· 

FP3級 資産設計問題 2021年1月Vol-2

問題 11
会社員の室井さんは、2020年中に勤務先を定年退職した。室井さんの退職に係るデータが下記 <資料>のとおりである場合、室井さんの所得税に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。 なお、室井さんは役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するものではない。また、 前年以前に受け取った退職金はないものとする。 

1. 2,440万円

2. 2,060万円

3. 1,220万円

 

問題解説
3. 1,220万円

(4500万円-800万+70万x(38-20)年))×1/2=1220万円

退職所得=(退職収入-退職所得控除)×1/2 

 

所得税に係る退職所得の金額。

 

問題 12
長岡さんが2020年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、長岡さんの2020 年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、長岡さんの 2020年分の所得は給与所得600万円のみであり、支払った医療費等はすべて長岡さんおよび生計 を一にする妻のために支払ったもので、保険金等で補てんされたものはない。また、医療費控除の金額 が最も大きくなるよう計算すること。

1. 103,000円

2. 95,000円

3. 70,000円




 

問題解説
3. 70,000円
保険金などで補填された金額と、10万円(総所得200万円未満の人は総所得の5%)を差し引いた額です。  

 

医療費控除の金額。確定申告による控除の金額。

 

問題 13
佐野さんは、個人でアパートの賃貸をしている青色申告者である。佐野さんの2020年分の所得お よび所得控除が下記<資料>のとおりである場合、佐野さんの2020年分の所得税額として、正しい ものはどれか。なお、佐野さんに<資料>以外の所得はなく、復興特別所得税や税額控除、源泉徴収税 額、予定納税等については一切考慮しないこととする。

1. 912,500円

2. 1,158,000円

3. 1,340,000円

 

問題解説
1. 912,500円 
    

 

所得税を計算する際の所得控除。確定申告が必要な条件。青色申告者。

 

問題 14
2021年1月4日に相続が開始された筒井賢太郎さん(被相続人)の<親族関係図>が下記のとお りである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記 載のない条件については一切考慮しないこととする。

1.由香里 1/2 浩太 1/4 玲花 1/4

2.由香里 1/2 浩太 1/6 進平 1/6 玲花 1/6

3.由香里 1/2 広樹 1/6 浩太 1/6 玲花 1/6



 

問題解説
1.由香里 1/2 浩太 1/4 玲花 1/4
 

 

問題 15
相続開始後の各種手続きにおける下記<資料>の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせと して、正しいものはどれか。なお、記載のない事項については一切考慮しないこととする。

1.(ア)1ヵ月 (イ) 6ヵ月

2.(ア)3ヵ月 (イ) 6ヵ月

3.(ア)3ヵ月 (イ)10ヵ月


 

問題解説
3.(ア)3ヵ月 (イ)10ヵ月

 

問題 16
飯田恵子さんは、夫から居住用不動産の贈与を受けた。恵子さんは、この居住用不動産の贈与につい て、贈与税の配偶者控除の適用を受けることを検討しており、FPで税理士でもある川久保さんに相談 をした。この相談に対する川久保さんの回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、 正しいものはどれか。

1.(ア)10 (イ)2,000

2.(ア)20 (イ)2,000

3.(ア)20 (イ)2,500

 

問題解説
2.(ア)20 (イ)2,000

 

控除対象配偶者。贈与税の配偶者控除。少額投資非課税制度。居住用不動産(財産評価額3,000万円)の贈与。贈与税の配偶者控除の適用要件。NISAとの関連。贈与税の配偶者控除。

 

問題 17
FPの福岡さんは、荒木家のバランスシートを作成した。下表の空欄(ア)にあてはまる金額として、 正しいものはどれか。なお、<設例>に記載のあるデータに基づいて解答することとする。

1. 2,550(万円)

2. 2,640(万円)

3. 2,690(万円

 

問題解説
3. 2,690(万円
 

 

バランスシートの計算式

 

問題 18
将大さんは、60歳で定年を迎えた後、公的年金の支給が始まる65歳までの5年間の生活資金に退 職一時金の一部を充てようと考えている。仮に退職一時金のうち700万円を年利1.0%で複利運用 しながら5年間で均等に取り崩すこととした場合、年間で取り崩すことができる最大金額として、正し いものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計算し、解答に 当たっては、万円未満を切り捨てること。また、税金や記載のない事項については一切考慮しないこと とする。 

1. 133万円

2. 137万円

3. 144万円


 

問題解説
3. 144万円

均等に取り崩すこととした場合資本回収係数

700万円×0.20604=144.228万円 ⇒144万(千円未満四捨五入)    

 

将来の積立額合計を求める。将来の積立額合計。毎年均等に取り崩して受け取る。毎年均等に取り崩して受け取る。将来の積立額合計を求める。

 

問題 19
将大さんは、病気やケガで働けなくなった場合、健康保険からどのような給付が受けられるのか、 FPの福岡さんに質問をした。福岡さんが行った健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険)の傷病手 当金に関する次の回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

1.(ア)2 (イ)3

2.(ア)3 (イ)4

3.(ア)4 (イ)5

 

問題解説
2.(ア)3 (イ)4

 

問題 20
将大さんは老後に備え、個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」という)について、FPの福岡さ んに質問をした。iDeCoに関する福岡さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

1.「将大さんは、確定給付企業年金を実施している企業に勤めていますので、iDeCoの加入対象 者とはなりません。」

2.「iDeCoに加入した場合、支払った掛金は、所得税や住民税の計算上、小規模企業共済等掛金 控除として所得控除の対象となります。」

3.「国民年金の第3号被保険者である雅子さんは、iDeCoの加入対象者となります。」

 

問題解説
1.不適切
確定給付企業年金を実施している企業でもiDeCoの加入対象 者になります。

 

チョット一休み!
世界遺産 京都市龍安寺。

世界遺産 京都市龍安寺
世界遺産 京都市龍安寺