· 

FP2J 労働者災害補償保険に関する問題

労働者災害補償保険に関する問題(3問)
労災保険の療養(補償)給付に関する、労災保険の概要に関する。

問題 1


康介さんは、労働者災害補償保険(以下「労災保険」という)の保険給付について、FPの川久保さんに質問をした。労災保険の療養(補償)給付に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、給付の要件はすべて満たしているものとする。(2017年9月32問)

(ア)療養補償給付は、「療養の給付」を原則としており、この「療養の給付」を受ける被災労働者は、その費用の1割を負担する。

(イ)療養補償給付として受ける「療養の給付」は、労災病院や労災指定医療機関および指定薬局等において行われる。

(ウ)康介さんが通勤途上の災害によるケガのために療養を必要とする場合についても、原則として、労災保険から保険給付が行われる。



 

問題解説
(ア)✖
労災の療養補償給付とは、労働者が業務上の負傷・疾病により、労災病院・労災指定医療機関等で、自己負担無しで療養(医療)の給付を受けることです。
(イ)〇
療養補償給付として受ける「療養の給付」は、労災病院や労災指定医療機関および指定薬局等において行われる。
(ウ)〇
康介さんが通勤途上の災害によるケガのために療養を必要とする場合についても、原則として、労災保険から保険給付が行われる。


 

 

問題 2


政彦さんは、労働者災害補償保険(以下「労災保険」という)について、FPの榎田さんに質問をした。労災保険の概要に関する下表の空欄(ア)~(エ)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2019年5月34問)

1.空欄(ア)にあてはまる語句は、「アルバイト・パートタイマー等は除かれる」である。

2.空欄(イ)にあてはまる語句は、「労働者は医療費の1割を負担する」である。

3.空欄(ウ)にあてはまる語句は、「その全額を事業主が負担する」である。

4.空欄(エ)にあてはまる語句は、「業種にかかわらず一律である」である。



 

問題解説
3.〇
その全額を事業主が負担する

1.✕

アルバイトやパートタイマーにも適用されます。
2.✕
自己負担無しで療養(医療)の給付を受けることです(現物給付)。
4.✕
業種により異なります。

 

問題 3

公一さんは、自らが営む店舗で初めて従業員を雇うことを考えており、労働者災害補償保険(以下「労災保険」という)について、FPの宇野さんに質問をした。労災保険の概要に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。(2020年9月39問)

(ア)労災保険が適用される労働者は、1週間の所定労働時間が20時間以上であり、かつ同一の事業主に継続して31日以上雇用されることが見込まれる者に限られる。

(イ)事業主は原則として労災保険の適用を受けないが、労働保険事務組合に事務委託している一定の中小事業主については、特別加入をすることにより適用を受けることができる。

(ウ)労災保険料は、労働者と事業主が折半して負担する。

(エ)労災保険は、業務災害に対する補償給付や通勤災害に対する給付を行うほか、脳血管疾患や心臓疾患の発症を予防する目的で二次健康診断等給付を行う。

 

問題解説
(ア)✕
労災保険は全ての労働者に適用される。

(イ)〇
一定の中小事業主については、特別加入をすることにより適用を受けることができる。


(ウ)✕
労災保険料は、全額事業主が負担する。


(エ)〇
労災保険は、補償給付や通勤災害に対する給付、脳血管疾患や心臓疾患の発症を予防する目的で二次健康診断等給付を行う。

 

類似問題を終了