· 

FP2級学科問題 2019年1月Vol-2

問題 11
生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。

1.終身保険は、死亡保障が一生涯続き、保険期間の経過とともに解約返戻金が増加する。

2.養老保険は、保険金の支払事由に該当せずに保険期間満了となった場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。

3.外貨建て終身保険は、円換算支払特約を付加することにより、契約時の円建ての死亡保険金額が死亡保険金受取時にも円貨で保証される。

4.収入保障保険の死亡保険金を年金形式で受け取る場合の受取総額は、一時金で受け取る場合の受取額よりも多くなる。

 

問題解説
3.不適切
円換算支払特約を契約しても、為替変動による損失を回避はできない


1.適切

終身保険は、死亡保障が一生涯続き、保険期間の経過とともに解約返戻金が増加する。
2.適切
養老保険は、保険金の支払事由に該当せずに保険期間満了となった場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。
4.適切
収入保障保険の死亡保険金を年金形式で受け取る場合の受取総額は、一時金で受け取る場合の受取額よりも多くなる。


 

 

問題 12

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた死亡給付金を受け取ることができる。

2.終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約内容が同一の場合、保険料は男性の方が女性よりも高くなる。

3.変額個人年金保険では、積立金の特別勘定による運用成果によって、将来の年金額や解約返戻金額が変動する。

4.外貨建て個人年金保険では、年金を円貨で受け取る場合、為替相場の変動によっては、年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることがある。

 

問題解説
2.不適切
終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約適切内容が同一の場合、保険料は女性のほうが高い。


1.適切

確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた死亡給付金を受け取ることができる。

3.適切
変額個人年金保険では、積立金の特別勘定による運用成果によって、将来の年金額や解約返戻金額が変動する。
4.適切
外貨建て個人年金保険では、年金を円貨で受け取る場合、為替相場の変動によっては、年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることがある。


 

 

問題 13

総合福祉団体定期保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.総合福祉団体定期保険は、企業が保険料を負担し、原則として役員・従業員を被保険者とする1年更新の定期保険である。

2.契約の締結に際しては、被保険者になることについての加入予定者の同意および保険約款に基づく告知が必要である。

3.企業が負担した保険料は、その全額を損金の額に算入することができる。

4.災害総合保障特約は、交通事故などの不慮の事故による災害時に障害・入院給付金が支払われる特約であり、給付金の受取人は企業に限定されている。

 

問題解説
4.不適切
災害総合保障特約は、交通事故などの不慮の事故による災害時に障害・入院給付金が支払われる特約であり、給付金の受取人は企業に限定されている。


1.適切

総合福祉団体定期保険は、企業が保険料を負担し、原則として役員・従業員を被保険者とする1年更新の定期保険である。
2.適切
被保険者になることについての加入予定者の同意および保険約款に基づく告知が必要である。
3.適切
企業が負担した保険料は、その全額を損金の額に算入することができる。


 

 

問題 14

生命保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.変額個人年金保険の保険料は、個人年金保険料控除の対象となる。

2.平成24年1月1日以後に締結した生命保険契約に付加された傷害特約の保険料は、一般の生命保険料控除の対象となる。

3.平成23年12月31日以前に締結した定期保険特約付終身保険の定期保険特約部分を平成24年1月1日以後に更新した場合、生命保険料控除においては平成24年1月1日以後に新規に締結した保険契約と同様の取扱いとなる。

4.保険料の未払いにより自動振替貸付となった場合、それによって立て替えられた金額は、貸し付けられた年の生命保険料控除の対象とはならず、返済した年の生命保険料控除の対象となる。

 

問題解説
3.適切
生命保険料控除においては平成24年1月1日以後に新規に締結した保険契約と同様の取扱いとなる。


1.不適切

変額個人年金保険の保険料は、一般の生命保険料控除の対象となる。
2.不適切
平成24年1月1日以後に締結した生命保険契約に付加された傷害特約の保険料は、一般の生命保険料控除の対象外となる。
4.不適切
それによって立て替えられた金額は、貸し付けられた年の生命保険料控除の対象になります。


 

 

問題 15

生命保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも契約者(=保険料負担者)および保険金・給付金等の受取人は個人であるものとする。

1.契約者と被保険者が同一人である医療保険において、被保険者が疾病のため入院治療をしたことにより受け取る入院給付金は、一時所得として課税対象となる。

2.契約者と満期保険金受取人が同一人である保険期間10年の養老保険において、一時金で受け取る満期保険金は、一時所得として課税対象となる。

3.契約者と死亡保険金受取人が同一人であり被保険者が異なる終身保険において、被保険者の死亡により一時金で受け取る死亡保険金は、一時所得として課税対象となる。

4.一時払終身保険を契約から5年以内に解約して契約者が受け取る解約返戻金は、一時所得として課税対象となる。

 

問題解説
1.不適切
被保険者が疾病のため入院治療をしたことにより受け取る入院給付金は、「身体の傷害に基因」して支払われるもので、給付金は非課税になります。

2.適切
養老保険などを契約から5年以内に解約(満期による契約満了含む)した場合、受取差益に20.315%の源泉分離課税がかかります。
3.適切
契約者と死亡保険金受取人が同一人であり被保険者が異なる終身保険において、被保険者の死亡により一時金で受け取る死亡保険金は、一時所得として課税対象となる。
4.適切
一時払終身保険を契約から5年以内に解約して契約者が受け取る解約返戻金は、一時所得として課税対象となる。


 

 

問題 16

契約者(=保険料負担者)を法人、被保険者を役員とする生命保険契約の経理処理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとし、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われているものとする。

1.給付金受取人が法人である医療保険の入院給付金は、全額を雑収入として益金の額に算入する。

2.死亡保険金受取人が法人である終身保険を解約して受け取った解約返戻金は、全額を雑収入として益金の額に算入する。

3.死亡保険金受取人および満期保険金受取人が法人である養老保険の支払保険料は、全額が資産に計上される。

4.死亡保険金受取人が法人である長期平準定期保険においては、保険期間のうち所定の前払期間までは支払保険料の一部を資産に計上し、前払期間経過後は資産に計上された累積額をその期間の経過に応じ取り崩して損金の額に算入することができる。

 

問題解説
2.不適切
資産計上している保険料積立金等との差額を、雑収入(または雑損失)として計上します。


1.適切

全額を雑収入として益金の額に算入する。
3.適切
死亡保険金受取人および満期保険金受取人が法人である養老保険の支払保険料は、全額が資産に計上される。
4.適切
長期平準定期保険では、前半6割期間での保険料支払い時は、保険料の2分の1を前払保険料として資産計上し、2分の1を定期保険料として損金算入します。 


 

問題 17

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

1.海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間に被った損害を補償の対象としており、国内移動中の損害は補償の対象とならない。

2.家族傷害保険(家族型)において、保険期間中に誕生した記名被保険者本人の子は被保険者とはならない。

3.普通傷害保険では、国内における事故等による損害を補償の対象としており、海外旅行中の事故等による損害は補償の対象とならない。

4.国内旅行傷害保険では、細菌性食中毒やウイルス性食中毒による損害は補償の対象となる。

 

問題解説
4.適切
国内旅行傷害保険では、細菌性食中毒やウイルス性食中毒による損害は補償対象です。


1.不適切

海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間に被った損害を補償の対象としており、国内移動中の損害も補償の対象です。
2.不適切
家族傷害保険(家族型)において、保険期間中に誕生した記名被保険者本人の子は同一生計であれば被保険者とになります。
3.不適切
普通傷害保険では、国内における事故等による損害を補償の対象としており、海外旅行中の事故等による損害は補償対象です。


 

問題 18

契約者(=保険料負担者)を個人とする損害保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.配偶者が不慮の事故で死亡したことにより契約者が受け取る家族傷害保険の死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

2.自宅が火災で焼失したことにより契約者が受け取る火災保険の保険金は、非課税となる。

3.契約者が受け取る年金払積立傷害保険の年金は、雑所得として課税対象となる。

4.契約者が一時金で受け取る積立普通傷害保険の満期返戻金は、一時所得として課税対象となる。

 

問題解説
1.不適切
配偶者が不慮の事故で死亡したことにより契約者が受け取る家族傷害保険の死亡保険金は、一時所得として所得税・住民税の課税対象


2.適切
自宅が火災で焼失したことにより契約者が受け取る火災保険の保険金は、非課税となる。
3.適切
契約者が受け取る年金払積立傷害保険の年金は、雑所得として課税対象となる。
4.適切
契約者が一時金で受け取る積立普通傷害保険の満期返戻金は、一時所得として課税対象となる。

 

 

問題 19

第三分野の保険や医療特約の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.先進医療特約の対象となる先進医療は、給付時点ではなく保険契約時点で厚生労働大臣により定められたものとされている。

2.特定疾病保障定期保険は、保険期間中、特定疾病保障保険金の支払事由が発生せずに、被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。

3.ガン保険では、ガンによる入院により被保険者が受け取る入院給付金については、支払日数の上限はない。

4.医療保険では、人間ドックで異常が認められて医師の指示で治療を目的とする精密検査のために入院した場合、入院給付金が支払われる。

 

問題解説
1.不適切
先進医療特約の対象となる先進医療は、加入後に新しく認められた先進医療も支払いの対象です。

2.適切
被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。また死亡・高度障害状態に陥った際は、原因が特定疾病でなくても保険金が支払われる保険です。
3.適切
ガンによる入院により被保険者が受け取る入院給付金については、支払日数の上限はない。
4.適切
医療保険では、人間ドックで異常が認められて医師の指示で治療を目的とする精密検査のために入院した場合、入院給付金が支払われる。


 

 

問題 20

損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

1.製造業を営む事業者が、工場の機械が火災により滅失するリスクに備えて、機械保険を契約した。

2.飲食店を営む事業者が、食中毒による休業により売上が減少するリスクに備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

3.設備工事業を営む事業者が、役員・従業員の業務中のケガによるリスクに備えて、普通傷害保険を契約した。

4.建設業を営む事業者が、注文住宅の新築工事中に誤って隣家の財物を壊してしまうリスクに備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。

 

問題解説
3.適切
設備工事業を営む事業者が、役員・従業員の業務中のケガによるリスクに備えて、普通傷害保険を契約した。


1.不適切

機械保険は作業ミスや設計ミス等の事故で、事業用建物内の各種機械設備に生じる損害を補償です。
2.不適切
飲食店を営む事業者が、食中毒による休業により売上が減少するリスクに備える時は、利益の補償は店舗休業保険になります。
4.不適切
建設業を営む事業者が、注文住宅の新築工事中に誤って隣家の財物を壊してしまうリスクに備えて、請負業者賠償責任保険です。