FP2級  学科問題 の試験問題の文面で 55区分、418問を出題します。

青い文字の表題部をクリックするとその問題にリンクします。

 

FPに関する問題

FP倫理のまとめ問題

FP倫理を職種別にまとめ、全て〇✕で答えます。八つの職種別に分類して各5問で合計40問を出題しています。この問題は確実に点を取りましょう。

バランスシートに関する問題

自己資本比率、流動比率、当座資産、有形固定資産、投資その他の資産、減価償却、買掛金や短期借入金、売上債権回転期間、経常運転資金、固定長期適合率、キャッシュ・フロー計算書、法人税申告書別表四、株主資本等変動計算書

ライフプランニングに関する問題

ライフプランニングの作成。
国債・NISAに関する問題

NISAに関する問題

20年間の非課税期間終了時にロールオーバー、年間投資上限金額、翌年以降に繰り越すことが できる、株式数比例配分方式を選択、譲渡益が非課税、払出し制限、配当金等の金額と損益通算
建築に関する問題

建築基準法に関する問題

敷地部分(セットバッ ク部分)、容積率の上限、日影規制、日影規制、日影規制、道路斜線制限、第二種低層住居専用地域、建築基準法に規定する道路、2つの用途地域にわたる場合、第42条第2項の道路

建築面積に関する問題

耐火建築物である住宅を建築する場合の建築面積の限度,建築基準法の規定。

不動産に関する問題

区分所有法に関する問題

集会の招集の通知、専有部分に係る敷地利用権、敷地もしくは附属施設の使用方法、区分所有建物の建替え、各区分所有者の共有持分、規約の設定、変更または廃止、団体である管理 組合、共用部分の持分。

借地借家法( 借地権)に関する問題

普通借地権の設定契約、当該建物の買取りを請求、存続期間を10年以上30年未満、建物譲渡特約付借地権が消滅、事業用定期借地権等の設定、事業用定期借地権等の設定、一般定期借地権、普通借地権の存続期間が満了した場合、借地権を第三者に対抗する、30年を超える存続期間。

不動産登記に関する問題

戸建て住宅およびその敷地の登記記録、不動産の登記記録、登記事項証明書の交付を請求、不動産に対する権利、所有権移転の登記、利害関係を有する第三者、不動産の抵当権設定登記、インターネットを利用してオンライン、抵当権設定登記の登記記録、市町村および特別区の役所や役場に備え られている。

不動産の有効活用の問題

有効活用の手法の一般的な特徴,建設協力金方式,定期借地権方式,サブリース(一括賃貸)方式,商業用店舗の建設・運営を検討,等価交換方式。

不動産の契約に関する問題

法定代理人の同意を得ずに不動産の売買契約、瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求,法定代理人の同意を得ないで不動産の売買契約

宅地建物取引業法に関する

宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項.指定流通機構に登録,代金の額の10分の2を超える額の手付,報酬の合計額,一般媒介契約,専任媒介契約 。 

経済に関する問題

セーフティネットに関する問題

農水産業協同組合貯金保険制度、決済用預金、外貨預金は預金保険制度、証券会社が破綻、国内銀行に預け入れられている外貨預金、一般顧客の外国株式、生命保険会社が破綻、日本投資者保護基金。

債券の一般的な問題

仕組債、転換社債型新株予約権付社債、他社株転換条項付債券、リバース・デュアルカレンシー債、割引債の現在価値、固定利付債の表面利率、短期債と長期債を比較、固定利付債と変動利付債を比較、信用格付け、サムライ 債、中央銀行が金融緩和策、個人向け国債、債務不履行(デフォルト)、発行体が同一、最上級の格付を付された債券。

経済指標に関する問題

消費者物価指数、マネーストック統計、国際収支統計、有効求人倍率、全国企業短期経済観測調査(日銀短観)、.国内総生産(支出側)、経済成長率には名目値と実質値、国内総生産(GDP)

金融商品の各種法令の問題

有価証券デリバティブ取引、犯罪収益移転防止法、消費者契約法、金融商品販売法、天候デリバティブ取引。
一般保険に関する問題

生命保険の一般的な商品性の問題

こども保険、収入保障保険(定額型)、終身保険の保険料、養老保険の満期保険金、長期平準定期保険、逓減定期保険、定期保険特約付終身保険、、外貨建て終身保険、低解約返戻金型終身保険、収入保障保険、変額保険(終身型)、特定疾病保障定期保険、逓減定期保険、無選択型終身保険、変額保険、保険料の内訳 。

傷害保険の商品性に関する問題

普通傷害保険、家族傷害保険、海外旅行(傷害)保険、国内旅行傷害保険、交通事故傷害保険。

総合福祉団体定期保険に関する問題

基づく告知が必要,保険金の受取人は,従業員等が保険料も負担,死亡退職金の金額の範囲内,1年更新の定期保険,全額を損金の額に算入,給付金の受取人は企業。

傷害・賠償保険等に関する問題

事業活動のリスク管理の問題 

役員・従業員の業務中のケガ、作業ミスや設計ミス等の事故、食中毒による休業により売上が減少、隣家の財物を壊してしまう、従業員やパート従業員がケガを負う場合、第三者にケガを負わせて法律 上の損害賠償責任、機械保険、火災保険、生産物賠償責任保険(PL保険)、労働者災害補償保険、施設所有(管理)者賠償責任保険。

家庭のリスク管理に関する問題

教育資金、医療費負担、納税資金を確保、老後の生活資金、病気やケガの治療、細菌性食中毒を発症、ラグビーの練習や試合中にケガ、事故で他人にケガ、相続税の納税資金、地震による津波で自宅が損壊、将来の葬儀代、倒産して失業、隣家の失火。

各種保険に関する問題

第三分野の保険の問題

ガン保険の入院給付金、所得補償保険、支払日数と合算されない、契約後に定められた先進医療、特定疾病保障保険、人間ドック、特定(三大)疾病保障保険、公的介護保険、リビング・ニーズ特約、更新型の医療保険

火災・地震保険に関する問題

店舗併用住宅を補償の対象、地震保険料控除の対象、地震保険料控除の控除限度額、5年分の地震保険の保険料を一括で支払った、居住用家屋を保険の対象、地震保険の保険期間が1年を超える長期契約、突風により住宅の窓ガラスや屋根が破損、構造級別、4種類の保険 料割引制度、地震が発生した日の翌日から10日以上経過した後に生じた損害

公的介護保険に関する問題

利用者の負担割合、高額介護サービス費、ケアプラン、特別養護老人ホーム

雇用保険に関する問題

雇用保険の失業等給付、基本手当、基本手当日額、継続雇用となった場合における雇用保険からの給付

自動車保険に関する問題

リスク細分型自動車保険。人身傷害補償保険。保険金の支払限度額。対人賠償保険金。自動車損害賠償責任保険。車両保険金の課税。

健康保険に関する問題

協会けんぽの保険給付、公的医療保険。

年金に関する問題

個人年金保険の一般的な商品性

外貨建て個人年金保険、変額個人年金保険、個人年金保険(有期年金)、個人年金保険(終身年金)、確定年金、保証期間のない有期年金、一時払変額個人年金保険。

公的年金に関する問題

受給資格期間、被保険者期間、婚姻期間、老齢給付、加算される振替加算、特別支給の老齢厚生年金、老齢基礎年金の受給資格期間、公的年金の併給調整等

公的年金の遺族給付に関する問題

障害基礎年金と老齢厚生年金、障害補償年金の額は減額調整、遺族厚生年金の年金額、遺族基礎年金を受給することができる遺族、婚姻期間が10年以上、遺族厚生年金の支給期間、遺族厚生年金の受給権

確定拠出年金に関する問題

事業主経由で掛金を納付、掛金の拠出限度額、退職所得として所得税の課税対象、老齢給付金の支給、金融商品は同一であ る、60歳未満の厚生年金保険の被保険者、私立学校教職員共済制度の長期加入者、運営管理機関に指図して運用します、マッチング拠出。
ローン及び貸金業法に関する問題

住宅ローンに関する問題

中古住宅を取得、転居したため、住宅ローンの償還期間、住宅ローン控除の適用、合計所得金額、確定申告書、店舗併用 住宅は対象、床面積が50m2以上、住宅ローン控除。

教育ローンに関する問題

第一種奨学金の対象者、教育ローンの融資金利、扶養している子の数、資金使途、減額返還、学業成績が著しく不振、進学前に奨学金の予約、卒業後に利息、日本国際教育支援協会の機関保証
法人に関する問題

法人の決算書に関する問題

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、総資本経常利益率、固定比率、自己資本比率(株主資本比率)、損益分岐点売上高、貸借対照表の資産の部、貸借対照表の純資産の部の合計額、総資本経常利益率、当座比率。

会社と役員間に係る税金の問題

役員が所有する土地を会社に無償で譲渡、会社が所有する資産を役員に譲渡、無償で居住している、無利息で金銭の貸付け、定期同額給与を支給した、適正な時価よりも低い価額で取得、建物を適正な時価の2分の1以上かつ時価未満の価額で会社に譲渡した。

法人の経理処理に関する問題

被保険者が役員、保険金受取人が法人、被保険者が役員・従業員全員、死亡給付金受取人が被保険者の遺族、年金受取人が法人。

法人税の仕組みに関する問題

法人税の納税地,軽減税率が適用,法人税の確定申告書,青色申告の適用,法人税の納税地。

株式と投資に関する問題

外貨預金に関する問題

ユーロ建て債券、外貨建て個人年金保険、外貨建て終身保険、預金保険制度による保護、外国証券取 引口座を開設、為替手数料の料率、円換算の投資利回、外国為替証拠金取引、売買した場合の受渡日、源泉分離課税の対象、為替レート、為替先物予約

不動産投資判断に関する問題

NOI利回り、IRR法(内部収益率法)、NPV法(正味現在価値法)、借入金併用型投資、DCF法、収益還元法のうち直接還元法

株式の信用取引の問題

信用取引、レバレッジ効果、委託保証金、制度信用取引、委託保証金率が30%、追加で保証金を請求、一定の有価 証券で代用。

投資信託に関する問題

グロース投資、パッシブ 運用、ボトムアップ・アプローチ、ボトムアップ・アプローチ、株式投資信託を購入、運用管理費用、売買委託手数料、信託財産留保額、契約型投資信託、公募投資信託、追加型 投資信託、アクティブ型投資信託、通貨選択型投資信託、J-REIT、レバレッジ・インデックス

上場株式の譲渡に関する問題

上場株式の譲渡および配当に係る税金,投資収益が非課税となる口座をNISA口座,場株式の配当金について申告分離課税。

利回り・計算に関する問題

株式の投資指標の問題

配当利回り、PBR(株価純資産倍率)、PER(株価収益率)、ROE(自己資本利益率)

ポートフォリオに関する問題

ポートフォリオの期待収益率、シャープレシオ、システマティック・リスク、分散投資の効果(リスクの低減)、期待収益率、効率的市場仮説

利回りに関する問題
固定利付債券の最終利回り、固定利付債券、所有期間利回り(単利)利回りに関する問題

総所得に関する問題  

所得税における総所得金額。 

所得と申告に関する問題

所得税の仕組みに関する問題

傷病手当金は、非課税所得、高年齢雇用継続基本給付金は、非課税所得、火災保険の保険金は、非課税所得、年金形式で毎 年受け取る年金は、非課税所得、翌年3月31日までの期間、超過累進税率、賦課課税方式、納税義務者、青色申告制度。

所得税における各種所得の問題

給与所得控除額、定年退職時に退職手当、一時所得の金額、金地金を売却、公的年金等に係る雑所得、利子所得の金額、不動産所得の金額、アパート経営の賃貸収入、不動産の貸付けが事業的規模

譲渡所得に関する問題
3,000万円特別控除、配偶者に譲渡、5年後に譲渡、 10年を超え、軽減税率の特例は、重複、6,000万円以下、課税長期譲渡所得金額のうち1億円以下、取得費が不明な場合、直接要した仲介手数料、土地の取得の日、短期譲渡所得。

所得税の申告と納付の問題

青色申告承認申請書、青色事業専従者給与、 青色申告書を提出、退職一時金として2,500万円、1ヵ所から年額1,500万円、老齢厚生年金を合計で年額300万円受給。
課税と損益通算に関する問題

不動産取得に係る税金問題

不動産取得税、登録免許税、最高1,200万円を価格から控除、抵当権設定登記、所有権移転登記、居住用建物を購入、登録免許税の税率、印紙税の課税文書

不動産に係る固定資産税・都市計画税

固定資産税の標準税率、都市計画税、小規模住宅用地、新築住宅に係る固定資産税、固定資産税の納税義務者。

消費税に関する問題

宿泊料、損害保険会社から受け取った保険金 、配当金 、特定求職者雇用開発助成金、消費税の課税事業者、みなし仕入率、課税売上高が5億円以下、翌年3月15 日、土地の譲渡 、家屋の譲渡 、家屋の1ヵ月以上の貸付け 、有価証券の譲渡。

損益通算に関する問題

ゴルフ会員権、建物を譲渡したことによる譲渡所得、アパートの貸付けによる不動産所得、満期保険金、業務用車両を譲渡、生命保険の解約返戻金、終身保険の解約返戻金、金地金を譲渡、事業所得の金額、一時所得の金額、生活用動産を譲渡。

贈与税の課税財産に関する問題

無償で子の名義に変更、使用貸借、離婚により取得した財産、個人が法人からの贈与、扶養義務者から取得、離婚による財産分与として取得、死因贈与により取得、生活費という名目で受け取った金銭、年末年始の贈答、祝物、債務の免除を受けた場合。

相続時精算課税に関する問題

相続時精算課税制度について、特別控除額、暦年課税の併用、贈与者の推定相続人、相続開始時の相続税評価額で相続財産に加算される。

損害保険の課税に関する問題

家族傷害保険の死亡保険金、火災保険の保険金、年金払積立傷害保険の年金、一時金で受け取る積立普通傷害保険の満期返戻金、地震保険料控除の対象、所得補償保険の保険料、死亡保険金は、相続税の課税対象、保険期間10年の積立火災保険の満期返戻金、人身傷害補償保険から被保険者が 受け取った保険金。

軽減税率の特例に関する問題

3,000万円特別控除,相続税の申告期限の翌日以後3年,課税長期譲渡所得金額のうち1億円以下,配偶者に対して譲渡した場合,譲渡資産の譲渡対価の額が1億円以下,5年後に譲渡した場合,所有期間が、譲渡した日の属する年の1月1日において 10年。

基準値と小規模宅地に関する問題

相続税路線価に関する問題

固定資産税評価額
相続に関する問題

遺産分割に関する問題

自筆証書遺言、添付する財産目録、家庭裁判所の検認、公正証書遺言、被相続人の子の遺留分、兄弟姉妹に遺留分は認められない、遺言者、遺留分権利者、成年被後見人、遺言書に認知する旨の記載。

法定相続人に関する問題

各相続人の法定相続分

不動産相続に関する問題

小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例、取得費に加算、延納の許可を受けた相続税額、延納税額の延納期間、任意に 延納または物納を選択することができる。延納から物納へ変更、基礎控除額との合計で最高2,000万円を控除。直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税。

親族等に係る民法の問題

被相続人に子がいる場合、代襲相続人、特別養子縁組、相続開始時における胎児、事実上婚姻関係、未成年者が婚姻をする場合、扶養の義務を負わせる、配偶者の兄は、2親等の姻族、親族の範囲、嫡出でない子の相続分は、嫡出子の2分の1。

 相続税の課税に関する問題

相続財産の価額から債務控除できるもの、相続税の非課税財産、相続税の納税資金対策。

事業継承に関する問題

非上場企業の事業承継対策,相続税の納税資金対策,相続・事業承継の動向,非上場企業の事業承継における一般的な課題。 

控除に関する問題

所得控除に関する問題

税額控除、控除対象扶養親族、配偶者特別控除の控除額、負担すべき社会保険料、医療費を支払った場合、地震保険の保険料、国民年金保険料を支払った、事業専従者として給与を受けている、国民年金基金の掛金、青色事業専従者給与。

生命保険料控除に関する問題

団体信用生命保険の保険料、未払いにより自動振替貸付、付加された傷害特約の保険料、更新後の保険料、変額個人年金保険の保険料、変額個人年金保険の保険料、一般の生命保険料 控除、個人年金保険料控除、変額個人年金保険の保険料、医療保険契約。

配偶者控除に関する問題

配偶者控除の適用、老人控除対象配偶者、配偶者特別控除の控除額、内縁関係にあると認められる者、暦年課税における贈与税の基礎控除額、贈与税額、相続時精算課税制度の適用、贈与税の税率、贈与者との婚姻期間が20年以上。

贈与に関する問題

贈与に関する問題

負担付贈与、定期贈与、死因贈与、遺贈により取得、暦年課税に係る贈与税額、暦年課税に係る贈与税額、贈与税の配偶者控除、相続時精算課税制度、書面によらない贈与契約。

贈与税の申告と納付に関する問題

相続税額が0(ゼロ)となる場合、相続により取得した土地を譲渡、相続税の納付、任意に延納または物納を選択、申告書の提出期間、贈与税額が算出されない場合、物納が認められる、延納税額が100万円以下、贈与税の申告書の提出先、延納期間は、最長で10年間、贈与税を延納。

チョット一休み!
北海道函館の五稜郭です。

五稜郭タワーから函館山
五稜郭タワーから函館山

・マウスが重なりボタンが動くときはクリックすることでリンク先にジャンプします。

・下記のように画面の右に矢印が出たら横にスライドします。
  薄い赤色は解答例など重要なポイントを表示します。

  薄い橙色は暗記シートを表示します。

  薄いグレーは設問の例題を表示します。