· 

FP2J 退職所得控除に関する問題

退職所得控除に関する問題(9問)

退職一時金に係る退職所得の金額。

問題 1

会社員の伊丹さんは、2019年12月に勤務先を退職する予定である。伊丹さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、伊丹さんの退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。なお、伊丹さんは、勤務先の役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するものではない。(2019年9月15問) 

<資料:伊丹さんの退職に係るデータ>
支給される退職一時金 1,900万円
勤続期間 24年9ヵ月

1. 375万円

2. 410万円

3. 750万円

4. 820万円

 

問題解説
1. 375万円
退職所得控除額=800万+(25年―20年)x70万=1150万円
退職所得の計算式=(1900万円-1150万円)/2=375万円

下記の計算式は必須です。
退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2
 

 

問題 2

退職所得に関する次の(ア)~(エ)の記述のうち、正しいものには〇、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。なお、復興特別所得税については考慮しないものとする。(2019年5月17問)

(ア)勤続年数20年超で退職した場合の退職所得控除額は、「40万円×勤続年数」により計算する。

(イ)退職所得控除額を計算する際の勤続年数に1年未満の端数があるときには、その端数は切り捨てて勤続年数には含めない。

(ウ)退職所得の金額は、原則として、退職一時金の額から退職所得控除額を控除した残額の2分の1に相当する額となる。

(エ)退職金の支給を受ける場合に「退職所得の受給に関する申告書」を退職金の支払者に適正に提出していれば、その退職金の支払いの際、退職所得の金額に応じた所得税額が源泉徴収される。


 

問題解説
(ア)✖
「70万円×勤続年数」により計算する。
(イ)✖
勤続年数が1年に満たない場合は切り上げ。
(ウ)〇
退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2 
(エ)〇
「退職所得の受給に関する申告書」を提出した場合、退職金から納付すべき所得税額が源泉徴収されます。
 

 

問題 3

杉野さんは、2018年12月に22年9ヵ月勤務したSA株式会社を退職し、退職一時金1,350万円を受け取った。この退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。なお、杉野さんは、「退職所得の受給に関する申告書」を適正に提出している。また、杉野さんは、SA株式会社の役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するものではない。(2019114問)

1. 170万円

2. 205万円

3. 340万円

4. 410万円


 

問題解説
1. 170万円
退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2
退職所得控除(800万+(26年-23年)x70万)=1010万
(1350万円-1010万円)/2=170万円
 

 

問題 4

俊和さんが2018年8月に受け取った退職一時金(下記<資料>参照)から源泉徴収された所得税額として、正しいものはどれか。なお、俊和さんは、退職に際して「退職所得の受給に関する申告書」を適正に提出している。また、復興特別所得税については考慮しないこと。(20189月35問)

1. 3,360,000円

2. 4,008,000円

3. 4,644,000円

4. 5,544,000円

 

問題解説
2. 4,008,000円
退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2
退職所得控除(800万+(32年-20年)x70万)=1640万円
(5000万ー1640万)/2=1680万円
源泉徴収税額=1,680万円×33%-153.6万円=400.8万円
 

 

問題 5

会社員の住吉さんは、2018年7月に勤務先を定年退職する予定である。住吉さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、住吉さんの退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。(2018年5月16問)

<資料>
・ 勤続年数:32年3ヵ月
・ 支給される退職一時金:2,500万円
※住吉さんは、勤務先の役員であったことはない。
※退職は障害者になったことに基因するものではない。
※「退職所得の受給に関する申告書」は適正に提出するものとする。
1. 395万円

2. 430万円

3. 790万円

4. 860万円


 

問題解説
1. 395万円
退職所得控除額=800万+(33-20)x70万=1710万円

退職所得の計算式=(2500万円-1710万円)/2=395万円
 

 

問題 6

慎二さんの勤務先であるRQ社では、現在、50歳代の社員を対象に希望退職者を募集している。仮に慎二さんが希望退職した場合に支給される退職一時金から源泉徴収される所得税の金額として、正しいものはどれか。なお、復興特別所得税は考慮しないものとする。(2018年1月36問)

1. 1,599,000円

2. 2,589,000円

3. 2,704,500円

4. 4,125,000円

 

問題解説
2. 2,589,000円
退職所得控除額=(800万円+70万円×(30年-20年)=1500万
退職所得=(4,000万円-1,500万円)×1/2 =1,250万円

源泉徴収税額=1,250万円×33%-153.6万円=258.9万円
 

 

問題 7

山田徹さんは、平成29年3月末日に25年3ヵ月勤務したXB株式会社を退職し、退職一時金1,900万円を受け取った。この退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。なお、山田さんは、「退職所得の受給に関する申告書」を適正に提出している。また、山田さんは、勤務先の役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するものではない。(2017年9月15問)

1. 340万円

2. 375万円

3. 680万円

4. 750万円



 

問題解説
1. 340万円
退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2
退職所得控除(800万+(26年-20年)x70万)=1220万
(1900万円―1220万円)/2=340万円
 

 

問題 8

秀樹さんは、60歳で定年退職し、WZ株式会社から退職一時金を受け取る予定である。秀樹さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、秀樹さんの退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。(2017年136問)

1. 120万円

2. 155万円

3. 240万円

4. 310万円

 

問題解説
1. 120万円
退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2 で計算
退職所得控除=800万+70万円×(38年-20年)=2060万円
退職所得=(2300万円-2060万円)/2=120万円
 

 

問題 9

会社員の最上さんは、2020年3月末日に勤務先を退職した。最上さんの退職に係るデータが下記 <資料>のとおりである場合、最上さんの退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれ か。なお、最上さんは、勤務先の役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するもの ではない。 (2020年916問)

1. 130万円

2. 165万円

3. 260万円

4. 330万円

 

問題解説
1. 130万円 

退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2 で計算
退職所得控除=800万+70万円×(22年-20年)=940万円
退職所得=(1200万円-940万円)/2=130万円
 

 

類似問題を終了