· 

FP2G 傷害保険の商品性に関する問題

傷害保険の商品性に関する問題(7問)

普通傷害保険、家族傷害保険、海外旅行(傷害)保険、国内旅行傷害保険、交通事故傷害保険

問題 1

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 (2019年9月16問)

1.家族傷害保険の被保険者は、被保険者本人、配偶者、被保険者本人または配偶者と生計を共にする 同居の親族および別居の未婚の子であり、その続柄は保険契約時におけるものによる。

2.国内旅行傷害保険では、国内旅行中にかかった細菌性食中毒は補償の対象とならない。

3.普通傷害保険では、日本国外における業務中の事故によるケガも補償の対象となる。

4.海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間の事故によって被った損害を補償の 対象としており、国内移動中の事故によって被った損害は補償の対象とならない。

 

問題解説
3.〇
就業中に発生した事故によるケガ。国内外を問わず、旅行中を含めた日常生活での怪我などを補償する。スポーツ中の怪我。熱中症により治療を受けた場合も補償対象です。
1.✕
家族傷害保険は、本人配偶者その他の親族同居親族別居の未婚の子(いずれも本人または配偶者と同一生計)保険期間中に出生した記名被保険者本人の子も含まれます。
2.✕
国内旅行傷害保険では、細菌性食中毒やウイルス性食中毒による損害は補償対象です。
4.✕
海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間に被った損害を補償の対象としており、国内移動中の損害も補償の対象です。

 

問題 2

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。(2020年1月16問)

1.普通傷害保険の保険料は、被保険者の契約時の年齢によって異なる。

2.家族傷害保険では、保険期間中に被保険者に子が生まれた場合、その子を被保険者に加えるためには、追加保険料を支払う必要がある。

3.交通事故傷害保険では、海外旅行中の交通事故によるケガは補償の対象となる。

4.国内旅行傷害保険では、旅行中に発生した地震および地震を原因とする津波によるケガは補償の対 象となる。

 

問題解説
3.〇
エレベーターやエスカレーターの搭乗中や、建物または交通乗用車の火災によって被った傷害を補償対象とします。海外旅行中の交通事故によるケガも補償の対象です。
1.✕
普通傷害保険の保険料は、被保険者の職業により異なる。
2.✕
記名被保険者の職業・職種によって保険料が異なる。親族分は人数に関わらず同一です。
4.✕
旅行中に発生した地震、噴火またはこれらによる津波によるケガは補償の対象ではない。

 

問題 3

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約につい ては考慮しないものとする。 (2018年9月17問)

1.普通傷害保険では、細菌性食中毒は補償の対象となる。

2.家族傷害保険では、被保険者本人または配偶者と生計を共にする別居の未婚の子は補償の対象とな る。

3.交通事故傷害保険では、道路通行中または交通乗用具に搭乗中の交通事故および交通乗用具の火災 によるケガを補償の対象としており、エレベーターも交通乗用具に含まれる。

4.海外旅行傷害保険では、海外旅行中の地震によるケガは補償の対象となる。

 

問題解説
1.✕
細菌性、ウィルス性の食中毒は補償の対象外です。
2.〇
家族傷害保険は、本人・配偶者・その他の親族、同居親族、別居の未婚の子(いずれも本人または配偶者と同一生計)保険期間中に出生した記名被保険者本人の子が含まれます。
3.〇
電車・飛行機・自動車などさまざまな乗り物に搭乗中の事故による傷害を補償する保険で、エレベーターやエスカレーター等も含みます。
4.〇
国外での地震・噴火・津波の傷害も補償されます。

 

問題 4

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約について は考慮しないものとする。 (2019年1月17問)

1.海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間に被った損害を補償の対象としてお り、国内移動中の損害は補償の対象とならない。

2.家族傷害保険(家族型)において、保険期間中に誕生した記名被保険者本人の子は被保険者とはな らない。

3.普通傷害保険では、国内における事故等による損害を補償の対象としており、海外旅行中の事故等 による損害は補償の対象とならない。

4.国内旅行傷害保険では、細菌性食中毒やウイルス性食中毒による損害は補償の対象となる。

 

問題解説
4.〇
国内旅行傷害保険では、細菌性食中毒やウイルス性食中毒による損害は補償対象です。
1.✕

海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間に被った損害を補償の対象としており、国内移動中の損害も補償の対象です。
2.✕
家族傷害保険(家族型)において、保険期間中に誕生した記名被保険者本人の子は同一生計であれば被保険者とになります。
3.✕
普通傷害保険では、国内における事故等による損害を補償の対象としており、海外旅行中の事故等による損害は補償対象です。

 

問題 5

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約は考慮し ないものとする。(2017年5月18問)

1.普通傷害保険では、就業中に発生した事故によるケガは補償の対象とならない。

2.普通傷害保険では、海外旅行中の事故によるケガは補償の対象とならない。

3.国内旅行傷害保険では、旅行中に発生した地震、噴火またはこれらによる津波によるケガは補償の 対象とならない。

4.海外旅行(傷害)保険では、旅行の行程にある日本国内の移動中の事故によるケガについては補償 の対象とならない。

 

問題解説
3.〇
旅行中に発生した地震、噴火またはこれらによる津波によるケガは補償の対象とならない。
1.2.✕
就業中に発生した事故によるケガ。国内外を問わず、旅行中を含めた日常生活での怪我などを補償する。
スポーツ中の怪我。熱中症により治療を受けた場合も補償対象です。
4.✕
海外旅行の目的で自宅を出発した時から、帰宅するまでが補償の対象期間です。

 

問題 6

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約について は考慮しないものとする。 (2017年9月18問)

1.普通傷害保険では、熱中症により治療を受けた場合は保険金支払いの対象となる。

2.普通傷害保険では、被保険者の年齢によって保険料が異なる。

3.家族傷害保険では、保険契約締結後に誕生した記名被保険者本人の子も、被保険者となる。

4.家族傷害保険では、記名被保険者の家族の人数によって保険料が異なる。

 

問題解説
3.〇
保険期間中に出生した記名被保険者本人の子が含まれます。
本人・配偶者・その他の親族、同居親族、別居の未婚の子(いずれも本人または配偶者と同一生計)が対象です。
1.✕
スポーツ中の怪我。熱中症により治療を受けた場合も補償対象です。
2.✕
普通傷害保険の保険料は、被保険者の職業により異なる。
4.✕
記名被保険者の職業・職種によって保険料が異なる。親族分は人数に関わらず同一です。

 

問題 7

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。(2020年9月16問)

1.傷害保険では、他の契約条件が同一の場合、保険料は被保険者が男性の方が女性よりも高くなる。

2.普通傷害保険では、細菌性食中毒は補償の対象とならない。

3.家族傷害保険では、記名被保険者またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子は被保険者となる。

4.海外旅行傷害保険では、海外旅行中に発生した地震によるケガは補償の対象となる。

 

問題解説
1.✕
保険料は被保険者が男女の区別はありません。
2.〇
普通傷害保険では、細菌性食中毒は補償の対象とならない。
3.〇
記名被保険者またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子は被保険者となる。
4.〇
海外旅行中に発生した地震によるケガは補償の対象となる。

 

類似問題を終了