· 

FP3G 教育ローンに関する問題

教育ローンに関する問題(8問)

教育一般貸付(国の教育ローン)の返済期間、融資限度額、融資金利、使用使途について。

 

問題 1

 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の返済期間は、母子家庭等の 場合を除き10年以内である。(2017年9月2問)


 

問題解説

国の教育ローンの 返済期間は母子家庭等の場合を除き
15年以内です。

 

問題 2

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の融資限度額は、所定の海外 留学資金として利用する場合を除き、入学・在学する学生・生徒1人につき350万円で ある。(2019年1月5問)


 

問題解説

融資限度額は、所定の海外 留学資金として利用する場合を除き、入学・在学する学生・生徒1人につき
350万円で ある。

 

問題 3

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の使途としては、学費だけで はなく、受験費用や在学のために必要となる住居費用なども認められている。(2019年9月5問)(2021年1月5問)


 

問題解説

資金使途は、
住居、教科書代・教材費・PC購入費、通学費用、修学旅行費用、国民年金保険料などにも使えます。

 

問題 4

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の資金使途は、受験にかかっ た費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費等)および学校納付金(入学金、授業料、 施設設備費等)に限られる。(2017年5月5問)


 

問題解説

資金使途は、住居、教科書代・教材費・PC購入費、通学費用、修学旅行費用、国民年金保険料などにも使えます。

 

問題 5

日本政策金融公庫の教育一般貸付の融資限度額は、所定の海外留学資金として利用す る場合を除き、進学・在学する子1人につき( )である。(2016年1月33問)

1.300万円

2.350万円

 

 

問題解説
2、350万円
融資限度額は学生・生徒1人につき、 海外留学資金の場合を除き350万円である。

 

問題 6

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の融資限度額は、所定の海外 留学資金として利用する場合を除き、進学・在学する( ① )につき( ② )で ある。(2018年5月35問)

1) ① 学生・生徒1人 ② 300万円

2) ① 学生・生徒1人 ② 350万円

 

問題解説
2)  ① 学生・生徒1人 ② 350万円
融資限度額は学生・生徒1人につき、 海外留学資金の場合を除き350万円である。

 

問題 7

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の融資限度額は、所定の海外 留学資金として利用する場合を除き、進学・在学する( ① )につき( ② )で ある。 (2016年5月35問)

1) ① 子1人 ② 300万円

2) ① 子1人 ② 350万円

 

問題解説
2) ① 子1人 ② 350万円
融資限度額は学生・生徒1人につき、 海外留学資金の場合を除き350万円である。

 

問題 8

日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資金利は( ① )で あり、返済期間は母子家庭等の場合を除き( ② )以内となっている。 (2018年1月35問)

1) ① 固定金利 ② 15年

2) ① 変動金利 ② 18年 

 

問題解説
1)  ① 固定金利 ② 15年
国の教育ローンの融資金利は固定金利 返済期間は母子家庭等の場合を除き15年以内です。

 

類似問題を終了