· 

FP2G 不動産の投資に関する問題

不動産投資判断に関する問題(6問)

NOI利回り、IRR法(内部収益率法)、NPV法(正味現在価値法)、借入金併用型投資、DCF法、収益還元法のうち直接還元法

問題 1

不動産の投資判断の手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2017年1月50問) 

1.DCF法は、連続する複数の期間に発生する純収益および復帰価格を、その発生時期に応じて現在 価値に割り引き、それぞれを合計して対象不動産の収益価格を求める手法である。

2.NPV法(正味現在価値法)による投資判断においては、対象不動産から得られる収益の現在価値 の合計額が投資額の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定する。

3.IRR法(内部収益率法)による投資判断においては、内部収益率が対象不動産に対する投資家の 期待収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定する。

4.借入金併用型の不動産投資において、レバレッジ効果が働いて自己資金に対する収益率の向上が期 待できるのは、総投下資本に対する収益率が借入金の金利を下回っている場合である。

 

問題解説
  • 不動産の投資判断の手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2017年1月50問) 

    4.✕
    総投下資本に対する収益率が借入金の金利を上回っている場合である。(借金が多いほど利益が多い)
    1.〇
    連続する複数の期間に発生する純収益(家賃等)と復帰価格(将来の転売価格)を、現在価値に割り引いて合計する。
    2.〇
    投資不動産から得られる収益の現在価値の合計額が投資額の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。
    3.〇
    内部収益率
    が対象不動産に対する投資家の期待収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。

 

問題 2

不動産の投資判断の手法等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2020年1月50問) 

1.IRR法(内部収益率法)による投資判断においては、内部収益率が対象不動産に対する投資家の 期待収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。

2.収益還元法のうち直接還元法は、連続する複数の期間に発生する純収益および復帰価格を、その発 生時期に応じて現在価値に割り引き、それぞれを合計して対象不動産の収益価格を求める手法であ る。

3.NPV法(正味現在価値法)による投資判断においては、投資額の現在価値の合計額が対象不動産 から得られる収益の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定すること ができる。

4.NOI利回り(純利回り)は、対象不動産から得られる年間の総収入を総投資額で除して算出され る利回りである。

 

問題解説
  • 不動産の投資判断の手法等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 (2020年1月50問) 

    1.〇
    内部収益率が期待収益率を上回っているなら、その投資は有利だと判定します。
    2.✕
    直接還元法は、一期間の純収益を還元利回りによって割り戻すことで不動産の価格求める方法です。割引率や復帰価格は計算に入れない。
    3.✕
    投資不動産から得られる収益の現在価値の合計額が投資額の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。設問は逆になっている
    4.✕
    対象不動産から得られる年間総収入から必要経費を差し引いた金額(正味の儲け)を、総投資額で除して算出される利回りで、不動産の収益性を測る指標です。

 

問題 3

不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 (2019年5月50問) 

1.DCF法は、連続する複数の期間に発生する純収益および復帰価格を、その発生時期に応じて現在 価値に割り引いて、それぞれを合計して対象不動産の収益価格を求める手法である。

2.IRR法(内部収益率法)による投資判断においては、対象不動産に対する投資家の期待収益率が 対象不動産の内部収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。

3.借入金併用型投資では、投資収益率が借入金の金利を上回っている場合には、レバレッジ効果によ り自己資金に対する投資収益率の向上が期待できる。

4.NOI利回りは、対象不動産から得られる年間純収益を総投資額で除して算出される利回りであり、 不動産の収益性を測る指標である。

 

問題解説
  • 不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 (2019年5月50問) 

    2.✕
    内部収益率が期待収益率を上回っているなら、その投資は有利だと判定します。

    1.〇
    連続する複数の期間に発生する純収益(家賃等)と復帰価格(将来の転売価格)を、現在価値に割り引いて合計する。
    3.〇
    レバレッジ効果が働いて自己資金に対する収益率の向上が期待できるのは、総投下資本に対する収益率が借入金の金利を上回っている場合である。(借金が多いほど利益が多い)
    4.〇
    対象不動産から得られる年間総収入から必要経費を差し引いた金額(正味の儲け)を、総投資額で除して算出される利回りで、不動産の収益性を測る指標です。

 

問題 4

不動産の投資判断等の手法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。  (2018年5月50問)

1.NPV法(正味現在価値法)による投資判断においては、投資不動産から得られる収益の現在価値 の合計額が投資額の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定すること ができる。

2.IRR法(内部収益率法)による投資判断においては、内部収益率が対象不動産に対する投資家の 期待収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。

3.NOI利回り(純利回り)は、対象不動産から得られる年間総収入を総投資額で除して算出される 利回りであり、不動産の収益性を測る指標である。

4.借入金併用型投資では、投資の収益率が借入金の金利を上回っている場合には、レバレッジ効果に より自己資金に対する投資の収益率の向上が期待できる。

 

問題解説
  • 不動産の投資判断等の手法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。  (2018年5月50問)

    3.✕
    対象不動産から得られる年間総収入から必要経費を差し引いた金額(正味の儲け)を、総投資額で除して算出される利回りで、不動産の収益性を測る指標です。
    1.〇
    投資不動産から得られる収益の現在価値の合計額が投資額の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。
    2.〇
    内部収益率が対象不動産に対する投資家の期待収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。
    4.〇
    レバレッジ効果が働いて自己資金に対する収益率の向上が期待できるのは、総投下資本に対する収益率が借入金の金利を上回っている場合である。(借金が多いほど利益が多い)

 

問題 5

不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 (2018年1月50問)

1.IRR法(内部収益率法)による投資判断においては、対象不動産に対する投資家の期待収益率が 内部収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。

2.NPV法(正味現在価値法)による投資判断においては、投資額の現在価値の合計額が投資不動産 から得られる収益の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定すること ができる。

3.NOI利回りは、対象不動産から得られる年間の総収入を総投資額で除して算出される利回りであ り、不動産の収益性を測る指標である。

4.借入金併用型投資では、対象不動産の収益率が借入利子率を上回っている場合には、レバレッジ効 果が働き、投下した自己資金に対する収益率の向上が期待できる。

 

問題解説
  • 不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 (2018年1月50問)

    4.〇
    先物取引には、証拠金を預けることによって、それよりも多額の取引ができるという現物取引にはない特徴があり、これをレバレッジ効果という。
    1.✕
    内部収益率が対象不動産に対する投資家の期待収益率を上回っている場合、
    その投資は有利であると判定することができる。
    2.✕
    投資不動産から得られる収益の現在価値の合計額投資額の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。
    3.✕
    対象不動産から得られる年間の総収入(賃貸収入-諸経費)を総投資額で除して算出される利回りであり、不動産の収益性を測る指標である。

 

問題 6

不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。  (2017年9月50問)

1.NOI利回りは、対象不動産から得られる年間の総収入を総投資額で除して算出される利回りであ り、不動産の収益性を測る指標である。

2.借入金併用型投資では、対象不動産の収益率が借入利子率を上回っている場合には、レバレッジ効 果が働き、投下した自己資金に対する収益率の向上が期待できる。

3.IRR法(内部収益率法)による投資判断においては、内部収益率が対象不動産に対する投資家の 期待収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。

4.NPV法(正味現在価値法)による投資判断においては、投資不動産から得られる収益の現在価値 の合計額が投資額の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定すること ができる。

 

問題解説
  • 不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。  (2017年9月50問)

    1.✕

    不動産の収益性を測る指標である。所有地の時価評価を含めた総投資額で割り、100をかけたものが純利回りです。
    2.〇
    レバレッジ効果が働いて自己資金に対する収益率の向上が期待できるのは、
    総投下資本に対する収益率が借入金の金利を上回っている場合である。(借金が多いほど利益が多い)
    3.〇
    内部収益率
    が対象不動産に対する投資家の期待収益率を上回っている場合、

    その投資は有利であると判定することができる。
    4.〇
    投資不動産から得られる収益の現在価値の合計額が投資額の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。

 

類似問題を終了