基準として、各金融機関が預金金利を設定する商品である。

2.オプション取引などのデリバティブを組み込んだ仕組預金は、一般に、預金者の判断によって満期日を延長できる。

3.貯蓄預金は、公共料金などの自動支払口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。

4.決済用預金は、決済用預金以外の預貯金の預入残高および利息の額にかかわらず、1金融機関につき預金者1人当たり元本1,000万円およびその破綻日までの利息の額までに限り預金保険制度により保護される。

 

問題解説
1.〇
市場金利を基準として
各金融機関が預金金利を設定する商品である。

2.✕
中途解約できず満期日も預金者の判断では短縮・延長できません
3.✕
貯蓄預金は、給与や年金等の受取口座や、公共料金等の支払口座に指定できません。
4.✕
銀行に預け入れた決済用預金は、預入金額にかかわらず、その全額が預金保険制度による保護の対象となる。

 

問題 3

銀行等の金融機関で取り扱う預金商品の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2016年9月22問)

1.期日指定定期預金は、据置期間経過後は最長預入期日までの任意の日を満期日として指定することができる。

2.オプション取引などのデリバティブを組み込んだ仕組み預金は、一般に、預金者の判断によって満期日を延長できる。

3.貯蓄預金は、公共料金などの自動支払口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。

4.大口定期預金は、変動金利型の預金であり、預入金額1,000万円以上で設定が可能である。

 

問題解説
1.〇
据置期間経過後は最長預入期日までの任意の日を満期日として指定することができる。

2.✕
預金者の判断によって満期日を延長できません、また中途解約もできません。
3.✕
貯蓄預金は、給与や年金等の受取口座や、公共料金等の支払口座に指定できません。
4.✕
固定金利型の預金であり、預入金額1000万円以上、預入期間1ヶ月以上から指定可能です。

 

問題 4

銀行等の金融機関で取り扱う預金商品の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2016年5月21問)

1.普通預金は、預入期間の定めのない流動性預金であり、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。

2.貯蓄預金は、預入期間の定めのない流動性預金であり、公共料金などの自動支払口座として利用することができる。

3.法人がスーパー定期預金を預け入れる場合は、単利型または半年複利型のいずれかを選択することができる。

4.年0.025%の金利が適用される定期預金(単利型)に1億円を1年間預け入れた場合、所得税、復興特別所得税および住民税の源泉徴収(特別徴収)後の手取りの利息は、2万円である。

 

問題解説
1.〇
預入期間の定めのない流動性預金であり、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。

2.✕
給与や年金等の受取口座や、公共料金等の支払口座に指定できない。
3.✕
預入時の金利が満期日まで適用される固定金利商品で、各金融機関が金利をそれぞれ設定します。
4.✕
預貯金の利子等の利子所得一律20.315%(所得税15.315%・住民税5%)の税率で源泉徴収(源泉分離課税)されます(復興特別所得税を含む)。
利息は、1億円×0.025%=25,000円
税額、25,000円×20.315%=5,078円(切捨て)
利息は、25,000円-5,078円=19,922円


 

問題 5

銀行等の金融機関で取り扱う預金商品の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 (2016年1月21問)

1.貯蓄預金は、給与・年金などの自動受取口座や公共料金などの自動支払口座として利 用することができる。

2.期日指定定期預金は、据置期間経過後から最⾧預入期日までの任意の日を満期日とし て指定することがで きる。

3.大口定期預金は、半年ごとに適用利率が変わる変動金利型の預金である。

4.スーパー定期預金は、同一の金融機関で、同一の預入期間であれば、店頭取引および インターネット取引と も利率が同一とされている。 

 

問題解説
2.〇
据置期間経過後は最長預入期日までの任意の日を満期日として指定することができる。

1.✕
給与や年金等の受取口座や、公共料金等の支払口座に指定できない。
3.✕
固定金利型の預金であり、預入金額1000万円以上、預入期間1ヶ月以上から指定可能です。
4.✕
預入時の金利が満期日まで適用される固定金利商品で、金利は、各金融機関がそれぞれ設定します。


 

問題 6

銀行等の金融機関で取り扱う預金の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2020年9月22問)

1.貯蓄預金は、クレジットカード利用代金などの自動振替口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。

2.当座預金は、公共料金などの自動振替口座として利用することはできるが、株式の配当金の自動受取口座として利用することはできない。

3.為替先物予約を締結していない外貨定期預金の満期時の為替レートが預入時の為替レートに比べて円安になれば、当該外貨定期預金に係る円換算の運用利回りは高くなる。

4.期日指定定期預金は、預金者が預入時に据置期間経過後から最長預入期日までの間で満期日を指定しなければならない。

 

問題解説
3.〇
満期時の為替レートが預入時の為替レートに比べて円安になれば、当該外貨定期預金に係る円換算の運用利回りは高くなる。

1.✕
貯蓄預金は、クレジットカード利用代金などの自動振替口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用できません。

2.✕
当座預金は、公共料金などの自動振替口座、株式の配当金の自動受取口座として利用することができます。

4.✕
期日指定定期預金は、満期日の指定は据置期間経過後にしなければならない。


 

類似問題を終了