· 

FP2級資産設計提案業務 2019年9月Vol-3

問題 21

米田さんは、各相続人の納付税額を計算する際の「配偶者に対する相続税額の軽減」について、FPで税理士でもある目黒さんに質問をした。下記の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

米田さん:「配偶者の相続税を軽減する制度があると聞きました。」

目黒さん:「配偶者に対する相続税額の軽減があります。」
米田さん:「対象となる配偶者と被相続人との婚姻期間について、要件はありますか。」
目黒さん:「婚姻期間について、( ア )。」
米田さん:「この制度の適用を受けた場合、相続税はどの程度軽減されますか。」
目黒さん:「被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した正味の遺産額が、1億6,000万円または配偶者の法定相続分相当額のどちらか( イ )の金額までであれば、配偶者には相続税がかかりません。」
米田さん:「相続税の申告期限までに、配偶者に分割されなかった財産も税額軽減の対象になりますか。」
目黒さん:「申告期限までに分割されなかった財産は、軽減の対象になりません。ただし、所定の手続きを行ったうえで、申告期限から( ウ )以内に分割された場合は、税額軽減の対象になります。」

1.(ア)20年以上あることが必要となります (イ)多い方 (ウ)10ヵ月

2.(ア)20年以上あることが必要となります (イ)少ない方 (ウ)3年

3.(ア)要件は定められていません (イ)少ない方 (ウ)10ヵ月

4.(ア)要件は定められていません (イ)多い方 (ウ)3年

 

問題解説
4.(ア)要件は定められていません (イ)多い方 (ウ)3年
定相続分相当額、または1億6,000万円のいずれか高い方です、相続税がゼロになります。
婚姻期間の制限はない。
申告期限から3年以内に分割された場合は、税額軽減の対象になります。


 

問題 22

成田さん(40歳)は、父(66歳)と祖父(90歳)から下記<資料>の贈与を受けた。成田さんの2019年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、父からの贈与については、2018年から相続時精算課税制度の適用を受けている。(2018年1月19問)1. 47万円

2. 51万円

3. 107万円

4. 111万円

 

問題解説
3. 107万円

 

問題 23

湯本家のキャッシュフロー表の空欄(ア)に入る数値を計算しなさい。なお、計算過程においては端数処理をせず計算し、計算結果については万円未満を四捨五入すること。

 

問題解説
408万円
ア)給与収入 396x1.01x1.01x1.01=407.999≒408


 

問題 24

湯本家のキャッシュフロー表の空欄(イ)に入る数値を計算しなさい。なお、計算過程においては端数処理をせず計算し、計算結果については万円未満を四捨五入すること。

 

問題解説
1.294万円
イ)金融資産残高(1225x1.01)+57=1294.25≒1294


 

問題 25

パーソナルファイナンスにおいては、各種ローンに関する知識が必要である。消費者金融に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには〇、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

(ア)アドオン方式による金利と実質金利を比較すると、アドオン方式による金利の方が低くなる。

(イ)個人の借り過ぎを防ぐため、原則として、貸金業者からの借入れは合計で年収の3分の1以内と定められている。

(ウ)自動車ローン(ディーラーローン)は、貸金業法における総量規制の対象とならない。

(エ)利息制限法における貸付金の上限金利は、借入額に応じて15~20%と定められている。


 

問題解説
(ア)✕
アドオン方式による金利と実質金利を比較では、アドオン方式による金利の方が高い、
(イ)〇
貸金業者からの借入れは合計で年収の3分の1以内と定められている。
(ウ)〇
自動車ローン(ディーラーローン)は、貸金業法における総量規制の対象でない。
(エ)〇
貸付金の上限金利は、借入額に応じて15~20%と定められている。


 

 

金融商品に関する問題
NISA(少額投資非課税制度),各種ローンに関する,金融資産の金額,金融商品の販売等に関する法律。


問題 26
  • 山岸さんは、有料老人ホームへの入居を検討しており、そのための資金として、5年後に1,500万円を準備したいと考えている。5年間、年利1.0%で複利運用する場合、現在いくらの資金があればよいか。











 

問題解説
複利運用する場合、現在いくらの資金があればよいか。

現在必要な金額=現価係数
1,500万円×0.951=1,426.5万円 


 

問題 27
  • 小田さんは、住宅の購入準備として新たに積立てを開始する予定である。毎年年末に60万円を積み立てるものとし、15年間、年利1.0%で複利運用しながら積み立てた場合、15年後の合計額はいくらになるか。











 

問題解説
15年後の合計額はい くらになるか。 

将来の積立額合計=年金終価係数
60万円×16.097=965.82万円 


 

問題 28
  • 中井さんは、独立開業の準備資金として、10年後に800万円を用意しようと考えている。年利1.0%で複利運用しながら毎年年末に一定額を積み立てる場合、毎年いくらずつ積み立てればよいか。











 

問題解説
毎年いくら積み立てる=減債基金係数

800万円×0.096=76.8万円 


 

問題 29

恵美さんは外貨定期預金に関心をもっている。下記<資料>の外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額として、正しいものはどれか。

1. 1,144,000円

2. 1,131,200円

3. 1,113,750円

4. 1,111,000円

 

問題解説

4. 1,111,000円

利息は年率9.0%で預入期間 3ヵ月、年利の12分の3です

利息計算→利息の税抜き額→元利合計→円転換の金額
1ヶ月分の利息=10,000米ドル×5.0%×3/12=125米ドル
利息に20%が源泉徴収されるので、125米ドル x(1-20%)=100米ドル
元利合計は、10,000米ドル+100米ドル =10.100米ドル

円転した金額はTTB(円を売るBuy)の元利合計額=10.100米ドル×110.00円=1.111.000円

 

 

問題 30

幸一郎さんと恵美さんはマンション購入に当たり、夫婦での借入れを検討している。夫婦で住宅ローンを借りる場合の主な組み方について、FPの阿久津さんがまとめた下表における恵美さんの住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)の適用についての空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、借入方法以外の住宅ローン控除の適用要件はすべて満たしているものとする。(2018年5月31問)1.(ア)受けられない (イ)受けられない (ウ)受けられない

2.(ア)受けられる (イ)受けられない (ウ)受けられる

3.(ア)受けられない (イ)受けられる (ウ)受けられない

4.(ア)受けられる (イ)受けられる (ウ)受けられる

 

問題解説
(ア)受けられる
「ペアローン」は夫婦それぞれが住宅ローンを契約するため、一定の要件を満たせば、夫婦それぞれが住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の適用を受けることができる。
(イ)受けられない
住宅ローン控除が受けられるのは主債務者のみとなります。
(ウ)受けられる
夫婦がそれぞれ住宅ローンを組むペアローンを組む場合、団体信用生命保険もそれぞれ加入可能です。