· 

FP2G 保険料等の仕組みに関する問題

保険料等の仕組みに関する問題(3問)
有効に継続するための方法,生命保険料の仕組みや算出方法に関する。

 

問題 1


生命保険の保険料の払込みが困難になった場合に、保険契約を有効に継続するための方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2019911問)

1.保険金額を減額することにより、保険料の負担を軽減する方法がある。

2.保険料を払い込まずに保険料払込猶予期間が経過した場合、保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に立て替えて、契約を有効に継続する自動振替貸付制度がある。

3.保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、元の契約の保険金額を変えずに一時払定期保険に変更する延長保険がある。

4.保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、元の契約よりも保険金額が少なくなる保険(元の主契約と同じ保険または養老保険)に変更する払済保険があり、特約はすべて継続される。

 

問題解説
4.不適切
払済保険では特約は消滅します。

1.適切
保険料払込期間の途中から保険金額減額することにより、保険料の負担を軽減することができる。
2.適切
解約返戻金を貸し付けて、契約を有効に継続する自動振替貸付制度がある。
3.適切
延長保険とは
変更する時点での解約返戻金を元に、保険金額を変えないで保険期間を短くする保険の変更。

 

問題 2


生命保険料の仕組みや算出方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2016511問)

1.養老保険の死亡保険金の支払いに充てるために必要な保険料の計算に用いられる予定死亡率が高く設定された場合、一般に保険料は高くなる。

2.個人年金保険の年金支払いに充てるために必要な保険料の計算に用いられる予定死亡率が低く設定された場合、一般に保険料は安くなる。

3.運用収益を予測してあらかじめ一定の利率で保険料を割り引く予定利率を低く設定する場合、一般に保険料は高くなる。

4.生命保険会社が保険事業の運営上必要な経費として組み込む予定事業費率を低く設定する場合、一般に保険料は安くなる。


 

問題解説
2.不適切
予定死亡率が低いと年金支払い期間が長くなり、年金保険料は高くなります。

1.適切
養老保険の予定死亡率が高く設定された場合、一般に保険料は高くなる。
3.適切
運用収益を予測してあらかじめ一定の利率で保険料を割り引く予定利率を低く設定する場合、一般に保険料は高くなる
4.適切
運営上必要な経費の予定事業費率低く設定する場合、一般に保険料は安くなる。

 

問題 3


生命保険の保険料等の仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2019511問)

1.保険料の内訳は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料とに分けられる。

2.生命保険事業における剰余金の3利源は、死差益・利差益・費差益である。

3.契約者配当金とは、決算によって発生した剰余金が契約者に分配されるものであり、株式の配当金と同様に、配当所得として課税対象となる。

4.責任準備金は、将来の保険金・給付金等の支払いの責任に応じるために、保険数理に基づいて算定されて積み立てられる。


 

問題解説
3.不適切
保険の契約期間中に受け取る場合には、支払保険料から控除され非課税です。

1.適切
生命保険の保険料の内訳は、主に将来の保険金を支払う原資である純保険料と、保険会社の必要経費である付加保険料に分けられる。
2.適切
生命保険事業における剰余金の3利源は、死差益・利差益・費差益である。
4.適切
責任準備金とは将来、保険契約者に支払う保険金を確実に支払う為に 保険会社が保険料の中から積み立てるお金のこと。

 

類似問題を終了