· 

FP3G 雇用保険に関する問題

雇用保険に関する問題(5問)

雇用保険の基本手当。雇用保険の育児休業給付金。雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金。雇用保険の教育訓練給付金。雇用保険の教育訓練給付金

問題 1

雇用保険の基本手当を受給するためには、倒産、解雇および雇止めなどの場合を除 き、原則として、離職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12カ月以上あること などの要件を満たすことが必要となる。(2019年5月3問)(2021年1月33問)


 

問題解説

離職の日以前2年間に雇用保険の一般被保険者であった期間が通算して12ヵ月以上あれば受給できる。

 

問題 2

雇用保険の育児休業給付金の額は、育児休業を開始した日から育児休業給付金の支 給に係る休業日数が通算して180日に達するまでの間は、1支給単位期間当たり、原則 として休業開始時賃金日額に支給日数を乗じて得た額の( )相当額となる。(2018年9月32問)

1) 33%

2) 67%

 

 

問題解説
2) 67%
育児休業給付金の支給額は、休業開始から180日までは、支給日数30日当たり「休業開始時賃金日額×30日×67%」です。

 

問題 3

雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金は、原則として、算定基礎期間を満たす60歳 以上65歳未満の被保険者が、60歳到達時点に比べて賃金が85%未満に低下した状態で 就労している場合に、被保険者に対して支給される。(2018年1月2問)

 

問題解説

 60歳到達時点に比べて賃金が75%未満に低下した状態で 就労している場合被保険者に対して支給される

 

問題 4

雇用保険の教育訓練給付金のうち、一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は、教 育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%相当額であるが、その額が( )を超 える場合は、( )が支給される。(2017年1月34問)

1) 10万円

2) 15万円

 

 

問題解説
1)  10万円
一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は教育訓練施設に支払った教育訓練経費の上限は10万円です(教育訓練経費の20%相当)。

 

問題 5

雇用保険の教育訓練給付金のうち、一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%相当額であるが、その額が10万円を超える場合の支給額は10万円となる。のうち、一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%相当額であるが、その額が10万円を超える場合の支給額は10万円となる。(2020年1月2問)

 

問題解説

一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は教育訓練施設に支払った教育訓練経費の上限は10万円です教育訓練経費の20%相当)。

 

類似問題を終了