· 

FP2級 資産設計提案業務 2020年1月Vol-3

問題 21

関根さんは、自宅の取得に当たり、FPで税理士でもある浅田さんに「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」について質問をした。下記の空欄(ア)~(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

 

問題解説

保障内容に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値を解答欄に記入しなさい。

(ア)2 50㎡
床面積が50㎡以上240㎡以下、床面積の2分の1以上が居住用である。

(イ)4 3,000万円
2019年4月1日から2020年3月31日の期間に消費税10%で省エネ等住宅を購入した場合、非課税限度額は3,000万円です。

(ウ)5 受け取ることができます
暦年課税(110万円)や相続時清算課税制度(2,500万円)との併用は可能です。

(エ)8 翌年3月15日
贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に、所轄税務署長に申告書を提出



 

直系尊属からの贈与に関する問題
「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」

問題 22
下記<資料>の宅地(貸家建付地)に係る路線価方式による相続税評価額の計算式として、正しいものはどれか。

 

問題解説 下記<資料>の宅地(貸家建付地)に係る路線価方式による相続税評価額の計算式として、正しいものはどれか。

4.300,000円x1.00x300m2x(1-70%x30%x100%)

 

相続税評価に関する問題
路線価方式による相続税評価額の計算

問題 23
小田家のキャッシュフロー表の空欄(ア)に入る数値を計算しなさい。なお、計算過程においては端数処理をせず計算し、計算結果については万円未満を四捨五入すること。



 

 

問題解説 小田家のキャッシュフロー表の空欄(ア)に入る数値を計算しなさい。

ア)311(万円)

 

 

キャッシュフローに関する問題
各キャッシュフローの計算式

問題 24
小田家のキャッシュフロー表の空欄(イ)に入る数値を計算しなさい。なお、計算過程においては端数処理をせず計算し、計算結果については万円未満を四捨五入すること。


 

問題解説 小田家のキャッシュフロー表の空欄(イ)に入る数値を計算しなさい。

(イ)848(万円)

 

キャッシュフローに関する問題
各キャッシュフローの計算式

問題 25
龍太さんは、現在居住している自宅の住宅ローン(全期間固定金利、返済期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし)の繰上げ返済を検討しており、FPの東さんに質問をした。龍太さんが住宅ローンを208回返済後に、100万円以内で期間短縮型の繰上げ返済をする場合、この繰上げ返済により軽減される返済期間を解答欄に記入しなさい。なお、計算に当たっては、下記<資料>を使用し、繰上げ返済額は100万円を超えない範囲での最大額とすること。また、繰上げ返済に伴う手数料等は考慮しないものとし、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと(解答用紙に記載されているマス目に数値を記入すること)。

 

問題解説 龍龍太さんが住宅ローンを208回返済後に、100万円以内で期間短縮型の繰上げ返済をする場合、この繰上げ返済により軽減される返済期間を解答欄に記入しなさい。

1年2ヵ月
222回-208回=14回で 改め1年2ヵ月

 

住宅ローンの繰上げ返済に関する問題

住宅借入金等特別控除。期間短縮型の繰上げ返済。住宅ローンの見直し。ペアローン。

 

問題 26
井上さんは、将来の有料老人ホームへの入居に備え、新たに積立てを開始する予定である。毎年年末に100万円を積み立てるものとし、10年間、年利1.0%で複利運用しながら積み立てた場合、10年後の合計額はいくらになるか。

 

問題解説 10年後の合計額はいくらになるか。

将来の積立額合計=年金終価係数
100万円×10.462=1046.2万円 

 

六つの係数に関する問題
毎年いくら積み立てる=減債基金係数、毎年均等に取り崩す(受取る)=資本回収係数、現在の必要な年金額=年金現価係数、将来の積立額合計=年金終価係数、将来の資金=終価係数、現在必要な金額=現価係数

 

問題 27
永井さんは、相続により受け取った2,500万円を運用しようと考えている。これを5年間、年利1.0%で複利運用した場合、5年後の合計額はいくらになるか。

 

問題解説 5年後の合計額はいくらになるか。

将来の資金=終価係数
2,500万円×1.051=26,27.5万円 


毎年又は積立等の言葉があれば年金○○と覚えましょう。

 

六つの係数に関する問題
毎年いくら積み立てる=減債基金係数、毎年均等に取り崩す(受取る)=資本回収係数、現在の必要な年金額=年金現価係数、将来の積立額合計=年金終価係数、将来の資金=終価係数、現在必要な金額=現価係数

 

問題 28
香川さんは、退職金として受け取った1,500万円を老後の生活資金の一部として使用するつもりである。これを15年間、年利1.0%で複利運用しながら毎年1回、年末に均等に取り崩すこととした場合、毎年年末に取り崩すことができる最大金額はいくらになるか。

 

問題解説 毎年年末に取り崩すことができる最大金額はいくらになるか。

取り壊して受け取る=資本回収係数
 15,000,000円×0.072=1,080,000円

 

六つの係数に関する問題
毎年いくら積み立てる=減債基金係数、毎年均等に取り崩す(受取る)=資本回収係数、現在の必要な年金額=年金現価係数、将来の積立額合計=年金終価係数、将来の資金=終価係数、現在必要な金額=現価係数

 

問題 29
進太郎さんは下記<資料>のRA銀行の外貨定期預金キャンペーンに関心をもっている。この外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額として、正しいものはどれか。

1. 1,093,920円

2. 1,078,560円

3. 1,070,600円

4. 1,068,480円

 

問題解説
太郎さんは下記<資料>のRA銀行の外貨定期預金キャンペーンに関心をもっている。この外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額として、正しいものはどれか。

4. 1,068,480円

預金金利    年率4.00%
預入期間    3ヶ月
源泉徴収    20%
3月分の利息 (10,000米ドルx4.00%÷4)=100米ドル
源泉徴収後の利息額  100米ドルx(1-20%)=80米ドル
米ドル建ての元利合計 10,000米ドル+80米ドル=10,080米ドル 
期時のレートはTTB 106円ですので

円転後の元利合計額=10,080米ドル×106円=1,068,480円

円を外貨にするときのレートはTTS、
外貨を円にするときのレートはTTBです。

 

外貨を円転した金額計算
満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額
 

問題 30

進太郎さんは、正樹さんの大学進学を控えて奨学金や教育ローンに関心をもち、FPの長谷川さんに質問をした。長谷川さんが日本学生支援機構の貸与型奨学金(第一種・第二種)および日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)について説明する際に使用した下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。


1.(ア)主に学生・生徒の保護者
 (イ)いつでも可能
 (ウ)借入日の翌月または翌々月の返済希望日

2.(ア)学生・生徒本人
   (イ)決められた募集期間内
   (ウ)借入日の翌月または翌々月の返済希望日

3.(ア)主に学生・生徒の保護者
   (イ)決められた募集期間内
   (ウ)卒業後

4.(ア)学生・生徒本人
   (イ)いつでも可能
   (ウ)卒業後

 

問題解説 (ア)学生・生徒本人
日本学生支援機構の奨学金は、学生本人が貸付対象者ですが、日本政策金融公庫の教育ローン(教育一般貸付)は、学生の保護者が申込人です。
(イ)決められた募集期間内
高校3年生のとき予約する「予約採用」と進学後申請する「在学採用」がありますが、申込み時期はどちらも決められた募集期間内に限られます。
(ウ)借入日の翌月または翌々月の返済希望日
借入日の翌日または翌々月の返済希望日で、融資額や返済期間などにより決められた金額を毎月返済します。

 

教育ローンに関する問題
日本学生支援機構の奨学金、日本政策金融公庫の教育一般貸付、