· 

FP2J 少額短期保険に関する問題

少額短期保険に関する問題(2問)

少額短期保険、生命保険料控除。

問題 1

生命保険料控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2016年9月14問)

1.死亡保険金受取人が契約者(=保険料負担者)の配偶者または所定のその他の親族である終身保険契約は、一般の生命保険料控除の対象となる。

2.少額短期保険業者と締結した保険契約は、生命保険料控除の対象とならない。

3.個人年金保険料控除の対象となる個人年金保険契約は、保険料払込期間が10年以上であること等の条件をすべて満たし、個人年金保険料税制適格特約が付加された契約である。

4.所得税における介護医療保険料控除の控除限度額は、5万円となる。
   

 

問題解説
4.✕
控除額は所得税で40,000円、住民税で28,000円です。

1.〇
死亡保険金受取人が契約者(=保険料負担者)の配偶者または所定のその他の親族である終身保険契約は一般の生命保険料控除の対象となる。
2.〇
少額短期保険の保険期間は、生命保険・医療保険は1年、損害保険は2年。生命保険料控除の対象外になります。
3.〇
保険料払込期間が10年以上
であること等の条件をすべて満たし、個人年金保険料税制適格特約



 

問題 2

少額短期保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2020年9月11問)

1.少額短期保険業者と締結した保険契約は、保険法の適用対象となる。

2.少額短期保険業者が1人の被保険者から引き受けることができる保険金額の総額は、原則として、1,500万円が上限である。

3.破綻した少額短期保険業者と締結していた保険契約は、生命保険契約者保護機構または損害保険契約者保護機構による保護の対象となる。

4.少額短期保険業者と締結した保険契約に係る保険料は、税法上、所定の要件を満たせば、生命保険料控除または地震保険料控除の対象となる。

 

問題解説
1.〇
少額短期保険業者と締結した保険契約は、保険法の適用対象となる。


2.✕
原則として、1000万円が上限である。


3.✕
破綻した少額短期保険業者と締結していた保険契約は、生命保険契約者保護機の対象外です。


4.✕
額短期保険業者と締結した保険契約に係る保険料は、生命保険料控除または地震保険料控除の対象外となる。

 

類似問題を終了