· 

FP2G 第三分野の保険の問題

第三分野の保険の問題(10問)

ガン保険の入院給付金、所得補償保険、支払日数と合算されない、契約後に定められた先進医療、特定疾病保障保険、人間ドック、特定(三大)疾病保障保険、公的介護保険、リビング・ニーズ特約、更新型の医療保険

問題 1

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2018年1月18問)

1.ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払日数制限や保険期間を通じて累計した支払日数制 限が定められている。

2.特定(三大)疾病保障定期保険では、保険期間中に特定疾病保険金の支払事由に該当せずに被保険 者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。

3.介護保険では、被保険者が公的介護保険の介護サービスを利用した場合の自己負担額を限度に介護 年金が支払われる。

4.医療保険では、退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から90日後に前回と同一の疾 病により再入院した場合、1回の入院での支払日数制限において、入院給付金支払日数は前回の入 院での支払日数と合算されない。

 

問題解説
2.〇
保険期間中に特定疾病保険金の支払事由に該当せずに被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。

1.✖
ガン保険の入院給付金には、1回の入院でも通算での入院でも、支払日数や支払回数に制限がありません。

3.

民間の介護保険では、被保険者が公的介護保険の介護サービスを利用した場合の
自己負担額と連動してはいません

4.
退院日の翌日から180日以内に同じ病気で再入院した場合、1回の入院とみなされるため、入院給付金の支払日数は前回の入院と合算され、1入院当たりの給付日数制限を受けることがあります

 

問題 2

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 (2018年5月18問)

1.医療保険(更新型)は、所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取っていて も、契約を更新できる。

2.ガン保険は、保障開始後は入院給付金の支払日数には限度がないが、手術給付金の支払回数には限 度がある。

3.介護保障保険は、寝たきりや認知症によって所定の要介護状態となりその状態が一定期間継続した 場合のほか、公的介護保険の要介護認定に連動して一時金や年金が支払われるものがある。

4.所得補償保険では、ケガや病気によって就業不能となった場合、入院中だけでなく医師の指示によ る自宅療養中も補償の対象となる。

 

問題解説
2.✕
ガン保険の入院給付金は1回の入院でも通算での入院でも、支払日数・支払回数・手術給付金の支払回数には制限がない。
1.〇
所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取っていても、契約を更新できる。
3.〇
寝たきりや認知症によって所定の要介護状態となりその状態が一定期間継続した場合のほか公的介護保険の要介護認定に連動して一時金や年金が支払われるものがある。
4.〇
ケガや病気によって就業不能となった場合、入院中だけでなく医師の指示による自宅療養中も補償の対象となる。

 

問題 3

医療保険およびガン保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 (2019年5月18問)

1.医療保険では、人間ドック等の治療を目的としない入院をし、異常が発見されなかった場合は、入 院給付金を受け取ることができない。

2.更新型の医療保険では、保険期間中に入院給付金を受け取った場合、保険期間満了時にこの契約を 更新することはできない。

3.ガン保険の入院給付金は、ガンによる入院の1回の支払日数や通算の支払日数に制限はない。

4.ガン保険は、責任開始までに一定の免責期間が設けられており、この期間中に被保険者がガンと診 断確定された場合には、ガン診断給付金を受け取ることができない。

 

問題解説
2.✕
所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取っていても、契約を更新できる。
1.〇
医療保険の入院給付金は、人間ドック検診や美容目的の入院等、又異常が発見されなかった場合の入院は支給対象外です。
3.〇
ガン保険の入院給付金は、ガンによる入院の1回の支払日数や通算の支払日数に制限はない。
4.〇
一定の免責期間が3ヶ月もしくは90日間あります。

 

問題 4

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 (2017年1月18問)

1.所得補償保険は、ケガにより就業不能になった場合に被保険者が喪失する収入を補償する保険であ り、病気により就業不能になった場合には保険金は支払われない。

2.特定(三大)疾病保障保険では、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中により所定の状態となり、特定疾病 保険金を受け取った場合、当該保険契約は消滅する。

3.ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日 数が定められており、支払限度日数を超えた入院に対しては入院給付金は支払われない。

4.医療保険では、退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から180日を超えた後に前回 と同一の疾病により再入院した場合、入院給付金支払日数は前回の入院日数と合算され、1入院当 たりの給付日数制限の適用を受ける。

 

問題解説
2.〇
保険期間中にガン急性心筋梗塞脳卒中により所定の状態と診断され、保険金が支払われた場合、当該保険契約は終了する。
1.✕
病気やケガで就業不能となった場合、保険金として設定した一定金額を月額で受け取れる保険です。
3.✕
ガン保険の入院給付金
は1回の入院でも通算での入院でも、支払日数や支払回数に制限がない。
4.✕
入院給付金の支払日数は前回の入院と合算され、1入院当たりの給付日数制限を受けることがあります。退院日の翌日から180日以内に同じ病気で再入院した場合、1回の入院とみなされるためです。

 

問題 5

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 (2017年5月19問)

1.ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日 数は定められていない。

2.特定(三大)疾病保障定期保険では、保険期間中に特定疾病保険金の支払事由に該当せずに死亡し た場合、死亡保険金が支払われる。

3.介護保険では、被保険者が公的介護保険の介護サービスを利用した場合の自己負担額を限度に介護 年金が支払われる。

4.リビング・ニーズ特約は、被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合に、死亡保険金の一部ま たは全部のうち保険会社が定めた金額の範囲内で生前に請求することができる特約である。

 

問題解説
3.✕
民間の介護保険では、被保険者が公的介護保険の介護サービスを利用した場合の、自己負担額と連動してはいません
1.〇
ガン保険の入院給付金
1回の入院でも通算での入院でも、支払日数や支払回数に制限がない。
2.〇
原因が特定疾病でなくても保険金が支払われます。
4.〇
被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合、所定の範囲内で死亡保険金の一部または全部を請求することができる。

 

問題 6

第三分野の保険や特約の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2018年9月19問)

1.ガン保険では、ガンによる入院により被保険者が受け取る入院給付金については、支払日数の上限 はない。

2.先進医療特約では、契約時点において厚生労働大臣により定められていた先進医療が給付の対象と なり、契約時点より後で厚生労働大臣により定められた先進医療については、給付の対象とならな い。

3.公的介護保険では、介護サービスなどの現物給付が行われ、民間の保険会社の介護保険では、一時 金や年金などの現金給付が行われる。

4.特定(三大)疾病保障保険では、保険期間中に所定の状態と診断され、特定(三大)疾病保障保険 金が支払われた場合、当該保険契約は終了する。

 

問題解説
2.✕
契約時でなく厚生大臣が承認する治療を受けた時に支払われる特約。加入後に新しく認められた先進医療も支払いの対象となります。
1.〇
ガン保険の入院給付金は1回の入院でも通算での入院でも、支払日数や支払回数に制限がない。
3.〇
公的介護保険では介護サービスなどの現物給付が行われ、民間の保険会社の介護保険では一時金や年金などの現金給付が行われる。
4.〇
保険金が支払われた場合、当該保険契約は終了する。

 

問題 7

第三分野の保険や医療特約の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2019年1月19問)

1.先進医療特約の対象となる先進医療は、給付時点ではなく保険契約時点で厚生労働大臣により定め られたものとされている。

2.特定疾病保障定期保険は、保険期間中、特定疾病保障保険金の支払事由が発生せずに、被保険者が 死亡した場合、死亡保険金が支払われる。

3.ガン保険では、ガンによる入院により被保険者が受け取る入院給付金については、支払日数の上限 はない。

4.医療保険では、人間ドックで異常が認められて医師の指示で治療を目的とする精密検査のために入 院した場合、入院給付金が支払われる。

 

問題解説
1.✕
先進医療特約の対象となる先進医療は、加入後に新しく認められた先進医療も支払いの対象です。
2.〇
被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。また死亡・高度障害状態に陥った際は、原因が特定疾病でなくても保険金が支払われる保険です。
3.〇
ガンによる入院により被保険者が受け取る入院給付金については、支払日数の上限はない。
4.〇
医療保険では、人間ドックで異常が認められて医師の指示で治療を目的とする精密検査のために入院した場合、入院給付金が支払われる。

 

問題 8

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 (2019年9月19問)

1.特定疾病保障保険は、ガンに罹患して特定疾病保障保険金が支払われた後も契約が存続し、ガンが 再発した場合には、特定疾病保障保険金が再度支払われる。

2.所得補償保険は、被保険者が保険会社所定の病気により就業不能になった場合には補償の対象とな るが、ケガにより就業不能になった場合には補償の対象とならない。

3.医療保険(更新型)は、所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取ったとし ても、契約を更新することができる。

4.ガン保険は、契約日の翌日に被保険者がガンと診断された場合、診断給付金が支払われる。

 

問題解説
3.〇
所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取っていても、契約を更新できる。
1.✕
保険期間中にガン、急性心筋梗塞、脳卒中により所定の状態と診断され、保険金が支払われた場合、当該保険契約は終了する。
2.✕
病気やケガで就業不能となった場合、保険金として設定した一定金額を月額で受け取れる保険です。
4.✕
一定の免責期間が3ヶ月もしくは90日間あります。

 

問題 9

第三分野の保険や特約の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2020年1月19問)

1.ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日数が定められている。

2.所得補償保険では、ケガや病気によって就業不能となった場合であっても、所定の医療機関に入院 しなければ、補償の対象とならない。

3.医療保険では、退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から180日を超えた後に前回 と同一の疾病により再入院した場合、1回の入院での支払日数は前回の入院での支払日数と合算されない。

4.先進医療特約では、契約時点において厚生労働大臣により定められていた先進医療が給付の対象と なり、契約後に定められた先進医療は、給付の対象とならない。

 

問題解説
3.〇
入院給付金の支払日数は前回の入院と合算され、1入院当たりの給付日数制限を受けることがあります。退院日の翌日から180日以内に同じ病気で再入院した場合、1回の入院とみなされます。
1.✕
ガン保険の入院給付金は、ガンによる入院の1回の支払日数や通算の支払日数に制限はない。
2.✕
ケガや病気によって就業不能となった場合、入院中だけでなく医師の指示による自宅療養中も補償の対象となる。
4.✕
先進医療特約の対象となる先進医療は、加入後に新しく認められた先進医療も支払いの対象です。

 

問題 10

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2020年9月19問)

1.ガン保険では、ガンによる入院により被保険者が受け取る入院給付金については、支払日数の上限がある。

2.特定疾病保障定期保険は、保険期間中、特定疾病保障保険金の支払事由が発生せずに被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。

3.限定告知型の医療保険は、他の契約条件が同一で限定告知型ではない一般の医療保険と比較した場合、保険料は割高となる。

4.更新型の医療保険は、所定の年齢等の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取ったとしても、契約を更新することができる。

 

問題解説
1.✕
ガン保険では、支払日数の制限はありません。
2.〇
特定疾病保障保険金の支払事由が発生せずに被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。
3.〇
限定告知型の医療保険は、保険料は割高となる。
4.〇
保険期間中に入院給付金を受け取ったとしても、契約を更新することができる。

 

類似問題を終了