· 

FP3G 相続の基礎控除に関する問題

相続の基礎控除に関する問題(5問)

法定相続人の数。相続放棄。基礎控除額。

問題 1

相続税の「遺産に係る基礎控除額」を計算する際の法定相続人の数は、相続人のう ちに相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたとき の相続人の数とされる。(2017年1月28問)(2017年5月28問)

 

問題解説

基礎控除の計算上では、法定相続人は相続放棄があっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。

 

問題 2

平成29年中に開始した相続において、相続人が被相続人の配偶者と子2人の計3人 である場合、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額は、8,000万円である。(2018年5月29問)

 

問題解説

 

問題 3

2019年中に開始する相続において、相続税額の計算における遺産に係る基礎控除額 は、「3,000万円+500万円×法定相続人の数」の算式により求められる。(2019年9月29問)

 

問題解説

3000万円+法定相続人の数×600万円です。

 

問題 4

平成27年中に開始する相続において、相続税額の計算における遺産に係る基礎控除額 は、「( 1 )+( 2 )× 法定相続人の数」の算式により求められる。(2016年1月57問)

1.(1) 2,500 万円  (2)500万円

2.(1) 3,000万円   (2)600 万円

 

問題解説
2.(1) 3,000万円   (2)600 万円 
相続税額の計算における遺産に係る基礎控除額
3,000万円+法定相続人の数×600万円

 

問題 5

相続税額の計算上、未成年者控除額は、原則として、( ① )万円に( ② )未満の法定相続人が( ② )に達するまでの年数を乗じて算出する。(2020年9月58問)

1) ① 10 ② 18歳

2) ① 5 ② 20歳

3) ① 10 ② 20歳

 

問題解説
3) ① 10 ② 20歳

 未成年者控除の額は、その未成年者が満20歳になるまでの年数1年につき10万円で計算した額です。
年数の計算に当たり、1年未満の期間があるときは切り上げて1年として計算します。

相続や遺贈で財産を取得したときに20歳未満である人

 

類似問題を終了