· 

FP2G 外貨預金に関する問題

外貨預金に関する問題 (5問)

ユーロ建て債券、外貨建て個人年金保険、外貨建て終身保険、預金保険制度による保護、外国証券取 引口座を開設、為替手数料の料率、円換算の投資利回、外国為替証拠金取引、売買した場合の受渡日、源泉分離課税の対象、為替レート、為替先物予約、円換算による利回り。

問題 1

個人(居住者)が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2016年9月26問)

1.ユーロ建て債券を保有している場合、ユーロと円の為替レートが円安に変動することは、当該債券に係る円換算の投資利回りの上昇要因となる。

2.米ドル建て個人年金保険の死亡給付金や年金を円貨で受け取る場合、米ドルと円の為替レートの変動によっては、死亡給付金額や年金総額が当初の払込保険料相当額を下回ることがある。

3.外貨預金の預入時に為替先物予約を締結した場合、満期時に生じた為替差益は、源泉分離課税の対象となる。

4.国内の証券取引所に上場している外国株式を国内委託取引により売買した場合の受渡日は、その売買の約定日から起算して5営業日目となる。

 

問題解説

4.✕

外国株式も国内株式と同様に売買の約定日から起算して4営業日目となる。
1.〇
米ドル又ユーロと円の為替レートが円安に変動したときには、当該債券の円換算の投資利回りの上昇要因となる。
2.〇
外貨建ての金融商品及び保険は、原則として為替リスクがあります(外貨建て個人年金でも同様)。死亡給付金額や年金総額が当初の払込保険料相当額を下回ることがある。
3.〇
外貨預金の預入時に為替先物予約を締結した場合、満期時に生じた為替差益は、20.315%の源泉分離課税です。

 

問題 2

一般的な外貨預金の仕組みと特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2020年1月26問)

1.外貨預金の払戻し時において、預金者が外貨を円貨に換える場合に適用される為替レートは、預入 金融機関が提示するTTBである。

2.為替先物予約を締結していない外貨定期預金の満期時の為替レートが預入時の為替レートに比べて 円高になれば、当該外貨定期預金に係る円換算の投資利回りは向上する。

3.外貨定期預金の預入期間中に為替先物予約を締結し、満期時に為替差益が生じた場合には、当該為 替差益は、雑所得として総合課税の対象となる。

4.為替先物予約を締結していない外貨定期預金を満期時に円貨で払い戻した結果生じた為替差益は、 雑所得として総合課税の対象となる。

 

問題解説
2.✕
外貨定期預金において将来円高になれば利回りは低下、逆に円安になれば利回りは向上します。
1.〇
TTS、円を外貨に換える(Sell)外貨を購入 
TTB、外貨を円貨に換える(Buy)
3.〇
満期時に生じた為替差益は外貨預金の利息とともに源泉分離課税の対象となる。
4.〇
為替先物予約を締結していない外貨定期預金による為替差益は、雑所得となります。
 

 

問題 3

個人(居住者)が国内の金融機関等を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、 最も不適切なものはどれか。 (2019年1月26問)

1.国外の証券取引所に上場している外国株式を国内店頭取引により売買するためには、あらかじめ外 国証券取引口座を開設する必要がある。

2.国内の証券取引所に上場している外国株式を国内委託取引により売買した場合の受渡日は、国内株 式と同様に、売買の約定日から起算して4営業日目となる。

3.外貨定期預金の預入時に満期日の円貨での受取額を確定させるために為替先物予約を締結した場合、 満期時に生じた為替差益は外貨預金の利息とともに源泉分離課税の対象となる。

4.ユーロ建て債券を保有している場合、ユーロに対する円の為替レートが円高に変動することは、当 該債券に係る円換算の投資利回りの上昇要因となる。

 

問題解説
4.✕
ユーロ建て債券を保有している場合、当該債券に係る円換算の投資利回り、為替差損が発生するため、下落要因となる。
1.〇

あらかじめ外国証券取引口座を開設する必要がある。
2.〇
国内株式と同様に、売買の約定日から起算して4営業日目となる。
3.〇
満期時に生じた為替差益は外貨預金の利息とともに源泉分離課税の対象となる。

 

問題 4

個人(居住者)が国内の金融機関等を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、 最も適切なものはどれか。  (2018年5月26問)

1.国外の証券取引所に上場している外国株式を、国内店頭取引により売買する場合には、外国証券取 引口座を開設する必要がない。

2.外貨建て金融商品の取引にかかる為替手数料の料率は、どの取扱金融機関も同じであり、外国通貨 の種類ごとに一律で決められている。

3.米ドル建て債券を保有している場合、為替レートが円高・米ドル安に変動することは、当該債券に 係る円換算の投資利回りの下落要因となる。

4.外国為替証拠金取引では、証拠金にあらかじめ決められた倍率を掛けた金額まで売買できるが、倍 率の上限は各取扱業者が決めており、法令による上限の定めはない。

 

問題解説
3.〇
米ドル又ユーロと円の為替レートが円安に変動したときには、当該債券の円換算の投資利回りの上昇要因となる。
1.✕
国内店頭取引により売買する場合には外国証券取引口座の開設が必要です。
2.✕
外貨建て金融商品の取引にかかる為替手数料は、取扱金融機関によって異なります。
4.✕
証拠金にあらかじめ決められた倍率を掛けた金額まで売買できるが、倍率の上限は法令により定められている。

 

問題 5

個人(居住者)が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、 最も適切なものはどれか。  (2018年1月26問)

1.ユーロ建て債券を保有している場合、ユーロに対する円の為替レートが円安に変動することは、当 該債券に係る円換算の投資利回りの上昇要因となる。

2.外貨建て個人年金保険では、円換算特約を付加することで、為替変動があっても円貨で受け取る場 合の年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることはない。

3.外貨建て終身保険は、円建ての終身保険と異なり、生命保険料控除や死亡保険金の非課税金額の規 定の適用を受けることができない。

4.日本国内に本店のある銀行が取り扱う外貨預金は、元本の円貨換算額1,000万円までとその利 息等の合計額が預金保険制度による保護の対象となる。

 

問題解説
1.〇
米ドル又ユーロと円の為替レートが円安に変動したときには、当該債券の円換算の投資利回りの上昇要因となる。
2.✕
外貨建ての金融商品及び、保険は、原則として為替リスクがあります(外貨建て個人年金でも同様)。
3.✕
生命保険料控除や死亡保険金の非課税金額の規定の適用を受けることができます。
4.✕
日本国内に本店のある銀行が取り扱う外貨預金は、預金保険制度による保護の対象外です。

 

問題 6

下記<資料>に基づき円貨を米ドルに換えて米ドル建て外貨定期預金に預け入れ、満期を迎えて円貨に換金した場合の円換算による利回り(単利による年換算)として、最も適切なものはどれか。なお、結果は、%表示の小数点以下第3位を四捨五入すること。また、税金等は考慮しないものとする。(2019年9月22問)


1. 2.00%

2. 3.85%

3. 5.74%

4. 7.67%

 

問題解説
2. 3.85%
1万ドルの定期預金とは、円を売って外貨を購入するで為替レートはTTSです。
表より預入時のTTSは110.00円なので。
① 投資した円は、1万米ドル×110円=110万円。

利息は年率2.0%で、1年(12ヶ月)満期でなので。

② 1年分の利息=1万米ドル×2.0%×1.0年=200米ドル。

円貨に換算とは、外貨で円を購入することで為替レートはTTBです。
表より満期時のTTBは112.00円なので。
③ 1万200米ドルを円換算すると、112円×1万200米ドル=1,142,400円

満期時から元本を引きます。
④ 1,142,400円-1,100,000円=42,400円が利益になります。

満期を迎えて円貨に換金した場合の円換算による利回り
⑤ 42,400円÷1,100,000円×100≒3.85%。

 

類似問題を終了