· 

FP3G 区分所有法に関する問題

区分所有法に関する問題 (9問)

建物を建築 する旨の決議,区分所有建物の建替え,規約の変更、各区分所有者の 共有持分

問題 1

建物の区分所有等に関する法律の規定によれば、集会において、区分所有者および 議決権の各4分の3以上の多数で、建物を取り壊し、その敷地上に新たに建物を建築 する旨の決議をすることができる。(2017年9月23問)


 

問題解説

建物を建て替えるには、5分の4以上が必要です。

 

問題 2

建物の区分所有等に関する法律の規定によれば、集会において、区分所有者および 議決権の各4分の3以上の多数により、建物を取り壊し、その敷地上に新たな建物を 建築する旨の建替え決議をすることができる。(2018年1月23問)

 

問題解説

建物を建て替えるには、5分の4以上が必要です。

 

問題 3

建物の区分所有等に関する法律の規定によれば、規約の変更は、区分所有者および 議決権の各5分の4以上の多数による集会の決議によらなければならない。(2019年5月24問)

 

問題解説

規約の変更には、区分所有者及びその議決権の各4分の3以上の賛成。

 

問題 4

建物の区分所有等に関する法律の規定によれば、共用部分に対する各区分所有者の 共有持分は、原則として、その有する戸数の総戸数に占める割合となる。(2016年5月24問)

 

問題解説

原則として、専有部分の床面積の割合となる。

 

問題 5

建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)の規定によれば、集会において、区 分所有者および議決権の各5分の4以上の多数により、建替え決議をすることができ る。(2017年1月24問)


 

問題解説

建物を建て替えるには、5分の4以上が必要です。

 

問題 6

建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)の規定によれば、集会において、区 分所有者および議決権の各4分の3以上の多数により、区分所有建物の建替え決議を することができる。(2017年5月24問)

 

 

問題解説

建物を建て替えるには、5分の4以上が必要です。

 

問題 7

建物の区分所有等に関する法律の規定によれば、規約の変更は、区分所有者および 議決権の各( )以上の多数による集会の決議によらなければならない。(2018年5月24問)

1) 3分の2

2) 4分の3

3) 5分の4


 

問題解説
2)  4分の3

規約の変更は区分所有者および議決権の各
4分の3以上の多数による集会の決議によらなければならない。

 

問題 8

建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)の規定によれば、集会において、区 分所有者および議決権の各3分の2以上の多数により、区分所有建物を取り壊し、そ の敷地上に新たに建物を建築する旨の決議をすることができる。(2020年9月24問)

 

問題解説

建物を建て替えるには、5分の4以上が必要です。

 

問題 9

「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」の適用を受けるためには、譲渡の対価の額が5,000万円以下でなければならない。 (2020年9月25問)

 

問題解説

相続や遺贈で取得した被相続人の居住用住宅を 相続開始日から3年後(その年の12月31日)までに 売却額1億円以下で譲渡すると適用されます。

 

類似問題を終了