· 

FP3G 貸金業法に関する問題

貸金業法に関する問題(4問)

貸金業法の総量規制。個人向け貸付を利用する場合の 借入合計額。

問題 1

貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付けを利用する場合、 原則として、年収の5分の1を超える借入はできない。(2016年5月5問)

 

問題解説

個人が無担保で借金できる金額は年収の3分の1までとなっています。

 

問題 2

貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付を利用する場合、 原則として、年収の( )を超える借入れはできない。(2018年9月35問)(2020年9月35問)

1) 2分の1

2) 3分の1

 

問題解説
2) 3分の1
個人が無担保で借金できる金額は年収の3分の1までなっています。

 

問題 3

貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付を利用する場合の 借入合計額は、原則として、年収の( )以内でなければならない。(2019年9月35問)

1) 4分の1

2) 3分の1

 

問題解説
2) 3分の1
個人が無担保で借金できる金額は年収の3分の1までなっています。

 

問題 4

貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付を利用する場合の 借入合計額は、原則として、年収の( )以内でなければならない。(2017年9月35問)

1) 4分の1 

2) 3分の1

 

問題解説
2) 3分の1
個人が無担保で借金できる金額は年収の3分の1までなっています。

 

類似問題を終了