· 

FP3級 資産設計問題 2019年9月Vol-1

問題 1
ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.生命保険募集人・生命保険仲立人の登録をしていないFPが、生命保険契約を検討している顧客から相談を受け、顧客が死亡した場合における遺族の必要保障額の計算を有償で行った。

2.弁護士資格を有していないFPが、離婚に伴う財産分与について係争中の顧客から相談を受け、報酬を得る目的でその顧客の代理人として離婚協議書の作成に係る法律事務を取り扱った。

 

問題解説
ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


1.〇
顧客が死亡した場合における生命保険契約の遺族の必要保障額の計算を有償で行うことます。

2.✕
報酬を得る目的でその顧客の代理人として離婚協議書の作成に係る法律事務はできません。

 

FP倫理に関する問題(10問)。 確定申告書の作成を代行。投資助言・代理業を行う。所得税の具体的な税額計算。顧客と投資顧問契約を締結。上場会社の業績予想や投資判断について助言。賃借の媒介を行い、仲介手数料を受け取った。所得税の具体的な税額計算を行った。遺族の必要保障額の計算を有償で行った。特定の上場株式の業績予想や投資判断についての助言。将来の必要保障額の試算

問題 2
  • 下記は、広尾家のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表の空欄(ア)~(ウ)に入る数値とその求め方として、最も適切なものはどれか。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用し、計算結果は万円未満を四捨五入すること。


    1.空欄(ア):「176×(1+0.01)2≒180」

    2.空欄(イ):「377-450=▲73」

    3.空欄(ウ):「(327+51)×(1+0.01)≒382」


 

 

問題解説
  • このキャッシュフロー表の空欄(ア)~(ウ)に入る数値とその求め方として、最も適切なものはどれか。

    1.〇   176x1.01x1.01=179.5≒180

    2.✕
      年間収支(収入合計-支出合計) 450-377=78

    3.✕
      1年後の金融資産残高=327万円×(1+1÷100)+51万円     
                 =381.27→381万円












 

3年後の給与収入(夫)。1年後の金融資産残高。2年後の金融資産残高。3年後の給与収入。基本生活費。1年後の金融資産残高。2年後の基本生活費。4年後の給与収入。

問題 3
下記は、NISA(少額投資非課税制度)についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句として、最も不適切なものはどれか。

1.(ア)個人向け国債

2.(イ)120万円

3.(ウ)繰り越すことができない

 

問題解説
  • 下記は、NISA(少額投資非課税制度)についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句として、最も不適切なものはどれか。



    1.(ア)個人向け国債
    個人向け国債は対象外です。





 

NISAに関する問題(8問)。 個人向け国債。非課税期間。ジュニアNISA。NISA口座の利用限度額。つみたてNISA。NISA口座における配当金や譲渡益。

問題 4
記<資料>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、この企業の株価は13,500円であるものとし、購入時の手数料および税金は考慮しないこととする。

1.2018年3月期における1株当たりの利益は443.9円である。

2.この企業の株を1単元(1単位)購入するために必要な資金は135万円である。

3.この企業の株を1単元(1単位)保有していた場合、2018年3月期における年間の配当金額(税引前)は5,000円である。

 

問題解説
  • 、最も不適切なものはどれか。なお、この企業の株価は13,500円であるものとし、購入時の手数料および税金は考慮しないこととする。


    3.✕
    2018年3月期決算による配当金は95円なので、
    1単元当たりの年間配当金合計=95円×100株=9,500円です。

    1.〇
    2018年3月期の決算における配当金は 443.9円です。

    2.〇
    1単元は100株ですので購入するために必要な資金は、
    13,500円×100株=135万円です。


 

年間の配当金(税引前)、1株当たりの利益、予想PER、決算における配当金、購入するために必要な資金、株価純資産倍率(PBR)

問題 5
下記<資料>に基づくSZ株式会社の投資指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、購入時の手数料および税金は考慮しないこととする。

1.株価収益率(PER)で比較した場合、SZ株式会社の株価は日経平均採用銘柄の平均(予想ベース)より割安である。

2.株価純資産倍率(PBR)で比較した場合、SZ株式会社の株価は東京証券取引所市場第1部(東証1部)全銘柄の平均より割高である。

3.配当利回りで比較した場合、SZ株式会社の配当利回りは東京証券取引所市場第1部(東証1部)全銘柄の単純平均(予想ベース)より高い。

 

問題解説
  • 下記<資料>に基づくSZ株式会社の投資指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、購入時の手数料および税金は考慮しないこととする。

    2.✕
    SZ社のPBRは0.9032倍 東証一部はPBRは1.16倍 PBRが低いSZ社のほうが割安

    1.〇
    SZ社のPERは10.377倍 日経平均はPERは11.96倍 PERが低いSZ社のほうが割安

    3.〇
    SZ社の配当利回りは3.39%。 東証一部の配当利回りは2.03% SZ社の利回りは良い。


 

株式の評価尺度。株価純資産倍率。投資指標、四季表、決算における配当金

問題 6
建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合、その土地に対する建築物の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

1. 300㎡×80%×6/10=144㎡

2. 300㎡×80%=240㎡

3. 300㎡×400%=1,200

 

 

問題解説
建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合、その土地に対する建築物の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。

2. 300m2×80%=240㎡
建築面積の上限=敷地面積×建ぺい率 ですので、
建築面積の上限=300㎡×80%=240㎡

 

建築面積の計算、最高限度、延べ面積、敷地面と関連

問題 7
土地の登記記録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.土地を最初に取得した者がする所有権保存登記は、(ア)に記録される。

2.土地が売買により取得された場合、買主がする所有権移転登記は、(イ)に記録される。

3.工場を建設する際に、金融機関から融資を受け、土地を担保として抵当権が設定される場合、抵当権設定登記は、(ウ)に記録される。

 

問題解説
  • 土地の登記記録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


    1.✕
    所有権保存登記は、権利部(甲区)に記録されます。


    2.〇
    登記記録の権利部(甲区)、所有権に関する事項(所有権の保存・移転・仮登記・差押え等)が記録されます。

    3.〇
    登記記録の権利部(乙区)には、所有権以外の権利に関する事項(賃借権や抵当権)が記録されます。



 

権利部甲区、乙区 表題部

問題 8
  • 唐沢敏和さんが加入している生命保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、保険契約は有効に継続しているものとし、敏和さんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとする。



    1. 3万円

    2. 8万円

    3. 10万円


 

 

問題解説
  • 唐沢敏和さんが加入している生命保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。

    2. 8万円

 

保険の補償内容と支払の計算

問題 9
柴田さんは、地震保険についてFPの横川さんに質問をした。地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.地震保険は、住宅総合保険などの火災保険契約に付帯して契約する必要はなく、単独で契約することができる。

2.地震により、居住用の建物に収容されている家財のうち、1個または1組の価額が30万円を超える骨とう品が損害を受けた場合、地震保険の補償の対象となる。

3.噴火により、居住用の建物が大半損となった場合、地震保険の補償の対象となる。

 

問題解説
柴田さんは、地震保険についてFPの横川さんに質問をした。地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

3.〇
地震・噴火による損害や、地震・噴火で起こった津波による損害が補償対象です。

1.✕
単独では加入できません。火災保険等に付帯して加入する必要があります。

1.✕
30万円を超える貴金属・宝石・骨とう品等は、地震保険では補償対象外です。

 

地震保険の基本料率、居住用建物と家財、地震保険の保険料、地震保険の対象、、地震保険は単独、、地震・噴火で起こった津波による損害、、30万円を超える貴金属・宝石・骨とう品等、居住用の建物が大半損

問題 10
野村忠さんが契約している自動車保険の主な内容は、下記<資料>のとおりである。<資料>に基づく次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも保険期間中に損害が発生したものであり、運転者は忠さんである。また、記載のない事項については一切考慮しないこととする。

1.自動車を運転中に、他の自動車と衝突事故を起こし、忠さんが重傷を負った場合、人身傷害保険の補償の対象となる。

2.自動車を運転中に、誤ってブロック塀に接触し、被保険自動車が破損した場合、車両保険の補償の対象となる。

3.自動車を駐車場に駐車する際に、誘導中の妻に誤って車が接触し、ケガを負わせた場合、対人賠償保険の補償の対象となる。

 

問題解説
  • 野村忠さんが契約している自動車保険の主な内容は、下記<資料>のとおりである。<資料>に基づく次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも保険期間中に損害が発生したものであり、運転者は忠さんである。また、記載のない事項については一切考慮しないこととする。


    3.✕
    対人賠償保険では、運転者自身・父母・配偶者・子に対する損害に対しては、補償対象外。

    1.〇
    自動車事故における自己の過失部分も含め、損害額全額が支払い対象です。

    2.〇
    車両保険は、衝突、接触、火災、爆発、盗難、火災、爆発、台風、洪水などの偶然な事故による契約車両の損害に対して、補償される。



 

火災保険と地震保険。普通傷害保険。損害保険。

福井県 丸岡城
福井県 丸岡城 日本一短い手紙