· 

FP2G 生命保険の一般的な商品性の問題

生命保険の一般的な商品性の問題(9問)

こども保険、収入保障保険(定額型)、終身保険の保険料、養老保険の満期保険金、長期平準定期保険、逓減定期保険、定期保険特約付終身保険、、外貨建て終身保険、低解約返戻金型終身保険、収入保障保険、変額保険(終身型)、特定疾病保障定期保険、逓減定期保険、無選択型終身保険、変額保険、保険料の内訳 。

問題 1

生命保険の保険料等の仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 (2019年5月11問)

1.保険料の内訳は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約 を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料とに分けられる。

2.生命保険事業における剰余金の3利源は、死差益・利差益・費差益である。

3.契約者配当金とは、決算によって発生した剰余金が契約者に分配されるものであり、株式の配当金 と同様に、配当所得として課税対象となる。

4.責任準備金は、将来の保険金・給付金等の支払いの責任に応じるために、保険数理に基づいて算定 されて積み立てられる。

 

問題解説
3.✕
保険の契約期間中に受け取る場合には、支払保険料から控除され非課税です。
1.〇
生命保険の保険料の内訳は、主に将来の保険金を支払う原資である純保険料と、保険会社の必要経費である付加保険料に分けられる。
2.〇
生命保険事業における剰余金の3利源は、死差益・利差益・費差益である。
4.〇
責任準備金とは将来、保険契約者に支払う保険金を確実に支払う為に 保険会社が保険料の中から積み立てるお金のこと。

 

問題 2

 生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2020年1月11問)

1.低解約返戻金型終身保険は、他の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険と比較して、 保険料払込期間中の解約返戻金が低く抑えられており、割安な保険料が設定されている。

2.養老保険は、被保険者に高度障害保険金が支払われた場合、保険期間満了時に満期保険金から高度 障害保険金相当額が控除された金額が支払われる。

3.収入保障保険の死亡保険金を年金形式で受け取る場合の受取総額は、一時金で受け取る場合の受取 額よりも多くなる。

4.定期保険特約付終身保険(更新型)では、定期保険特約を同額の保険金額で自動更新すると、更新 後の保険料は、通常、更新前よりも高くなる。

 

問題解説
2.✕ 
死亡・高度障害保険金が支払われると契約は消滅するので、高度障害になった被保険者が契約満了まで生存しても、満期保険金は受け取れません。
1.〇 
他の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険と比較して、保険料払込期間中の解約返戻金は少ない
3.〇 
保険金を一時金で受け取る場合は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。死亡保険金の支払いは年金形式・一時金の選択が可能です。
4.〇 
更新型の保険は、更新する際は健康状態に関わらず契約を継続できますが、保険料は高くなります。

 

問題 3

死亡保障を目的とする生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。(2017年9月12問)

1.養老保険は、保険金の支払事由に該当せずに保険期間満了を迎えた場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。

2.低解約返戻金型終身保険は、他の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険と比較して、保険料払込期間中の解約返戻金は少ない。

3.定期保険は、保険期間中は所定の支払事由に該当すると、死亡保険金・高度障害保険金が支払われるが、保険期間満了時に満期保険金は支払われない。

4.変額保険は、運用実績によっては、死亡保険金の額が基本保険金額を下回ることがある。

 

問題解説
4.✕
変額保険は運用実績にかかわらず、死亡保険金は基本保険金額として最低保証される。
1.〇
養老保険の満期保険金は、死亡保険金、高度障害保険金と同額である。
2.〇
他の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険と比較して、保険料払込期間中の解約返戻金は少ない
3.〇
保険期間中は所定の支払事由に該当すると、死亡保険金・高度障害保険金が支払われるが、
保険期間満了時に満期保険金は支払われない。

 

問題 4

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。 (2018年1月12問)

1.無選択型終身保険は、加入に当たって健康状態について告知や医師の診査を必要としないが、保険料については、支払保険料以外の契約条件が同じで告知や診査を必要とする終身保険と比べて割高となる。

2.低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間満了後に解約をした場合の解約返戻金の額については、支払保険料以外の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険と同程度である

3.定期保険特約付終身保険(更新型)は、定期保険特約部分の更新の際には健康状態についての告知<や医師の診査が必要であり、健康状態によっては更新できない。

4.収入保障保険は、死亡保険金が年金形式で支払われるが、一括支払いの請求をして年金現価を一時金で受け取ることもできる。

 

問題解説
3.✕
更新型の保険は、更新する際は健康状態に関わらず契約を継続できますが、保険料は高くなります。
1.〇
被保険者の健康状態に関係がないので、告知や診査を必要とする終身保険に比べて割高な保険料が設定されている。
2.〇
支払保険料以外の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険と同程度である。
4.〇
死亡保険金の支払いは年金形式・一時金の選択が可能です。保険金を一時金で受け取る場合は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。

 

問題 5

死亡保障を目的とする生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。(2019年5月12問)

1.逓減定期保険は、保険期間の経過に伴い所定の割合で保険料が逓減するが、保険金額は一定である。

2.特定疾病保障定期保険は、被保険者がガン、急性心筋梗塞、脳卒中以外で死亡した場合には、死亡保険金は支払われない。

3.終身保険の保険料は、被保険者の年齢、死亡保険金額、保険料払込期間など契約内容が同一の場合、一般に、被保険者が女性である方が男性であるよりも高くなる。

4.変額保険(終身型)は、一般に、契約時に定めた保険金額(基本保険金額)が保証されている。

 

問題解説
4.〇
変額保険は運用実績にかかわらず、死亡保険金は基本保険金額として最低保証される。
1.✕
保険期間を通じて、期間の経過に伴い所定の割合で保険金額が逓減していくが、保険料は一定である。
2.✕
特定(三大)疾病保障保険は、脳卒中・ガン・急性心筋梗塞になった際に保険金が支払われますが、死亡・高度障害状態に陥った際は、原因が特定疾病でなくても保険金が支払われます。
3.✕
男性より平均余命が長い女性の方が、死亡するまでに払い込まれた保険料でより長期間運用できる可能性が高いため、終身保険の保険料は男性より安くなります。

 

問題 6

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。(2016年5月13問) 

1.養老保険の満期保険金は、死亡保険金、高度障害保険金と同額である。

2.終身保険の保険料の払込方法には、有期払込、終身払込、一時払いがある。

3.収入保障保険(定額型)では、保険金を一時金で受け取る場合の金額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。

4.こども保険は、被保険者である子が死亡した場合だけでなく、契約者が死亡した場合でも死亡給付金を受け取ることができる。

 

問題解説
4.✕
子供が死亡時は、死亡保険金が支払われ保険契約は消滅。
契約者が死亡したらその後の保険料は免除され、学資祝金や満期祝金を受け取ることができます。
1.〇
保険期間中に被保険者が死亡、高度障害状態になると死亡・高度障害保険金 が支払われます。
保険期間満了まで生存すると満期保険金が支払われますが、保険金は同額です。
2.〇
有期払込、終身払込、一時払いがある。
3.〇
死亡保険金の支払いは年金形式・一時金の選択が可能です。
保険金を一時金で受け取る場合は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。

 

問題 7

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2017年5月12問) 

1.定期保険特約付終身保険(更新型)では、定期保険特約を同じ保障内容で自動更新した場合、更新後の保険料は変わらない。

2.逓減定期保険では、保険期間を通じて、期間の経過に伴い所定の割合で保険金額が逓減していくが、保険料は一定である。

3.長期平準定期保険では、保険期間を通じて、保険料および死亡保険金は一定である。

4.養老保険では、被保険者が保険期間満了時まで生存している場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。

 

問題解説
1.✕
更新する際は健康状態に関わらず契約を継続できますが、保険料は高くなります。
2.〇
保険期間を通じて、期間の経過に伴い所定の割合で保険金額が逓減していくが、保険料は一定である。
3.〇
保険期間を通じて保険料および死亡保険金は一定である。
4.〇
死亡保険金、高度障害保険金と同額である。予定死亡率が高く設定された場合、一般に保険料は高くなる。

 

問題 8

わが国の保険制度に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2021年1月11問) 

1.保険業法上、保険期間が1年以内の保険契約の申込みをした者は、契約の申込日から8日以内であ れば、書面により申込みの撤回等をすることができる。

2.保険業法で定められた保険会社の健全性を示すソルベンシー・マージン比率が200%を下回った 場合、監督当局による業務改善命令などの早期是正措置の対象となる。

3.保険法は、生命保険契約、損害保険契約だけでなく、保険契約と同等の内容を有する共済契約も適 用対象となる。

4.日本国内で事業を行う生命保険会社が破綻した場合、生命保険契約者保護機構による補償の対象と なる保険契約については、高予定利率契約を除き、原則として、破綻時点の責任準備金等の90% まで補償される。


 

問題解説
1.✖
保険業法上、保険期間が1年以内の保険契約の申込みをした者は、契約の申込日から8日以内であ れば、書面により申込みの撤回等をすることができる。

2.〇
保険業法で定められた保険会社の健全性を示すソルベンシー・マージン比率が200%を下回った 場合、監督当局による業務改善命令などの早期是正措置の対象となる。

3.〇
保険法は、生命保険契約、損害保険契約だけでなく、保険契約と同等の内容を有する共済契約も適 用対象となる。

4.〇
破綻時点の責任準備金等の90% まで補償される。

 

問題 9

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約について は考慮しないものとする。(2021年1月12問) 

1.養老保険では、被保険者に高度障害保険金が支払われた場合であっても、その被保険者が保険期間 満了まで生存したときには満期保険金が支払われる。

2.こども保険(学資保険)では、契約者が死亡した場合、あらかじめ指定された受取人に死亡給付金 が支払われる。

3.収入保障保険の死亡保険金を年金形式で受け取る場合の受取総額は、一時金で受け取る場合の受取 額と同額である。

4.変額保険(終身型)の死亡保険金については、運用実績に応じて保険金額が変動するが、契約時に 定めた保険金額(基本保険金額)は保証される。 

 

 

問題解説
4.〇
契約時に 定めた基本保険金額として最低保証されます。
 
1.✖
死亡保険金や高度障害保険金が支払われた場合には、その時点で契約は終了するため、満期保険金は支払われません。

2.✖
こども保険(学資保険)では、契約者が死亡した場合、あらかじめ指定された受取人に死亡給付金 が支払われる。

3.✖
一時金で受け取る場合は年金形式より受取額が少なくなります。

 

類似問題を終了