FP3級 学科問題 のキーワードで選出した78 区分、634 問を出題します。

FPに関する問題

FPの倫理に関する問題 

FP倫理を職種別にまとめ、全て〇✕で答えます。八つの職種別に分類して各5問で合計40問を出題しています。この問題は確実に点を取りましょう。2020年9より個別の問題を表示します。

キャッシュフロー表に関する問題 

キャッシュフロー表に記載する金額
国債・NISAに関する問題

国債に関する問題

日本銀行が国債の買入れ。国債や地方債などの特定公社債の利子の課税。個人向け国債の金利。NISA。

建築に関する問題

建ぺい率に関する問題

建蔽率の限度が80%の近隣商業地域内。都市計画区域内の防火地域内に耐火建築物を建築する場合。積が200㎡である敷地に、建築面積が80㎡、延べ面積 が120㎡の2階建ての住宅。積が300㎡である敷地に、建築面積が120㎡、延べ面 積が180㎡の2階建ての住宅。

開発行為に関する問題

都市計画区域または準都市計画区域内。市街化区域内で行う開発行為。都市計画区域および準都市計画区域内の建築物の敷地。

建築基準法に関する問題

防火地域および準防火地域にわたる場合。建蔽率に関する制限の規定。業地域内および準工業地域内においても建 築。2項道路。第一種低層住居専用地域内の建築物。建築物の敷地が2つの異なる用途地域にわたる場合。建築物の敷地。第二種低層住居専用地域内における建築物の高さ。

不動産に関する問題

農地法に関する問題

宅地に転用する場合。所有権等の移転の適用条件。

不動産登記に関する問題

登記記録の権利部。登記事項証明書の交付請求者。土地の登記記録の表題部。登記事項証明書の交付。登記記録の床面積表示。本登記の順位を保全。抵当権に関する登記事項。借地権の対抗条件。登記記録の権利部。登記記録。

宅地建物取引業に関する問題

重要事項説明。宅地建物取引業の免許条件。不動産の手付金。一般媒介契約。媒介契約条件。

 

区分所有法に関する問題

建物を建築 する旨の決議,区分所有建物の建替え,規約の変更、各区分所有者の 共有持分

 

借地借家法に関する問題

事業用定期借地権等の設定。借地権の存続期間。借地権の対抗条件。事業用定期借地権等の適用要件。貸家建付地の評価額。借地契約を更新する場合。定期借地権等の締結。

 

瑕疵担保に関する問題

瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求。

遺留分に関する問題
相続人が被相続人の配偶者 と子の合計2人,相続人が被相続人の配偶者、 長女および二女の合計3人,相続人が合計4人である場合。

経済に関する問題

預金保険制度に関する問題

ゆうちょ銀行。決済用預金、外貨預金、日本投資者保護基金の補償。

景気動向に関する問題

日本銀行による金融引締め政策。有効求人倍率(除学卒)に分類。景気動向指数のコンポジット・インデックス。

 

市場金利に関する問題

物価が継続的な下落傾向。固定利付債券での市中金利の上昇。日本銀行が有価証券等の買入。市場金利と通貨の関係。日本の金利と他国の金利が低下。市場金利が上昇。買いオペレーションとは。売りオペレーション。

株価指数に関する問題

日経平均株価指数。東証株価指数。東証マザーズ株価指数。

日本銀行に関する問題

日本銀行も役割。金融政策。売りオペレーション。金融引締め政策。公開市場操作。買いオペレーション。

金融市場に関する問題

インターバンク市場。公開市場操作。金融ADR制度。マネーストック統計。

外貨に関する問題

為替手数料、日本投資者保護基金の補償の対象、外貨預金10,000ドルを円貨に交換、為替 レート、預入時に必要な円貨の額。

貸金業法に関する問題

貸金業法の総量規制など。
一般保険に関する問題

払済保険に関する問題

払済終身保険に変更したときの元契約に付加していた入院特約、払済保険とは解約返戻金相当額を基に、保険金額を変えずに、一時払いの定期保険に変更するものである。

保険の仕組みに関する問題

保険募集において。保険会社の健全性。生命保険会社が破綻した場合。付加保険料。保険料内訳。純保険料。補償限度。告知義務違反。銀行において加入した一時払終身保険は生命保険契約者保護機構によ る補償の対象。

死亡保険金に関する問題

収入保障保険。契約者および被保険者が同じ、保険金受取人が異なる保険金の課税。死亡保険金の非課税限度額。被保険者が異なる保険金の課税。死亡保険 金受取人が子である場合、子が受け取る死亡保険金。収入保障保険の保険金受取額。

生命保険契約に関する問題

国内銀行の窓口で加入した生命保険契約の補償対象、生命保険契約の契約転換制度、生命保険契約を申し込んだ者がその撤回方法、生命保険会社が破綻時について、相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関 する権利の価額は、生命保険契約者保護機構による補償の対象。

 

リビング・ニーズ特約に関する問題

リビング・ニーズ特約に関する問題。

傷害・賠償保険等に関する問題

海外旅行傷害保険に関する問題

海外旅行中に発生した事故による傷害は補償の対象になる?。海外旅行中に発生した地震によるケガ。海外旅行傷害保険の範囲。

 

家族傷害保険に関する問題

被保険者本人と生計を共にしている別居の未婚の子。家族傷害保険で異なる職種級別の者がいる。同居している子がケガで 入院した時の保険金の課税。

 

損害賠償責任に関する問題

失火の責任。施設所有(管理)者賠償責任保険。個人賠償責任保険。借りたビデオカメラを誤って破損。施設所有(管理)者賠償責任保険。顧客が食中毒。爆発等によって営業が休止または阻害された。個人賠償責任保険。火災・爆発等の災害によって営業が休止。

労働者災害補償保険に関する問題

労働者災害補償保険の保険料の負担、障害補償給付が支給条件、生命保険の災害割増特約について、利益の減少等に備える保険などが出題される。
各種保険に関する問題

健康保険に関する問題

支給される傷病手当金。後 期高齢者医療制度の被保険者。高額療養費。助産師による分べんの介助。 健康保険の任意継続被保険者。出産育児一時金の額 先進医療。

介護保険に関する問題

居宅介護 住宅改修費。公的介護保険の第2号被保険者。被保険者の自己負担割合。市町村または特別区の認定。

雇用保険に関する問題

雇用保険の基本手当。雇用保険の育児休業給付金。雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金。雇用保険の教育訓練給付金。雇用保険の教育訓練給付金。

養老保険に関する問題

契約者(=保険料負担者)を法人。養老保険の福利厚生プラン。満期保険金 の金額。

ガン保険に関する問題

ガン保険の入院給付金の制限。ガン保険の免責期間。 

自動車保険に関する問題

リスク細分型自動車保険。人身傷害補償保険。保険金の支払限度額。対人賠償保険金。自動車損害賠償責任保険。車両保険金の課税。

学資保険に関する問題

保険者となる 子が出生する前であっても加入。保険期間中に契約者が死亡。

地震保険に関する問題

地震保険の保険料。地震保険料控除の控除額。地震保険の保険料の割引制度。地震保険契約について、損害区分。地震保険の保険金額。地震保険は、単独での加入可能か。

定期保険に関する問題

長期平準定期保険金。定期保険特約付終身保険。逓増(テイゾウ)定期保険。定期保険特約付終身保険。一時払いの定期保険に切り換える。定期保険特約付終身保険。総合福祉団体定期保険。特定(三大)疾病保障定期保険。自動更新後の保険料。

少額短期保険に関する問題

少額短期保険業者など。

年金に関する問題

老齢厚生年金に関する問題

老齢厚生年金に加給年金額。老齢厚生年金の報酬比例部分の割合。在職老齢年金制度の収入制限。加給年金額の加算の条件。配偶者の加給年金が加算。老齢厚生年金の加給年金対象者である妻。老齢基礎年金や老齢厚生年金に係る所得の課税。老齢厚生年金の報酬比例部分の割合。60歳以上65歳未満の厚生年金保険の被保険者。特別支給の老齢厚生年金。老齢厚生年金の加給年金額。

遺族厚生年金に関する問題

遺族厚生年金の額。遺遺族厚生年金の支給対象者。遺族厚生年金の額。中高齢寡婦加算の年齢要件。老齢厚生年金の報酬比例部分の割合。遺族厚生年金の中高齢寡婦加算の年齢要件。

確定拠出年金に関する問題

確定拠出年金制度の給付条件、確定拠出年金の個人型年金の加入者の条件、確定拠出年金の個人型年金の掛金を支払った場合の課税について。

国民年金に関する問題

保険料の納付が猶予された期間、国民年金保 険料の追納できる期限、国民年金の第3号被保険者となる条件、国民年金の任意加入被保険者の条件、国民年金の付加年金の額について、学生納付特例制度の適用を受けた期間、遺族である妻が寡婦年金と死亡一時金の両方の受給要件は、遺族基礎年金を受給することができる遺族の条件。

基礎年金に関する問題

繰り下げて受給する。遺族基礎年金の 受給権。老齢基礎年金の受給資格期間。繰り上げて受給する場合。

ローン及び貸金業法に関する問題

教育ローンに関する問題

教育一般貸付(国の教育ローン)の返済期間、融資限度額、融資金利、使用使途について。

住宅ローンに関する問題

住宅ローンの一部繰上げ返済。住宅ローンの返済方法。受贈者がそのローン残高を引き継ぐ贈与。住宅ローンの返済方法。長期固定金利住宅ローンのフラット35。フラット35の借入金利。年末調整の適用範囲。住宅ローン控除。

住宅ローン控除に関する問題

対象となる新築住宅。年収条件。対象家屋の条件。住宅借入金等特別控除の適用。対象家屋の条件。

株式と投資に関する問題

株式等の運用に関する問題

パッシブ運用。投資信託約款。信託財産留保額。投資信託の運用管理費用。グロース投資。

信託報酬に関する問題

投資信託に係る運用管理費用。投資信託に係る運用管理費負担者。 

オプション取引に関する問題

オプション取引の名称。オプション取引。
利回り・計算に関する問題

表面利率(クーポンレート)に関する問題

単利最終利回り、所有期間利回り (単利)の計算式

収益分配金の計算に関する問題

収益分配金の計算式。

利回りに関する問題

投資総額8000万円、年間収入500万円、年間費用300万円。投資総額5000万円、年間収入600万円、年間費用400万円。2,000万円で購入した賃貸用不動産の年間収入の合計額が120万円、年間費 用の合計額が40万円。投資総額2億円、年間収入2000万円、年間費用400万円。

ポートフォリオに関する問題

2資産で構成される。期待収益率。リスク低減効果。相関係数。分散投資の効果。

六つの係数に関する問題

毎年出題される文言の一覧から。毎年の積立額に乗じる係数。毎年均等に取り崩して受け取る。毎年の積立金額。毎年の取崩し金額。毎年の積立金額。将来いくらになるかを求める。

損益通算の計算に関する問題

損益通算の計算と総所得。

所得と申告に関する問題

一時所得に関する問題

一時所得の計算。総所得に関する計算。

譲渡所得に関する問題

自己の生活の用に供する家具や衣服の譲渡所得の課税。空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例。長期譲渡所得。短期譲渡所得。土地・建物等に係る譲渡所得の所有期間。特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例。居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例。取得費。

青色申告に関する問題

青色申告者の損失の繰り越し。青色申告承認申請。青色事業専従者として給与。青色申告の提出の条件。所得税の青色申告の承認。1月16日以後新たに業務を開始した者の青色申告。青色申告特別控除の適用条件。

確定申告に関する問題

上場株 式等に係る配当。所得税の確定申告をしなければならない者。相続の開始があったことを知った。給与所得者の確定申告。確定申告書を提出日。配当金に係る配当所得。

課税と損益通算に関する問題

所得税の課税に関する問題

国外で生じた所得について所得税の納税義務。所得税の超過累進税率。公的年金等に係る雑所得の金額。復興特別所得税。上場株式の配当金の課税。保険金の課税。保車両保険金の課税。一時所得の課税。死亡保険金の課税。利子所得の課税。

不動産の課税に関する問題

不動産所得の家賃収入。貸付による不動産所得。不動産取得税。不動産取得税 の課税標準の特例。相続で取得、贈与で取得の課税。不動産取得税の課税標準。不動産取得税の標準税率。

相続税に関する問題

父から著しく低い価額の対価で土地の譲渡 。相続開始の年において被相続人から贈与。延納による納付方法。死亡保険金。死因贈与。代襲の相続人。上場株式の相続税評価額。相続税の申告書の提出。相続開始前3年以内の贈与財産。生前に購入した墓碑の購入代金。

損益通算に関する問題

不動産所得の金額の計算上生じた損失。ゴルフ会員権を譲渡。一時所得の金額。青色申告書を提出。他の所得の金額と損益通算。青色申告者の所得税。特定居住用財産の譲渡損失。

給与所得者に関する問題

通勤手当。給与所得控除の最低額。青色事業専従者として給与。給与所得者の確定申告。所得税における退職所得の金額。給与所得者の年末調整の適用対象。年末調整の対象となる給与所得者の適用。

 

基準値と小規模宅地に関する問題

基準値の標準価格に関する問題

公示価格。相続税評価の基礎となる路線価。基準地の標準価格。固定資産税の課税標準となる価格。「新築 された住宅に対する固定資産税の減額」。

小規模宅地に関する問題

固定資産税の課税標準。特定居 住用宅地等。貸付事業用宅地等。特定事業用宅地等。

相続に関する問題

法定相続分に関する問題

被相続人の子と母。嫡出子の法定相続分。離婚の妻、父母、子供がふたり。 妻と兄弟が一人。妻、父死亡、母、兄弟。配偶者、兄弟姉妹の割合。配偶者、直系尊属の割合。妻、子供二人内一人死亡、孫が一人。妻、父母両方とも死亡、妹。

遺言書に関する問題

公正証書遺言。封印のある遺言書。自筆証書遺言。協議分割による遺産の分割。

代襲相続人に関する問題

被相続人の子を代襲して相続人。代襲相続人ではない孫が遺贈により不動産を取得した場合。

養子縁組に関する問題

相続人の順位に違いはない。被相続人に実子がいる場合、2人まで。特別養子縁組。被相続人に1人の実子と3人の養 子。

相続時精算課税制度に関する問題

両親から資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税制度の 適用。

 

控除に関する問題

医療費控除に関する問題

医療費控除。人間ドックの受診費用の医療費控除。控除額。助産師による分べんの介助。

退職所得控除に関する問題

勤続年数が20年を超える者。所得税の退職所得の金額。34 年9カ月間勤務。22年間勤務。勤続年数が20年以下。勤続年数35年。25年間勤務。30年間勤務。

配偶者控除に関する問題

控除対象配偶者。配偶者控除の適用要件。贈与税の配偶者控除。贈与税の配偶者控除の限度額。配偶者控除の適用。配偶者控除の適用を受ける場合。配偶者控除の控除の限度額。贈与税額の計算。

相続の基礎控除に関する問題

法定相続人の数。相続放棄。基礎控除額。

生命保険料控除に関する問題

介護医療保険料控除。年末調整の対象となる給与所得者。年末調整の対象となる給与所得者。

扶養控除に関する問題

特定扶養親族に係る扶 養控除。納 税者またはその配偶者と常に同居している者。長男(21歳)および長女 (14歳)の2人。居住者またはその配偶者の直系尊属。扶養親族が長女(20歳)および二女 (11歳)の2人の時の扶養控除額。

 

贈与に関する問題

贈与税に関する問題

贈与税の延納または物納。贈与税の納付方法。死因贈与によって取得した財産の課税。直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税。直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税の限度額。直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の適用の条件。

 

贈与に関する問題

贈与に関する問題。 個人が贈与により不動産を取得したときの課税。受贈者がそのローン残高を引き継ぐ贈与。個人が法人から贈与を受けた財産。書面によらない贈与。使用貸借。贈与及び死因贈与の効力。贈与税の延納または物納。贈与税の配偶者控除。贈与によって取得した財産の課税。贈与税の配偶者控除の限度額。相続時精算課税制度。

 

山口県長門市 元乃隅稲成(もとのすみのいなり)神社です。
山口県長門市 元乃隅稲成(もとのすみのいなり)神社です。

・マウスが重なりボタンが動くときはクリックすることでリンク先にジャンプします。

・下記のように画面の右に矢印が出たら横にスライドします。
  薄い赤色は解答例など重要なポイントを表示します。

  薄い橙色は暗記シートを表示します。

  薄いグレーは設問の例題を表示します。