· 

FP3J NISAに関する問題

NISAに関する問題(9問)

個人向け国債。非課税期間。ジュニアNISA。NISA口座の利用限度額。つみたてNISA。NISA口座における配当金や譲渡益。

問題 1

下記は、NISA(少額投資非課税制度)についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句として、最も不適切なものはどれか。(2019年9月3問)

1.(ア)個人向け国債

2.(イ)120万円

3.(ウ)繰り越すことができない

 

問題解説 1.(ア)個人向け国債
個人向け国債は対象外です。

 

問題 2

下記は、NISA(少額投資非課税制度)およびつみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額 投資非課税制度)についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)に入る語句として、最も適切 なものはどれか。(2020年1月3問)

1.空欄(ア):「同時に」

2.空欄(イ):「40万円」

3.空欄(ウ):「10年間」

 

問題解説
2.空欄(イ):「40万円」
ア)は同時に利用はできません。
ウ)非課税期間は積立NISAでは最長20年になります。

 

問題 3

下記は、少額投資非課税制度と未成年者少額投資非課税制度についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。(2017年1月4問)

1.空欄(ア)にあてはまる語句は、「外貨預金」である。

2.空欄(イ)にあてはまる語句は、「80万円」である。

3.空欄(ウ)にあてはまる語句は、「3年間」である。

 

問題解説
2.空欄(イ)にあてはまる語句は、「80万円」である。
(ア)国内外の上場株式・株式投信・ETF・REIT等が対象で、国債や公社債・公社債投資信託、外貨預金や外貨建てMMFは対象外です。
(ウ)配当金や譲渡益は、最長5年間、非課税です

 

問題 4

下記は、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)についてまとめた表である。下表に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。(2017年9月4問)

1.空欄(ア)に入る語句は、「毎年100万円」である。

2.空欄(イ)に入る語句は、「最長5年間」である。

3.空欄(ウ)に入る語句は、「22歳」である。

 

問題解説 2.適切
投資した年から最長5年間
非課税投資枠、新規投資額で80万円が上限
払出し、18歳となる年の前年の12月31日まで払出し制限あり

 

 

問題 5

下記は、NISA(少額投資非課税制度)の概要についてまとめた表である。下表に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(2018年9月4問)

1.空欄(ア)に入る語句は、「1年単位で可能」である。

2.空欄(イ)に入る語句は、「100万円」である。

3.空欄(ウ)に入る語句は、「繰り越すことができない」である。

 

問題解説 2.不適切 空欄(イ)
NISA口座の利用限度額(非課税枠)は一人年間120万円です。
2.適切 空欄(ア)
「1年単位で可能」です。
2.適切 空欄(ウ)
「繰り越すことができない」です。


 

 

問題 6

下記は、NISA(少額投資非課税制度)およびつみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)についてまとめた表である。下表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。(2019年1月4問)

1.空欄(ア)に入る語句は、「株式・投資信託等」である。

2.空欄(イ)に入る語句は、「80万円」である。

3.空欄(ウ)に入る語句は、「20年間」である。

 

問題解説 2.不適切 空欄(イ)
NISA口座の利用限度額(非課税枠)は一人年間120万円です。
1.適切 空欄(ア)
「株式・投資信託等」です。
3.適切 空欄(ウ)
つみたてNISA口座における配当金や譲渡益は、最長20年間、非課税です。

 

 

問題 7

下記は、NISA(少額投資非課税制度)およびつみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)についてまとめた表である。下表の(ア)~(ウ)に入る語句として、最も不適切なものはどれか。(2019年5月5問)

1.空欄(ア):「どちらか一方を選択して」

2.空欄(イ):「120万円」

3.空欄(ウ):「10年間」

 

問題解説 3.不適切 空欄(ウ):「10年間」
つみたてNISA口座における配当金や譲渡益は、最長20年間、非課税です。

1.適切 空欄(ア):「どちらか一方を選択して」
つみたてNISAと一般NISAと同一年内での併用はできません
2.適切 空欄(イ):「120万円」
NISA口座の利用限度額(非課税枠)は一人年間120万円
です。

 

 

問題 8

下記は、少額投資非課税制度(NISA)の概要についてまとめた表である。下表に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(2017年5月5問)

1.空欄(ア)に入る語句は、「1年単位で可能」である。

2.空欄(イ)に入る語句は、「繰り越せない」である。

3.空欄(ウ)に入る語句は、「100万円」である。

 

問題解説 不適切 空欄(ウ)「100万円」である。
NISA口座の利用限度額(非課税枠)は一人年間120万円です。

2.適切 空欄(ア)
「1年単位で可能」です。
2.適切 空欄(ウ)
「繰り越すことができない」です。


 

 

問題 9

会社員の湯本さんは、FPの牧村さんに、NISA(少額投資非課税制度)およびつみたてNISA (非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)の特徴や注意点について質問をした。次の牧村さん の回答のうち、最も不適切なものはどれか。(2020年9月4問)

1.「NISAは、上場株式を投資対象とすることができます。」

2.「つみたてNISAは、個人向け国債を投資対象とすることができます。」

3.「NISAやつみたてNISAで売却損が出た場合、一般口座で生じた売却益などと相殺すること ができないため注意が必要です。」

 

問題解説
2.✕
「つみたてNISAは、個人向け国債を投資対象にはならない

1.〇
「NISAは、上場株式を投資対象とすることができます。」

3.〇
「NISAやつみたてNISAで売却損が出た場合、一般口座で生じた売却益などと相殺すること ができないため注意が必要です。」


 

類似問題を終了