· 

FP2J 傷害保険に関する問題

傷害保険に関する問題(2問)
海外旅行傷害保険に関する、普通傷害保険に関する。

問題 1


下記<資料>に基づき、井川さんが契約している普通傷害保険について、FPの天野さんの次の説明の空欄(ア)~(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととし、保険金の支払い要件はすべて満たしているものとする。(2019年1月13問)

「井川さんが仕事中のケガで5日間病院に通院した場合、受け取れる保険金は( ア )。」

「井川さんが地震によるケガで6日間病院に入院した場合(手術は受けていない)、受け取れる保険金は( イ ) 。」

「井川さんが交通事故により傷害後遺障害第6級に該当した場合、受け取れる傷害後遺障害保険金は( ウ )。」

「井川さんの中学生の息子が自転車で誤って他人にケガを負わせた場合、相手への賠償責任に関する補償は最高( エ )。





 

問題解説
(ア) 1万円です
傷害通院保険金日額が1日につき2,000円ですので、5日間通院で、2,000円×5日間=1万円の保険金を受け取れます。
(イ)  3万円です 
傷害入院保険金日額が1日につき5,000円ですので、6日間入院すると、5,000円×6日間=3万円の保険金を受け取れます。
(ウ) 500万円です 
普通傷害保険は、日常生活の偶然な事故による傷害(死亡・後遺障害・入院・手術・通院)を補償する保険ですので、傷害後遺障害第6級に該当、500万円の保険金を受け取れます。
(エ)  1億円です
最高1事故1億円が補償されます。日常生活における偶発的な事故による賠償責任を補償(自転車やペットによる賠償責任も補償対象)するもので、補償対象は本人・配偶者・その他の親族です

 

問題 2


海外旅行傷害保険に関する次の(ア)~(エ)の記述について、保険金の支払い対象となるものには○、保険金の支払い対象とならないものには×を解答欄に記入しなさい。なお、携行品損害担保特約および賠償責任特約を付帯しているものとする。(2019年5月14問)

(ア)海外旅行中に食べた料理が原因で細菌性食中毒を発症し、旅行中に入院をした。

(イ)海外旅行中に、観光地ですりに遭い、クレジットカードを盗まれた。

(ウ)海外旅行先のホテルに滞在中、不注意により客室の調度品を壊してしまい、ホテルから損害賠償を求められた。

(エ)海外旅行先から帰国し、空港から自宅へ帰る途中に駅の階段で転倒し、ケガを負った。


 

問題解説
(ア)〇
海外旅行中に食べた料理が原因で細菌性食中毒を発症し、補償される。
(イ)✖
クレジットカードは紛失保険や盗難保険が自動付帯されていますので、海外旅行傷害保険からの補償はありません。
(ウ)〇
ホテル滞在中の調度品損壊による損害賠償責任も補償対象です。
(エ)〇
海外旅行傷害保険は、海外旅行の目的で自宅を出発した時から、帰宅するまでが補償の対象期間です。

 

類似問題を終了