· 

FP3級学科問題 2019年9月Vol-2

問題 11
短期金融市場のうち、金融機関のほか、事業法人や地方公共団体なども参加し、コー ル取引などが行われている市場を、インターバンク市場という。

 

問題解説
短期金融市場のうち、金融機関のほか、事業法人や地方公共団体なども参加し、コー ル取引などが行われている市場を、インターバンク市場という。 


金融機関や証券会社等の限定された市場参加者が取引を行う市場。
コール市場(一ヶ月未満の短期資金の貸借)や手形売買市場(企業の手形を売買)があります。

 

インターバンク市場。公開市場操作。金融ADR制度。マネーストック統計

問題 12
ゆ<うちょ銀行においては、従来、通常貯金と定期性貯金を合わせて1,300万円が預入 限度額となっていたが、2019年4月1日から、それぞれ2,000万円に変更された。


 

問題解説
  • うちょ銀行においては、従来、通常貯金と定期性貯金を合わせて1,300万円が預入 限度額となっていたが、2019年4月1日から、それぞれ2,000万円に変更された。


    2019年4月1日にゆうちょ銀行の預入限度額が変更され、従来の1,300万円から2,600万円に増額されました。「通常預金」と「定期性預金」それぞれ1,300万円の上限が設定され、合計で2,600万円までの預入が可になりました。
    資料は
    ゆうちょ銀行のプスリリースより引用しました


 

ゆうちょ銀行。決済用預金、外貨預金、日本投資者保護基金の補償

問題 13
パッシブ運用とは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの市場インデック スに連動した運用成果を目指す運用手法である。


 

問題解説
  • パッシブ運用とは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの市場インデック スに連動した運用成果を目指す運用手法である。


    あらかじめ決められた目標であるTOPIXや日経平均株価といった各種指数と同じ運用成果をめざす。



 

パッシブ運用。投資信託約款。信託財産留保額。投資信託の運用管理費用。グロース投資。


問題 14
残存期間や表面利率(クーポンレート)等の他の条件が同一であれば、一般に、格付の高い債券ほど安全性が高いため、利回りが高くなる。

 

問題解説
残存期間や表面利率(クーポンレート)等の他の条件が同一であれば、一般に、格付の高い債券ほど安全性が高いため、利回りが高くなる。

 



他の条件が同じならば、高い格付の債券は、低い信用格付の債券と比較すると、債券価格は高く利回りは低くなります。

 

株価の利回りに関する計算式の問題です。 

 

問題 15
国内銀行に預け入れられた外貨預金は、預金保険制度の保護の対象となる。

 

問題解説
  • 国内銀行に預け入れられた外貨預金は、預金保険制度の保護の対象となる。


    預金保険制度による保護の対象外です。


 

ゆうちょ銀行。決済用預金、外貨預金、日本投資者保護基金の補償。

 

問題 16
所得税において、交通機関を利用して通勤している給与所得者に対し、勤務先から 通常の給与に加算して支払われるべき通勤手当は、最も経済的かつ合理的と認められ る運賃等の額で、月額15万円を限度に非課税とされる。


 

問題解説
所得税において、交通機関を利用して通勤している給与所得者に対し、勤務先から 通常の給与に加算して支払われるべき通勤手当は、最も経済的かつ合理的と認められ る運賃等の額で、月額15万円を限度に非課税とされる。


通勤手当は月額15万円まで非課税です。

 

通勤手当。給与所得控除の最低額。青色事業専従者として給与。給与所得者の確定申告。所得税における退職所得の金額。給与所得者の年末調整の適用対象。年末調整の対象となる給与所得者の適用。


問題 17
所得税において、公的年金等に係る雑所得の金額は、その年中の公的年金等の収入 金額から公的年金等控除額を控除して計算する。


 

問題解説
  • 所得税において、公的年金等に係る雑所得の金額は、その年中の公的年金等の収入 金額から公的年金等控除額を控除して計算する。


    公的年金等に係る雑所得の金額は、その年中の公的年金等の収入金額から公的年金等控除額を控除した額である。



 

国外で生じた所得について所得税の納税義務。所得税の超過累進税率。公的年金等に係る雑所得の金額。復興特別所得税。上場株式の配当金の課税。保険金の課税。保車両保険金の課税。一時所得の課税。死亡保険金の課税。利子所得の課税。


問題 18
所得税において、人間ドックの受診費用は、その人間ドックによって特に異常が発 見されなかった場合であっても、医療費控除の対象となる。


 

問題解説
  • 所得税において、人間ドックの受診費用は、その人間ドックによって特に異常が発 見されなかった場合であっても、医療費控除の対象となる。

    人間ドックにより重大な疾病が発見され、かつ、診断に引き続きその疾病の治療をした場合の人間ドックの費用は、医療費控除の対象となる。何もなければ対象にはならない。
    人間ドックで異常が認められて医師の指示で精密検査のために入院した場合、入院給付金が支払われる。


 

医療費控除。人間ドックの受診費用の医療費控除。控除額。助産師による分べんの介助。


問題 19
所得税において、住宅借入金等特別控除の対象となる新築住宅は、床面積が100㎡以 上で、かつ、その2分の1以上に相当する部分がもっぱら自己の居住の用に供される ものとされている。


 

問題解説
  • 所得税において、住宅借入金等特別控除の対象となる新築住宅は、床面積が100㎡以 上で、かつ、その2分の1以上に相当する部分がもっぱら自己の居住の用に供される ものとされている。


    家屋の床面積が50㎡以上 家屋の床面積の2分の1以上が自分の居住用であること。


 

対象となる新築住宅。年収条件。対象家屋の条件。住宅借入金等特別控除の適用。対象家屋の条件。


問題 20
所得税の確定申告をしなければならない者は、原則として、所得が生じた翌年の2 月16日から3月15日までの間に、納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出し なければならない。


 

問題解説
所得税の確定申告をしなければならない者は、原則として、所得が生じた翌年の2 月16日から3月15日までの間に、納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出し なければならない。


所得が生じた年の翌年の2月16日から3月15日までの間に 納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出しなければならない。

 

上場株 式等に係る配当。所得税の確定申告をしなければならない者。相続の開始があったことを知った。給与所得者の確定申告。確定申告書を提出日。配当金に係る配当所得。