· 

FP2G 事業活動のリスク管理の問題 

事業活動のリスク管理の問題 (6問)

役員・従業員の業務中のケガ、作業ミスや設計ミス等の事故、食中毒による休業により売上が減少、隣家の財物を壊してしまう、従業員やパート従業員がケガを負う場合、第三者にケガを負わせて法律 上の損害賠償責任、機械保険、火災保険、生産物賠償責任保険(PL保険)、労働者災害補償保険、施設所有(管理)者賠償責任保険、福利厚生に係るアドバイス

問題 1

損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も適切なものはど れか。 (2016年1月20問)

1.飲食店を営む企業が、食中毒が発生することによる売上げの減少に備えて、生産物賠 償責任保険(PL保 険)を契約した。

2.印刷業を営む企業が、工場内の機械設備・装置が火災により損害を被った場合に備え て、機械保険を契約し た。

3.家具製造業を営む企業が、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的 に、労働災害総合保険 を契約した。

4.遊園地を運営する企業が、遊具の点検・整備中に従業員がケガをした場合に備えて、 施設所有(管理)者賠 償責任保険を契約した。 

 

問題解説
3.〇
従業員が業務中の事故でケガをした場合に備えて労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償ができます。
1.✕
店舗休業保険は、火災や爆発等の災害による営業休止や阻害された場合の利益減少等の休業損失を補償しますが、食中毒やその他感染症による損失も補償対象です。
2.✕
作業ミスや設計ミス等の事故で、事業用建物内の各種機械設備に生じる損害を補償します。火災による損害は対象外です。
4.✕
従業員がケガをした時の補償は労働災害総合保険です。

 

問題 2

損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2017年1月20問)

1.製造業を営む企業が、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的として、労働災害 総合保険を契約した。

2.食品製造販売業を営む企業が、販売した食品に起因して食中毒が発生したことにより損害賠償責任 を負う場合に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

3.飲食店を営む企業が、火災・爆発等の災害による営業の休止または阻害による利益の減少等に備え て、店舗休業保険を契約した。

4.スーパーマーケットを営む企業が、店舗内に収容されている調理用の機械設備の火災事故による損 害に備えて、機械保険を契約した。

 

問題解説
4.✕
機械保険では、火災による損害は対象外です作業ミスや設計ミス等の事故で、事業用建物内の各種機械設備に生じる損害を補償します。
1.〇
従業員が業務中の事故でケガをした場合に備えて、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償ができます。
2.〇
企業が製造した製品の「欠陥」によって第三者の身体・財産に損害が発生した場合
損害に対して賠償責任を負います。
3.〇
飲食店を営む企業が、火災・爆発等の災害による営業の休止または阻害による利益の減少等に備える保険。

 

問題 3

損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2016年9月20問)

1.店舗建物とその中に収容している商品が火災で焼失した場合に備えて、火災保険を契約した。

2.調理販売した弁当が原因で食中毒が発生した場合に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

3.従業員が業務中の事故でケガをした場合に備えて労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的に、労働災害総合保険を契約した。

4.設備工事業を営む企業が、従業員がマンションの外壁の工事中に誤って工具を落として通行中の歩行者にケガを負わせた場合に備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。

 

問題解説
4.✕ 
設備工事業を営む企業が、従業員がマンションの外壁の工事中に誤って工具を落として通行中の歩行者にケガを負わせた場合に備える。施設所有(管理)者賠償責任保険は下記参照
1.〇 
店舗建物とその中に収容している商品が火災で焼失した場合に備える。
2.〇 
企業が製造した製品の「欠陥」によって第三者の身体・財産に損害が発生した場合損害に対して賠償責任を負います。
3.〇 
従業員が業務中の事故でケガをした場合に備えて、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償ができます。

 

問題 4

損害保険を利用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。な お、特約については考慮しないものとする。(2020年1月20問)

1.仕出し弁当を調理して提供する事業者が、食中毒を発生させて法律上の損害賠償責任を負うことに よる損害に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

2.製造業を営む事業者が、業務中の災害により従業員やパート従業員がケガを負う場合に備えて、労 働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的として労働災害総合保険を契約した。

3.建設業を営む事業者が、請け負った建築工事中に誤って器具を落とし第三者にケガを負わせて法律 上の損害賠償責任を負うことによる損害に備えて、請負業者賠償責任保険を契約した。

4.貸しビル業を営む事業者が、火災により所有するビル内に設置した機械が損害を被る場合に備えて、 機械保険を契約した。

 

問題解説
4.✕
機械保険では、火災による損害は対象外です。作業ミスや設計ミス等の事故で、事業用建物内の各種機械設備に生じる損害を補償します。
1.〇
企業が製造した製品の「欠陥」によって第三者の身体・財産に損害が発生した場合
損害に対して賠償責任を負います。
2.〇
従業員が業務中の事故でケガをした場合に備えて、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償ができます。
3.〇
設備工事業を営む企業が、従業員がマンションの外壁の工事中に誤って工具を落として通行中の歩行者にケガを負わせた場合に備える。

 

問題 5

損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、 特約については考慮しないものとする。  (2019年1月20問)

1.製造業を営む事業者が、工場の機械が火災により滅失するリスクに備えて、機械保険を契約した。

2.飲食店を営む事業者が、食中毒による休業により売上が減少するリスクに備えて、生産物賠償責任 保険(PL保険)を契約した。

3.設備工事業を営む事業者が、役員・従業員の業務中のケガによるリスクに備えて、普通傷害保険を 契約した。

4.建設業を営む事業者が、注文住宅の新築工事中に誤って隣家の財物を壊してしまうリスクに備えて、 施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。

 

問題解説
3.〇
設備工事業を営む事業者が、役員・従業員の業務中のケガによるリスクに備えて、普通傷害保険を契約した。
1.✕

機械保険は作業ミスや設計ミス等の事故で、事業用建物内の各種機械設備に生じる損害を補償です。
2.✕
飲食店を営む事業者が、食中毒による休業により売上が減少するリスクに備える時は、利益の補償は店舗休業保険になります。
4.✕
建設業を営む事業者が、注文住宅の新築工事中に誤って隣家の財物を壊してしまうリスクに備えて、請負業者賠償責任保険です。

 

問題 6

生命保険等を活用した法人の福利厚生に係るアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。  (2019年5月20問)

1.「休業補償規程に基づいて従業員に支給する休業補償給付の原資を準備したい」という顧客に対して、団体就業不能保障保険の活用をアドバイスした。

2.「従業員の定年退職時に支給する退職金の原資を準備したい」という顧客に対して、総合福祉団体定期保険の活用をアドバイスした。

3.「従業員の死亡時に支給する死亡退職金の原資を準備したい」という顧客に対して、養老保険の活用をアドバイスした。

4.「従業員の自助努力による財産形成を支援したい」という顧客に対して、財形貯蓄積立保険の活用をアドバイスした。

 

問題解説
2.✕
被保険者を全役員・従業員、死亡保険金受取人を被保険者の遺族とすることで役員・従業員死亡時に遺族の生活保障としての死亡退職金に備える保険です。定年退職した場合には保険金の支払いはありません。


1.〇

企業の役員・従業員が就業不能状態となった場合に、企業の規程等に基づいて支給される手当額を保障する保険で、企業による休業補償の財源となる保険です。
3.〇
養老保険は、保険期間中に死亡した場合は死亡保険金が、満期まで生存した場合は満期保険金が支払われるため、従業員の死亡退職・定年退職時の退職金等の準備としても活用できます。
4.〇
従業員の貯蓄や持家取得といった計画的な財産形成に有効な活用です。

 

類似問題を終了