· 

FP3J 医療費控除に関する問題

医療費控除に関する問題(7問)

医療費控除の金額。確定申告による控除の金額。

問題 1

池谷史郎さんが2017年中に支払った生命保険の保険料が下記<資料>のとおりである場合、史郎さんの2017年分の所得税における生命保険料控除の金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の保険について、これまでに契約内容の変更は行われていないものとする。(2018年9月9問)

1. 38,750円

2. 40,000円

3. 43,750円

 

問題解説
1. 38,750円
医療費控除額=75,000円×1/4+20,000円=38,750円



 

問題 2

会社員の佐野雄太さんが、平成28年中に支払った医療費が下記<資料>のとおりである場合、佐野さんの平成28年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、佐野さんの平成28年中の所得は給与所得800万円である。また、佐野さんは妻および長女と生計を一にしている。(2017年5月9問)


1. 130,000円

2. 180,000円

3. 300,000円

 

問題解説
1. 130,000円
入院代 23万が医療費控除になります。医療費控除10万を差引して13万円が医療費控除になります。


 

問題 3

会社員の福岡忠雄さんが2018年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、福岡さんの2018年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、福岡さんの所得は給与所得700万円のみであり、妻は福岡さんと生計を一にしている。また、医療費控除の金額が最も大きくなるよう計算すること。(2018年9月11問)

1. 250,000円

2. 220,000円

3. 140,000円

 

 

問題解説
2.220,000円 適切
医療費控除の金額=医療費控除の対象となる医療費の金額-保険金等により補てんされた金額-(10万円もしくは総所得金額等×5%のいずれか少ない金額)
医療費控除額=80,000円+240,000円-100,000円220,000円
美容や健康増進のための費用は医療費控除の対象外です。
(総所得700万x5%=15万 ∴10万円のほうが少ない)


 

 

問題 4

所得税における医療費控除に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
(2019年1月11問)


1.(ア) 5万円 (イ)10% (ウ)200万円

2.(ア)10万円 (イ) 5% (ウ)100万円

3.(ア)10万円 (イ) 5% (ウ)200万円

 

問題解説
3.(ア)10万円 (イ) 5% (ウ)200万円 
医療費控除は、その年に支払った自己負担の医療費から、保険金などで補填された金額と、10万円(総所得200万円未満の人は総所得の5%)を差し引いた額です。医療費控除の上限は、毎年200万円までです。


 

問題 5

会社員の井上太一さんが、2019年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、太一さんの2019年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、太一さんの所得は給与所得700万円のみであり、妻および長女は太一さんと生計を一にしている。また、医療費控除の金額が最も大きくなるよう計算すること。2019年9月12問)

1. 70,000円

2. 130,000円

3. 160,000円

 

問題解説
1. 70,000円
医療費控除額=170,000円-100,000円=70,000円


 

問題 6

所得税の計算上の医療費控除に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。(2017年1月14問)

1.(ア)確定申告 (イ)5万円 (ウ)100万円

2.(ア)年末調整 (イ)10万円 (ウ)100万円

3.(ア)確定申告 (イ)10万円 (ウ)200万円

 

問題解説
3.(ア)確定申告 (イ)10万円 (ウ)200万円
(ア)医療費の領収書を添付して確定申告することが必要です。
(イ)保険金などで補填された金額と、10万円(総所得200万円未満の人は総所得の5%)
を差し引いた額です。
(ウ)医療費控除の上限は、毎年200万円までです。



 

問題 7

長岡さんが2020年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、長岡さんの2020 年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、長岡さんの 2020年分の所得は給与所得600万円のみであり、支払った医療費等はすべて長岡さんおよび生計 を一にする妻のために支払ったもので、保険金等で補てんされたものはない。また、医療費控除の金額 が最も大きくなるよう計算すること。(2021年1月12問)

1. 103,000円

2. 95,000円

3. 70,000円


 

問題解説
3. 70,000円
保険金などで補填された金額と、10万円(総所得200万円未満の人は総所得の5%)を差し引いた額です。  

 

類似問題を終了