· 

FP3G 総所得金額に関する問題

総所得金額に関する問題(10問)
医療費控除の控除額、満期保険金を一時金で受け取った、損益 通算後の総所得金額、総所得金額に算入される金額、所得税における一時所得の金額。

 

問題 1

所得税における医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額の合計額 (保険金等により補てんされる部分の金額を除く)が、その年分の総所得金額等の合計 額の5%相当額または( )のいずれか低いほうの金額を超える部分の金額(最 高200万円)である。 (2018年1月49問)

1) 5万円

2) 10万円

3) 20万円

 

問題解説
2)  10万円
医療費の金額の合計額の5%相当額または10万円のいずれか低い方の金額を控除して算出されます。 最高200万円です。

 

問題 2

納税者Aさんの総所得金額等が400万円である場合、所得税の医療費控除の控除額は、 その年中に支払った医療費の金額から、保険金等で補てんされる金額および( ) を控除して算出する。(2016年5月48問)

1) 5万円

2) 10万円

3) 20万円

 

問題解説
 2)  10万円
医療費の金額の合計額の5%相当額または10万円のいずれか低い方の金額を控除して算出されます。 最高200万円です。

 

問題 3

契約者(=保険料負担者) ・被保険者・満期保険金受取人がいずれもAさんである一 時払養老保険(保険期間10年、正味払込済保険料1,000万円)が満期となり、満期保険 金1,100万円を一時金で受け取った場合、一時所得の金額は( ① )と計算され、う ち( ② )が総所得金額に算入される。 (2017年5月47問)

1) ① 50万円 ② 25万円

2) ① 100万円 ② 25万円

3) ① 100万円 ② 50万円

 

問題解説
1)  ① 50万円 ② 25万円

一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円

その額に2分の1を乗じた額が総所得金額に算入される。

 

問題 4

契約者(=保険料負担者) ・被保険者・満期保険金受取人がいずれもAさんである一 時払養老保険(保険期間10年、正味払込済保険料500万円)が満期となり、満期保険金 600万円を一時金で受け取った場合、一時所得の金額は( )となり、その2分の 1相当額が総所得金額に算入される。(2016年9月47問)

1) 25万円

2) 50万円

3) 100万円

 

問題解説
2)  50万円 
一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円

その額に2分の1を乗じた額が総所得金額に算入される。


 

問題 5

Aさんの2019年分の各種所得の金額が下記の<資料>のとおりであった場合、損益 通算後の総所得金額は( )となる。なお、各種所得の金額に付されている「▲」 は、その所得に損失が生じていることを表すものとする。(2019年9月47問)

1) 550万円

2) 600万円

3) 700万円

 

問題解説
2) 600万円
土地等購入の負債の利子分、一時所得、雑所得、ゴルフ会員権、生活用動産の譲渡損益通算できません。
750万-150万=
600万円

 

問題 6

所得税における一時所得に係る総収入金額が1,000万円で、この収入を得るために支 出した金額が600万円である場合、総所得金額に算入される金額は、 ( )である。(2018年5月47問)

1) 175万円

2) 200万円

3) 350万円

 

問題解説
1)  175万円
一時所得=1,000万円-600万円-50万円=350万円
総所得金額に算入される一時所得=350万円×1/2=175万円

一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円。
その額の2分の1総所得金額に算入される。



 

問題 7

所得税における一時所得の金額は、その年中の一時所得に係る総収入金額からその 収入を得るために支出した金額の合計額を控除し、その残額から特別控除額(最高50 万円)を控除した金額であり、その金額が総所得金額に算入される。(2017年9月18問)

 

問題解説

一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円 
その額に2分の1を乗じた額が総所得金額に算入される。

 

問題 8

 一時所得の金額は、その年中の一時所得に係る総収入金額からその収入を得るため に直接支出した金額の合計額を控除し、その残額から特別控除額(最高50万円)を控 除した金額であり、その金額が総所得金額に算入される。(2018年9月17問)


 

問題解説

一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円 
その額に2分の1を乗じた額が総所得金額に算入される。

 

問題 9

一時所得の金額は、その年中の一時所得に係る総収入金額からその収入を得るために 支出した金額の合計額を控除し、その残額から特別控除額(最高50万円)を控除した金額 であり、その額に2分の1を乗じた額が総所得金額に算入される。(2016年1月16問)


 

問題解説

一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円 
その額に2分の1を乗じた額が総所得金額に算入される。

 

問題 10

所得税における一時所得に係る総収入金額が1,200万円で、その収入を得るために支出した金額が500万円である場合、総所得金額に算入される金額は、( )である。(2020年9月48問)

1) 325万円

2) 650万円

3) 700万円

 

問題解説
1)  325万円
一時所得=1,200万円-500万円-50万円=650万円
総所得金額に算入される一時所得=650万円×1/2325万円

一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円。 
その額に2分の1を乗じた額が総所得金額に算入される。


 

類似問題を終了