· 

FP2J 自動車保険に関する問題

自動車保険に関する問題(4問)

自賠責保険について。

問題 1

下記<資料>に基づき、杉山さん(50歳)が契約している自動車保険に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには〇、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、<資料>に記載のない特約については考慮しないものとする。(2018年9月13問)

(ア)杉山さんの友人(50歳)が被保険自動車を運転して事故を起こした場合、補償の対象とならない。

(イ)杉山さんが被保険自動車を運転中に事故を起こしケガをした場合、過失割合に関わらず治療費用の補償を受けることができる。


(ウ)杉山さんと同居している杉山さんの長女(21歳)が被保険自動車を運転して事故を起こした場合、補償の対象となる。

(エ)杉山さんが所有する原動機付自転車(50cc)を杉山さんの妻(45歳)が運転し、事故を起こして他人にケガを負わせてしまった場合、補償の対象となる。

 

 問題解説
(ア)〇
家族限定の為、杉山さんの友人(50歳)が事故を起こした場合、補償の対象とならない。
(イ)〇
過失割合に関わらず治療費用の補償を受けることができる。
(ウ)✖
30歳以上の方が運転中の事故を補償します。杉山さんの長女(21歳)が被保険自動車を運転して事故を起こした場合、補償の対象とならない。
(エ)〇
ファミリーバイク特約(原付特約)補償されます(対人・対物に同じ) は、補償対象は記載されている本人配偶者同居の親族別居の未婚の子になります。

 

問題 2

東さんが保険契約者(記名被保険者)である自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という) と任意の自動車保険に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものに は×を解答欄に記入しなさい。なお、自動車保険に特約は付帯していないものとする。(2018年1月13問)

(ア)東さんが自己の所有する自動車を運転中に誤ってガードレールに衝突し、同乗していた子にケガ を負わせた場合、自賠責保険の保険金の支払い対象となる。

(イ)東さんが自動車の車庫入れの際に、誘導していた妻に誤って接触してケガを負わせた場合、対人 賠償保険の保険金の支払い対象となる。

(ウ)東さんが自宅ガレージに自動車を駐車していたところ、地震によりガレージの屋根が落下して自 動車が損傷した場合、車両保険の保険金の支払い対象となる。

(エ)東さんが自動車を運転中に急に右折してきたトラックに衝突され、左足を骨折して入院した場合、 搭乗者傷害保険の保険金の支払い対象となる。

 

 問題解説

(ア)〇
自賠責保険の補償対象は同乗していた子にケガを負わせた場合、自賠責保険の保険金の支払い対象
(イ)✖
対人賠償保険では、運転者自身・父母・配偶者・子に対する損害に対しては、補償対象外
(ウ)✖
地震や噴火によって生じた津波や地震・噴火による損害は、車両保険の保険金の補償対象外
(エ)〇
搭乗者傷害保険は、契約時に決めた保険金が、加害者からの損害賠償金や他の保険と関係なく支払われる保険です

 

問題 3

自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。(2020年1月13問)

(ア)自賠責保険は、原則としてすべての自動車に加入が義務付けられており、未加入で走行した場合は法律で罰せられる。

(イ)死亡による損害に対する保険金の支払限度額は、被害者1人につき4,000万円である。

(ウ)死亡に至るまでの傷害による損害に対する保険金の支払限度額は、被害者1人につき120万円である。

(エ)自賠責保険の保険料は、取り扱う損害保険会社や共済組合によって異なる。

 

問題解説
(ア)〇 
原則全ての自動車(二輪自動車、原動機付自転車を含む)に加入が義務付けられています。
(イ)✕ 
死亡による損害に対して1人当たり最高4000万円保険金が支払われます。
(ウ)〇 
傷害による損害に対して1人当たり最高120万円が保険金が支払われます。
(エ)✕
自動車の車種などにより決まっていて、どの損害保険会社や共済組合で契約しても保険料は同じです。

 

問題 4

柴田さん(52歳)は、自身を記名被保険者として契約している自動車保険の契約更新案内(下記<資料>参照)について、FPの唐沢さんにアドバイスを求めた。唐沢さんが述べた次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、<資料>に記載のない特約については考慮しないものとする。(2020年9月14問)

(ア)「柴田さんが車を駐車する際、誘導していた柴田さんの妻に誤って接触してケガを負わせた場合は、どのプランでも対人賠償保険による補償の対象になります。」

(イ)「前年同内容プランは、大雨による洪水で被保険自動車が水没した場合の車の損害も補償しています。」

(ウ)「運転免許証を取得した柴田さんの息子(同居で22歳)が被保険自動車を運転して対物事故を起こした場合、おすすめプランAであれば補償の対象になります。」

(エ)「おすすめプランBは、柴田さんが運転中に他車との接触事故でケガをした場合、過失割合にかかわらず柴田さんの治療費用等は補償の対象になります。」

 

問題解説
(ア)✕
家族が被害者の事故は、対人賠償保険では対象外です。


(イ)〇
車両保険では洪水による被害も保障の対象です。


(ウ)✕
おすすめプランAでは運転者年齢条件が35歳以上になっているので、22歳の息子さんは対象外です。


(エ)〇
人身傷害保険保険が付いているので、過失割合にかかわらず柴田さんの治療費用等は補償の対象になります。

 

類似問題を終了