· 

FP2G 自動車保険に関する問題

問題 1

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2019年9月15問)

1.対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により他の自動車に損害を与えた場合、損害賠償として支払われる保険金の額は、被害者の過失割合に応じて減額される。

2.人身傷害補償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により死傷した場合、被保険者の過失部分を除いた損害についてのみ、補償の対象となる。

3.対人賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により配偶者にケガをさせた場合、補償の対象とならない。

4.車両保険では、特約を付帯しなければ、地震・噴火およびそれらに起因する津波による被保険自動車の損害は、補償の対象とならない。

 

問題解説
2.✕
自動車事故により被保険者が死傷した場合、被保険者自身の過失部分も含めた額が、保険金支払いの対象となる。

1.〇
損害賠償として支払われる保険金の額は、被害者の過失割合に応じて減額される。

3.〇
運転者自身・父母・配偶者・子は補償の対象とならない。

4.〇
車両保険では、特約を付帯しない場合、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は保険金支払いの対象外です。


 

問題 2

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2019年5月16問)

1.自動車を被保険者の父の家の車庫に入れるとき、誤って門柱を損傷した場合、その損害は対物賠償保険の補償の対象となる。

2.自動車を運転中に交通事故で被保険者が重傷を負った場合、その損害のうち被保険者自身の過失割合に相当する部分を差し引いたものが人身傷害補償保険の補償の対象となる。

3.運転免許失効中の被保険者が自動車を運転中に交通事故で他人を死傷させてしまった場合、その損害は対人賠償保険の補償の対象となる。

4.車両保険を契約した場合、他に特約を付帯していなくても地震・噴火およびそれらに起因する津波による車両の損害は補償の対象となる。

 

問題解説
3.〇
対人・対物賠償保険では、運転免許失効中でも、第三者の財産への損害は補償される。


1.✕
父の家の車庫に入れるとき、誤って門柱を損傷した場合、その損害は対物賠償保険の補償対象外となる。
2.✕
自動車事故により被保険者が死傷した場合、被保険者自身の過失部分も含めた額が、保険金支払いの対象となる。
4.✕
特約を付帯しない場合、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は保険金支払いの対象外です。

 

問題 3

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。(2018年9月16問)

1.対人賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により同居している自分の父にケガをさせた場合、補償の対象とならない。

2.対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車を運転中に他人の自動車に誤って追突し、相手車両の損害に対して法律上の損害賠償責任を負った場合、補償の対象となる。

3.人身傷害補償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により死傷し損害を被った場合、被保険者自身の過失割合に相当する部分を除いた損害についてのみ、補償の対象となる。

4.車両保険では、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は、補償の対象とならない。

 

問題解説
3.✕
自動車事故により被保険者が死傷した場合、被保険者自身の過失部分も含めた額が、保険金支払いの対象となる。

1.〇
対人賠償保険では、運転者自身・父母・配偶者・子は補償の対象とならない。
2.〇
被保険者が自動車を運転中に他の自動車に誤って追突し、相手車両の損害に対して法律上の損害賠償責任を負った場合、保険金支払いの対象となる。
4.〇
車両保険では、特約を付帯しない場合、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は保険金支払いの対象とならない。

 

問題 4

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。(2018年5月16問)


1.対人賠償保険では、被保険自動車を運転中に対人事故を起こした被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合、自動車損害賠償責任保険等の支払われるべき額を除いた額が保険金の支払い対象となる。

2.対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車を運転中に同居の父の所有する自動車に接触した場合、壊れた父の自動車の損害は、保険金の支払い対象とならない。

3.人身傷害補償保険では、被保険者が被保険自動車の事故により死傷し損害を被った場合、過失相殺による減額をせずに、約款の定めに基づいて計算された損害額が保険金の支払い対象となる。

4.車両保険では、特約を付帯しなくても、被保険自動車が地震・噴火またはこれらによる津波により損害を被った場合、保険金の支払い対象となる。

 

問題解説

4.✕
車両保険では、特約を付帯しない場合、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は保険金支払いの対象外です。

1.〇
自動車損害賠償責任保険等の支払われるべき額を除いた額が保険金の支払い対象となる。
2.〇
運転者自身・父母・配偶者・子に対する損害に対しては、補償対象外です。
3.〇
自動車事故により被保険者が死傷した場合、被保険者自身の過失部分も含めた額が、保険金支払いの対象となる。

 

問題 5

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。(2017917問)

1.対人賠償保険では、被保険者が自動車事故により他人を死傷させ法律上の損害賠償責任を負った場合、自動車損害賠償責任保険から支払われるべき部分を除いて保険金支払いの対象となる。

2.対物賠償保険では、被保険者が自動車を運転中に他の自動車に誤って追突し、相手車両の損害に対して法律上の損害賠償責任を負った場合、保険金支払いの対象となる。

3.人身傷害補償保険では、自動車事故により被保険者が死傷した場合、被保険者自身の過失部分を除いた損害についてのみ、保険金支払いの対象となる。

4.車両保険では、特約を付帯しない場合、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は保険金支払いの対象とならない。

 

問題解説
3.✕
人身傷害補償保険では、自動車事故により被保険者が死傷した場合、被保険者自身の過失部分も含めた額が、保険金支払いの対象となる。

1.〇
自動車損害賠償責任保険からの補償額を超えた部分が、対人賠償保険金支払いの対象となる。
2.〇
被保険者が自動車を運転中に他の自動車に誤って追突し、相手車両の損害に対して法律上の損害賠償責任を負った場合、保険金支払いの対象となる。
4.〇
車両保険では、特約を付帯しない場合、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は保険金支払いの対象とならない。

 

問題 6

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。(2017517問)

1.ノンフリート等級別料率制度は、契約者の前契約の有無や事故歴に応じて1等級から20等級に区分し、等級ごとに保険料の割増・割引を行う制度である。

2.対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により他の自動車に損害を与えた場合、損害賠償として支払われる保険金の額は、被害者の過失割合に応じて減額される。

3.人身傷害保険では、被保険者が被保険自動車の運転中に単独事故を起こして後遺障害を負った場合は、補償の対象とならない。

4.対人賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により同居している自分の子にケガをさせた場合は、補償の対象とならない。

 

問題解説
3.✕
被保険者が被保険自動車の運転中に単独事故を起こして後遺障害を負った場合も補償の対象です。

1.〇
契約者の前契約の有無や事故歴に応じて1等級から20等級に区分し、等級ごとに保険料の割増・割引を行う制度である。
2.〇
運転中の事故により他の自動車に損害を与えた場合、損害賠償として支払われる保険金の額は、被害者の過失割合に応じて減額される。
4.〇
運転者自身・父母・配偶者・子は補償の対象とならない。

 

問題 7

相続税の課税財産に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2017156問)

1.被相続人がその相続開始時に有していた事業上の売掛金は、相続税の課税対象となる。

2.被相続人が自動車事故により死亡し、加害者が加入していた自動車保険契約に基づき、被相続人の遺族である相続人が受け取った対人賠償保険金は、相続財産とみなされて相続税の課税対象となる。

3.相続または遺贈により財産を取得しなかった被相続人の母が、その相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税による贈与により取得した財産は、相続税の課税対象とならない。

4.被相続人の死亡によって、被相続人に支給されるべきであった退職手当金で、被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものは、相続財産とみなされて相続税の課税対象となる。

 

問題解説
2.✕
被相続人の遺族である相続人が受け取った対人賠償保険金は遺族の所得になり、相続税の課税対象外です。

1.〇
被相続人がその相続開始時に有していた事業上の売掛金は、相続税の課税対象となる。
3.〇
その相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税による贈与により取得した財産は相続税の課税対象とならない。
4.〇
被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものは、相続税の課税財産となる。

 

問題 8

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。(2020年917問)

1.対人賠償保険では、被保険自動車を運転中に対人事故を起こした被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合、自動車損害賠償責任保険等によって支払われる金額を除いた額が保険金の支払い対象となる。

2.被保険自動車を運転して父の家の車庫に入れるとき、誤って衝突して車庫を壊してしまった場合、その損害は対物賠償保険の補償の対象となる。

3.被保険自動車が洪水で水没してしまった場合、その損害は車両保険の補償の対象となる。

4.被保険自動車を運転中に交通事故で被保険者が死亡した場合、被保険者の過失割合にかかわらず、その死亡による損害の全額が保険金額を限度として人身傷害補償保険の補償の対象となる。

 

問題解説
2.✕
父及び自宅の車庫に入れるときに衝突して車庫の損害は対物賠償保険の補償対象外です。

1.〇
自動車損害賠償責任保険等によって支払われる金額を除いた額が保険金の支払い対象となる。

3.〇
被保険自動車が洪水で水没してしまった場合、その損害は車両保険の補償の対象となる。
4.〇
被保険者の過失割合にかかわらず、その死亡による損害の全額が保険金額を限度として人身傷害補償保険の補償の対象となる。

 

類似問題を終了