· 

FP2J 給与所得者に関する問題

給与所得者に関する問題(3問)

事業所得と損益通算できる損失,給与所得と損益通算できる損失に関する。

問題 1

会社員の岡さんの2019年分の所得等が下記<資料>のとおりである場合、岡さんが2019年分の所得税の確定申告をする際に、給与所得と損益通算できる損失に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。(2019年9月17問)


1.不動産所得の計算上生じた損失▲110万円と損益通算できる。

2.不動産所得の計算上生じた損失▲110万円およびゴルフ会員権の譲渡損失▲220万円と損益通算できる。

3.ゴルフ会員権の譲渡損失▲220万円および上場株式の譲渡損失▲40万円と損益通算できる。

4.損益通算できる損失はない。

 

問題解説
4.損益通算できる損失はない。

1.不適切
・必要経費950万円のうち、借入金の利子120万円は、損益通算できません。
950万円―120万円=830万円が必要経費です。
収入840万円―損失が830万円=10万円の黒字で損失はありません。
2.不適切
ゴルフ会員権の譲渡による譲渡所得の損失は、他の所得と損益通算できません。
3.不適切
株式等の譲渡による譲渡所得は分離課税で、損益通算できません。

 

問題 2

会社員の大津さんの2018年分の所得等は下記<資料>のとおりである。大津さんが所得税の確定申告を行う際、給与所得と損益通算できる損失に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。(2019年1月16問)

1.不動産所得の計算上生じた損失▲30万円と損益通算できる。

2.ゴルフ会員権の譲渡損失▲100万円と損益通算できる。

3.上場株式の譲渡損失▲20万円と損益通算できる。

4.損益通算できる損失はない。

 

問題解説
4.適切
損益通算できる損失はない。

1.不適切
不動産所得の必要経費930万円のうち、借金の利子分160万円は損益通算の対象外。残りの770万円が必要経費の対象になり、
 不動産所得=900万円-770万円=130万円で黒字になります。

2.不適切
ゴルフ会員権の譲渡による譲渡所得の損失は、他の所得と損益通算できない
3.不適切
株式等の譲渡による譲渡所得は分離課税、総合課税である給与所得とは損益通算できません。

 

問題 3

個人事業主で青色申告者である細井さんの2018年分の所得等が下記<資料>のとおりである場合、細井さんが2018年分の所得税の確定申告を行う際、事業所得と損益通算できる損失に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。(2018年9月15問)

1.不動産所得▲120万円および譲渡所得▲30万円と損益通算できる。

2.不動産所得▲120万円および雑所得▲10万円と損益通算できる。

3.不動産所得▲80万円および譲渡所得▲30万円と損益通算できる。

4.不動産所得▲80万円と損益通算できる。

 

問題解説
4.不動産所得▲80万円と損益通算できる。

 

類似問題を終了