· 

FP3級学科問題 2020年1月Vol-1

問題 1
ファイナンシャル・プランナーは、顧客の依頼を受けたとしても、公正証書遺言の作成時に証人となることはできない。

 

問題解説
ファイナンシャル・プランナーは、顧客の依頼を受けたとしても、公正証書遺言の作成時に証人となることはできない。

公正証書遺言は、有償無償を問わず証人になることができます。
但し
・未成年者
・推定相続人や受遺者及びその配偶者・直系血族
・公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人は証人になることはできません。

 

FP倫理を職種別にまとめ、全て〇✕で答えます。八つの職種別に分類して各5問で合計40問を出題しています。この問題は確実に点を取りましょう。

問題 2
雇用保険の教育訓練給付金のうち、一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%相当額であるが、その額が10万円を超える場合の支給額は10万円となる。のうち、一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%相当額であるが、その額が10万円を超える場合の支給額は10万円となる。

 

問題解説

教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%相当額であるが、その額が10万円を超える場合の支給額は10万円となる。



一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は教育訓練施設に支払った教育訓練経費の上限は10万円です(教育訓練経費の20%相当額)。

 

雇用保険の基本手当。雇用保険の育児休業給付金。雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金。雇用保険の教育訓練給付金。雇用保険の教育訓練給付金。

問題 3
特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)は、原則として、1960年(昭和35年)4月2日以後に生まれた男性および1965年(昭和40年)4月2日以後に生まれた女性には支給されない。

 

問題解説
特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)は、原則として、1960年(昭和35年)4月2日以後に生まれた男性および1965年(昭和40年)4月2日以後に生まれた女性には支給されない。


特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)については、男性:昭和36年(1961年)4月2日生まれ、女性:昭和41年(1966年)4月2日生まれ以降の方には支給されません。

 

老齢厚生年金に加給年金額。老齢厚生年金の報酬比例部分の割合。在職老齢年金制度の収入制限。加給年金額の加算の条件。配偶者の加給年金が加算。老齢厚生年金の加給年金対象者である妻。老齢基礎年金や老齢厚生年金に係る所得の課税。老齢厚生年金の報酬比例部分の割合。60歳以上65歳未満の厚生年金保険の被保険者。特別支給の老齢厚生年金。老齢厚生年金の加給年金額。

問題 4

厚生年金保険の被保険者である夫が死亡し、子のいない45歳の妻が遺族厚生年金の受給権のみを取得した場合、妻が65歳に達するまでの間、妻に支給される遺族厚生年金に中高齢寡婦加算額が加算される。

 

問題解説
  • 厚生年金保険の被保険者である夫が死亡し、子のいない45歳の妻が遺族厚生年金の受給権のみを取得した場合、妻が65歳に達するまでの間、妻に支給される遺族厚生年金に中高齢寡婦加算額が加算される。


    厚生年金保険の被保険者である夫が死亡し 子のない40歳以上65歳未満の妻が遺族厚生年金の受給権を取得した場合に加算される。




 

遺族厚生年金の額。遺遺族厚生年金の支給対象者。遺族厚生年金の額。中高齢寡婦加算の年齢要件。老齢厚生年金の報酬比例部分の割合。遺族厚生年金の中高齢寡婦加算の年齢要件。

問題 5
住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35の融資金利は固定金利であり、その利率は取扱金融機関がそれぞれ独自に決定している。

 

問題解説
  • 宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35の融資金利は固定金利であり、その利率は取扱金融機関がそれぞれ独自に決定している。

    住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35の融資金利は、一律ではなく、取扱金融機関がそれぞれ独自に決定する。



 

住宅ローンの一部繰上げ返済。住宅ローンの返済方法。受贈者がそのローン残高を引き継ぐ贈与。住宅ローンの返済方法。長期固定金利住宅ローンのフラット35。フラット35の借入金利。年末調整の適用範囲。住宅ローン控除

問題 6
生命保険契約を申し込んだ者は、保険業法上、原則として、契約の申込日から8日以内であれば、口頭により申込みの撤回等をすることができる。

 

問題解説
生命保険契約を申し込んだ者は、保険業法上、原則として、契約の申込日から8日以内であれば、口頭により申込みの撤回等をすることができる。



契約の申込日または契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面の交付日のい ずれか遅い日を含めて8日以内であれば、 書面 により申込みの撤回ができ る。 

 

国内銀行の窓口で加入した生命保険契約の補償対象。生命保険契約の契約転換制度。。生命保険会社が破綻。国内銀行の窓口で加入した生命保険契約。相続開始時に保険事故が発生。相続開始時に保険事故。生命保険契約等の撤回方法。生命保険契約者保護制度の補償限度。生命保険契約の復活。

問題 7
払済保険とは、保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、保険金額を変えずに、一時払いの定期保険に変更するものである。

 

問題解説
  • 払済保険とは、保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、保険金額を変えずに、一時払いの定期保険に変更するものである。


    変更する時点での解約返戻金を元に、保険期間を変えないで保険金額の少ない保険に変更する。特約は消滅します。変更する時点での解約返戻金を元に、保険金額を変えないで保険期間を短くする保険は延長保険です。



 

払済終身保険に変更。払済保険とは。

問題 8
海外旅行傷害保険は、国内空港を出発してから国内空港に帰着するまでが対象となるため、住居から国内空港に移動する間に負ったケガは補償の対象とならない。

 

問題解説
  • 海外旅行傷害保険は、国内空港を出発してから国内空港に帰着するまでが対象となるため、住居から国内空港に移動する間に負ったケガは補償の対象とならない。


    海外旅行保険において、普通傷害保険では国内外を問わず、旅行中を含めた日常生活での怪我などを補償する



 

普通傷害保険は海外旅行中に発生した事故。海外旅行保険。

問題 9
家族傷害保険の被保険者の範囲には、被保険者本人と生計を共にする別居の未婚の子も含まれる。

 

問題解説
  • 家族傷害保険の被保険者の範囲には、被保険者本人と生計を共にする別居の未婚の子も含まれる。


    家族傷害保険は、本人・配偶者・その他の親族、同居親族、その配偶者と生計を共にする別居の未婚の子。保険期間中に出生した記名被保険者本人の子が含まれます。


 

家族傷害保険の対象者。異なる職種級別の者がいる場合。家族傷害保険契約の受取保険金の課税。家族傷害保険契約の受取保険金の課税。家族傷害保険の被保険者の範囲

問題10
がん保険では、一般に、責任開始日前に180日程度の免責期間が設けられており、その期間中にがんと診断されたとしてもがん診断給付金は支払われない。

 

問題解説
がん保険では、一般に、責任開始日前に180日程度の免責期間が設けられており、その期間中にがんと診断されたとしてもがん診断給付金は支払われない。



ガン保険には、一定の免責期間が3ヶ月もしくは90日間あります。

 

ガン保険の入院給付金の制限。ガン保険の免責期間。

愛媛県大洲市大洲城
愛媛県大洲市大洲城