· 

FP2級資産設計提案業務 2019年5月Vol-2

問題 11
  • 千田次郎さん(47歳)が保険契約者(保険料負担者)および被保険者として加入している生命保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値を解答欄に記入しなさい。なお、保険契約は有効に継続し、かつ特約は自動更新しているものとし、次郎さんはこれまでに<資料>の保険から、保険金・給付金を一度も受け取っていないものとする。また、各々の記述はそれぞれ独立した問題であり、相互に影響を与えないものとする。

     
    ・ 次郎さんが現時点で、肺炎で30日間入院した場合(手術は受けていない)、保険会社から支払 われる保険金・給付金の合計は( ア )万円である。
    ・ 次郎さんが現時点で、初めてガン(悪性新生物)と診断され、治療のため42日間入院し、そ の間に約款所定の手術(給付倍率40倍)を1回受けた場合、保険会社から支払われる保険 金・給付金の合計は( イ )万円である。
    ・ 次郎さんが現時点で、交通事故で死亡(入院・手術なし)した場合、保険会社から支払われる 保険金・給付金の合計は( ウ )万円である。
    ※約款所定の手術は無配当定期保険特約付終身保険および終身医療保険ともに該当するものである。

 

問題解説
・ 次郎さんが現時点で、肺炎で30日間入院した場合(手術は受けていない)、保険会社から支払 われる保険金・給付金の合計は28万円である。
・ 次郎さんが現時点で、初めてガン(悪性新生物)と診断され、治療のため42日間入院し、そ の間に約款所定の手術(給付倍率40倍)を1回受けた場合、保険会社から支払われる保険 金・給付金の合計は1089万円である。
・ 次郎さんが現時点で、交通事故で死亡(入院・手術なし)した場合、保険会社から支払われる 保険金・給付金の合計は3820万円である。 

 

問題 12

布施陽介さんが契約している終身保険(下記<資料>参照)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには〇、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。


(ア)弘子さんが死亡して貴裕さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

(イ)保険契約を解約して解約返戻金を陽介さんが一時金で受け取った場合、払込保険料との差益が一時所得として所得税の課税対象となる。
(ウ)陽介さんが死亡して弘子さんに契約者変更をした場合、陽介さん死亡時の解約返戻金相当額が相続税の課税対象となる。

(エ)毎年支払う保険料について、陽介さんは所得税の生命保険料控除を受けることができない。

 

問題解説
(ア)✖
弘子さんが死亡して貴裕さんが受け取る死亡保険金は、贈与税の課税対象
(イ)〇
払込保険料との差益が一時所得として所得税の課税対象です。
(ウ)〇
死亡時の解約返戻金相当額が相続税の課税対象となる。
(エ)✖
生命保険料控除の対象は、保険料負担者です。


 

問題 13

少額短期保険に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)に入る語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

・ 少額短期保険業者が1人の被保険者から引き受ける保険金額の合計額は、低発生率保険を除き、原則として( ア )を超えてはならない。
・ 保険期間の上限は、生命保険・医療保険が1年、損害保険は( イ )である。
・ 保険料は、生命保険料控除・地震保険料控除の対象と( ウ )。
・ 少額短期保険業者が破綻した場合、契約者は保険契約者保護機構による保護の対象と( エ )。
1.(ア)1,000万円 (イ)3年 (ウ)ならない (エ)なる

2.(ア)2,000万円 (イ)3年 (ウ)なる (エ)なる

3.(ア)1,000万円 (イ)2年 (ウ)ならない (エ)ならない

4.(ア)2,000万円 (イ)2年 (ウ)なる (エ)ならない

 

問題解説
3.(ア)1,000万円 (イ)2年 (ウ)ならない (エ)ならない

 

問題 14

海外旅行傷害保険に関する次の(ア)~(エ)の記述について、保険金の支払い対象となるものには○、保険金の支払い対象とならないものには×を解答欄に記入しなさい。なお、携行品損害担保特約および賠償責任特約を付帯しているものとする。

(ア)海外旅行中に食べた料理が原因で細菌性食中毒を発症し、旅行中に入院をした。

(イ)海外旅行中に、観光地ですりに遭い、クレジットカードを盗まれた。

(ウ)海外旅行先のホテルに滞在中、不注意により客室の調度品を壊してしまい、ホテルから損害賠償を求められた。

(エ)海外旅行先から帰国し、空港から自宅へ帰る途中に駅の階段で転倒し、ケガを負った。

 

問題解説
(ア)適切
海外旅行中に食べた料理が原因で細菌性食中毒を発症し、補償される。
(イ)不適切

クレジットカードは紛失保険や盗難保険が自動付帯されていますので、海外旅行傷害保険からの補償はありません。
(ウ)適切

ホテル滞在中の調度品損壊による損害賠償責任も補償対象です。
(エ)適切

海外旅行傷害保険は、海外旅行の目的で自宅を出発した時から、帰宅するまでが補償の対象期間です。

 

問題 15

沼田慎吾さん(66歳)の2018年分の収入等が以下のとおりである場合、慎吾さんの2018年分の所得税における総所得金額として、正しいものはどれか。

 

問題解説
1.(320万円-120万円)+(200万円-140万円-50万円)×1/2=205万円

 

問題 16

定年退職後にアルバイトを始めた米田さんの2018年分の収入は下記<資料>のとおりである。<資料>の空欄(ア)~(エ)にあてはまる所得の種類を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

 

問題解説
(ア) 5 給与所得
給与収入は給与所得
(イ) 2 配当所得

株式投資信託の収益分配金は配当所得
(ウ) 10 雑所得

老齢基礎年金や老齢厚生年金は公的年金等は雑所得。
(エ) 9 一時所得
生命保険の契約者(=保険料負担者)と保険金受取人が同じである場合、支払われる給付金・保険金は一時所得


 

問題 17

退職所得に関する次の(ア)~(エ)の記述のうち、正しいものには〇、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。なお、復興特別所得税については考慮しないものとする。

(ア)勤続年数20年超で退職した場合の退職所得控除額は、「40万円×勤続年数」により計算する。

(イ)退職所得控除額を計算する際の勤続年数に1年未満の端数があるときには、その端数は切り捨てて勤続年数には含めない。

(ウ)退職所得の金額は、原則として、退職一時金の額から退職所得控除額を控除した残額の2分の1に相当する額となる。

(エ)退職金の支給を受ける場合に「退職所得の受給に関する申告書」を退職金の支払者に適正に提出していれば、その退職金の支払いの際、退職所得の金額に応じた所得税額が源泉徴収される。

 

問題解説
(ア)不適切
「70万円×勤続年数」により計算する。
(イ)不適切
勤続年数が1年に満たない場合は切り上げ。
(ウ)適切
退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2 
(エ)適切
「退職所得の受給に関する申告書」を提出した場合、退職金から納付すべき所得税額が源泉徴収されます。

 

 

問題 18

下記<相続関係図>において、民法の規定に基づく法定相続分および遺留分に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句または数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句または数値を何度選んでもよいこととする。

 

問題解説
(ア)2/3 (イ)なし (ウ)1/6
・ 被相続人の配偶者の法定相続分は 2/3。
・ 被相続人の兄の法定相続分はなし。
・ 被相続人の母の遺留分は 1/6。

 

 

問題 19

香川寛さん(45歳)は、父(73歳)と叔父(70歳)から下記<資料>の贈与を受けた。寛さんの2018年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、父からの贈与については、2017年から相続時精算課税制度の適用を受けている(適用要件は満たしている)。

1. 1,310,000円

2. 1,485,000円

3. 1,530,000円

4. 1,850,000円

 

問題解説
3. 1,530,000円

 

問題 20

相続税における「小規模宅地等の評価減の特例」に関する下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。


1.(ア)330 (イ)240 (ウ)60

2.(ア)400 (イ)330 (ウ)50

3.(ア)400 (イ)330 (ウ)60

4.(ア)330 (イ)240 (ウ)50

 

問題解説
2.(ア)400 (イ)330 (ウ)50