· 

FP2G 個人年金保険の一般的な商品性

個人年金保険の一般的な商品性(6問)

外貨建て個人年金保険、変額個人年金保険、個人年金保険(有期年金)、個人年金保険(終身年金)、確定年金、保証期間のない有期年金、一時払変額個人年金保険。個人年金保険の税金。

問題 1

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2018年9月11問)

1.一時払変額個人年金保険は、特別勘定の運用実績に基づいて将来受け取る年金額等が変動するが、 死亡給付金については基本保険金額が最低保証されている。

2.保証期間のない有期年金では、年金受取開始後、契約時に定めた年金受取期間中に被保険者(=年 金受取人)が死亡した場合、被保険者の相続人が残りの年金受取期間分の年金現価を一時金で受け 取ることができる。

3.確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人 が契約時に定められた年金受取総額を死亡給付金として受け取ることができる。

4.終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約内 容が同一の場合、保険料は男性の方が女性よりも高くなる。

 

問題解説
1.〇
特別勘定の運用実績に基づいて将来受け取る年金額等が変動するが、死亡給付金については基本保険金額が最低保証されている。
2.✕
被保険者が生きている限り年金を支払うものが終身年金であるが、ある一定の期間に限定して支払うものを有期年金といいます。
受取期間中に死亡したらその後の年金、一時金の支払いはありません。
3.✕
年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた既払込保険料相当額を死亡給付金として受け取ることができる。
4.✕
保証期間中は被保険者の生死に関係なく年金が受け取れ、
保証期間経過後は生存している限り、年金、または一時金を受け取ることができる。
保険料は女性の方が高くなる。

 

問題 2

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2019年1月12問)



1.確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人 が契約時に定められた死亡給付金を受け取ることができる。

2.終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約内 容が同一の場合、保険料は男性の方が女性よりも高くなる。

3.変額個人年金保険では、積立金の特別勘定による運用成果によって、将来の年金額や解約返戻金額 が変動する。

4.外貨建て個人年金保険では、年金を円貨で受け取る場合、為替相場の変動によっては、年金受取総 額が既払込保険料相当額を下回ることがある。

 

問題解説
2.✕
終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約適切内容が同一の場合、保険料は女性のほうが高い。
1.〇

確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた死亡給付金を受け取ることができる。
3.〇
変額個人年金保険では、積立金の特別勘定による運用成果によって、将来の年金額や解約返戻金額が変動する。
4.〇
外貨建て個人年金保険では、年金を円貨で受け取る場合、為替相場の変動によっては、年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることがある。

 

問題 3

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 (2020年1月12問)


1.変額個人年金保険では、保険料の特別勘定による運用成果によって、将来受け取る年金額等が変動 するが、死亡給付金については基本保険金額が最低保証されている。

2.終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約内 容が同一の場合、保険料は被保険者が女性の方が男性よりも高くなる。

3.確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人 が契約時に定められた年金受取総額と同額の死亡給付金を受け取ることができる。

4.保証期間のない有期年金では、年金受取期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、それ 以降の年金は支払われない。

 

問題解説
3.✕
確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた死亡給付金を受け取ることができる。
1.〇
特別勘定の運用実績に基づいて将来受け取る年金額等が変動するが、死亡給付金については基本保険金額が最低保証されている。
2.〇
終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約適切内容が同一の場合、保険料は女性のほうが高い。
4.〇
受取期間中に死亡したらその後の年金、一時金の支払いはありません。
被保険者が生きている限り年金を支払うものが終身年金です。
ある一定の期間に限定して支払うものを有期年金といいます。

 

問題 4

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2019年9月13問)

1.外貨建て個人年金保険は、年金を円貨で受け取る場合、為替相場の変動によっては、年金受取総額 が既払込保険料相当額を下回ることがある。

2.変額個人年金保険は、保険料を特別勘定で運用し、その運用実績によって将来受け取る年金額や解 約返戻金額が変動する。

3.個人年金保険(有期年金)の保険料は、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金 受取開始年齢などの契約内容が同一の場合、個人年金保険(確定年金)よりも高くなる。

4.個人年金保険(終身年金)の保険料は、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金 受取開始年齢などの契約内容が同一の場合、被保険者が女性である方が男性であるよりも高くなる。

 

問題解説
3.✕
年齢・年金額・保険料払込期間等の契約内容が同じ場合、有期年金の保険料は確定年金よりも安くなります
1.〇
外貨建ての金融商品及び、保険は、為替の変動によっては死亡給付金額や年金額等が支払保険料相当額を下回ることがある。
2.〇
特別勘定の運用実績に基づいて将来受け取る年金額等が変動する。
4.〇
年金受取開始年齢など契約適切内容が同一の場合、保険料は女性のほうが高い。

 

問題 5

個人年金保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも契約者(=保険料負担者)は個人であるものとする。(2019年9月14問)

1.契約者と年金受取人が異なる個人年金保険では、年金受取人は年金支払開始時に年金受給権を取得したものとみなされ、年金受給権は贈与税の課税対象となる。

2.契約者と被保険者が異なる個人年金保険では、被保険者が死亡して死亡給付金が法定相続人である契約者に支払われた場合、死亡給付金は一時所得として所得税の課税対象となる。

3.契約者と年金受取人が同一人である個人年金保険の場合、毎年受け取る年金は雑所得として公的年金等控除の対象となる。

4.個人年金保険料控除の対象となる個人年金保険は、保険料払込期間が10年以上あること等の要件をすべて満たし、個人年金保険料税制適格特約が付加された契約である。

 

問題解説
3.✕
契約者と年金受取人が同一人である場合は、毎年受け取る年金は、公的年金等以外の雑所得として所得税・住民税の課税対象です。

1.〇
年金受取人は年金支払開始時に年金受給権を取得したものとみなされ、当該受給権については贈与税の課税対象となる。
2.〇
支払われる給付金・保険金は一時所得として所得税・住民税の課税対象となります。
4.〇
保険料払込期間が10年以上の条件を満たし、「個人年金保険料税制適格特約」を付加した生命保険契約の保険料は、個人年金保険料控除の対象となる。


 

問題 6

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2020年9月12問)

1.確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた年金受取総額と同額の死亡給付金を受け取ることができる。

2.定額個人年金保険では、他の契約条件が同一の場合、保険料の払込満了から年金受取開始までの据置期間が長い方が、受け取る年金額は多くなる。

3.確定年金では、年金受取期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、相続人等が既払込保険料相当額の死亡給付金を受け取ることができる。

4.終身年金では、他の契約条件が同一の場合、保険料は被保険者が男性の方が女性よりも高くなる。


 

問題解説
1.✕
死亡給付金受取人が契約時に定められた払込保険料相当額を受け取ることができる。

2.〇
保険料の払込満了から年金受取開始までの据置期間が長い方が、受け取る年金額は多くなる。
3.✕
相続人等が契約時に定められた死亡給付金を受け取ることができる。
4.✕
終身年金では、他の契約条件が同一の場合、保険料は被保険者が女性の方が高くなる。(長生きします)

 

類似問題を終了