· 

FP3級 資産設計問題 2019年9月Vol-2

問題 11
会社員の大下さんの2019年分の収入は下記<資料>のとおりである。大下さんの2019年分の給与所得の金額として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない事項については一切考慮しないこととする。

1. 750万円

2. 555万円

3. 410万円

 

問題解説
  • 会社員の大下さんの2019年分の収入は下記<資料>のとおりである。大下さんの2019年分の給与所得の金額として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない事項については一切考慮しないこととする。



    2. 555万円
    給与収入額は580万円+170万円=750万円。
    給与所得控除額は表より10%+120万円。

    給与所得=給与収入額-給与所得控除額
        =750万円-(750万円×10%+120万円)
        =750万円-195万円=555万円

 

所得税を計算する際の所得控除。確定申告が必要な条件

問題 12
会社員の井上太一さんが、2019年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、太一さんの2019年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、太一さんの所得は給与所得700万円のみであり、妻および長女は太一さんと生計を一にしている。また、医療費控除の金額が最も大きくなるよう計算すること。

1. 70,000円

2. 130,000円

3. 160,000円

 

問題解説
  • 会社員の井上太一さんが、2019年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、太一さんの2019年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。

    1. 70,000円
    医療費控除額=170,000円-100,000円=70,000円



 

医療費控除の金額。確定申告による控除の金額。

問題 13
2019年9月2日に相続が開始された谷口啓二さん(被相続人)の<親族関係図>が下記のとおりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない事項については一切考慮しないこととする。


1.京子 1/2 英男 1/4 祥子 1/4

2.京子 1/3 英男 1/3 祥子 1/3

3.京子 1/2 英男 1/6 祥子 1/6 香菜 1/6

 

問題解説
  • 法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない事項については一切考慮しないこととする。

    1.京子 1/2 英男 1/4 祥子 1/4


 

妻、子供3人内一人死亡、一人相続放棄、孫が3人。妻、子供2人内一人相続放棄、孫が2人。妻、子供二人内一人死亡、孫が二人。妻、子供死亡、兄弟二人。妻、子供二人内一人放棄、孫が一人、母。

問題 14
大垣康夫さん(30歳)が2019年中に贈与を受けた財産の価額と贈与者は以下のとおりである。康夫さんの2019年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、2019年中において、康夫さんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、相続時精算課税制度は選択していないものとする。

1. 80万円

2. 67万円

3. 58万円

 

問題解説
  • 大垣康夫さん(30歳)が2019年中に贈与を受けた財産の価額と贈与者は以下のとおりである。康夫さんの2019年分の贈与税額として、正しいものはどれか。

    3. 58万円
    大垣康夫さんの贈与税=(450万円+100万円-110万円)×20%-30万円=58万円



 

時精算課税制度は選択していないときの贈与税。

問題 15
下記は、贈与税の配偶者控除の適用要件および控除額についてまとめた表である。下表の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。


1.(ア)10 (イ)1,000

2.(ア)10 (イ)2,000

3.(ア)20 (イ)2,000

 

問題解説
  • 下記は、贈与税の配偶者控除の適用要件および控除額についてまとめた表である。下表の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。



    3.(ア)20 (イ)2,000
    贈与時の婚姻期間が20年以上
    控除額は最高2000万円です。


 

控除対象配偶者。贈与税の配偶者控除。少額投資非課税制度。居住用不動産(財産評価額3,000万円)の贈与。贈与税の配偶者控除の適用要件。NISAとの関連

問題 16
  • FPの藤原さんは、馬場家のバランスシートを作成した。下表の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、<設例>に記載のあるデータに基づいて解答することとする。


    1. 2,370(万円)

    2. 2,610(万円)

    3. 2,690(万円)



 

 

 

問題解説
  • FPの藤原さんは、馬場家のバランスシートを作成した。下表の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、<設例>に記載のあるデータに基づいて解答することとする。

    3. 2,690(万円)
    資産合計から負債合計を引いたのが純資産になります。


 

バランスシートの計算式

問題 17
誠さんは、60歳で定年を迎えた後、その後公的年金の支給が始まる65歳までの5年間の生活資金に退職一時金の一部を充てようと考えている。仮に退職一時金のうち700万円を年利2.0%で複利運用しながら5年間で均等に取り崩すこととした場合、年間で取り崩すことができる最大金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計算し、円単位で解答すること。また、税金や記載のない事項については一切考慮しないこととする。


1. 1,485,120円

2. 1,345,120円

3. 1,267,980円

 

問題解説
  • 誠さんは、60歳で定年を迎えた後、その後公的年金の支給が始まる65歳までの5年間の生活資金に退職一時金の一部を充てようと考えている。仮に退職一時金のうち700万円を年利2.0%で複利運用しながら5年間で均等に取り崩すこととした場合、年間で取り崩すことができる最大金額として、正しいものはどれか。


    1. 1,485,120円
    毎年均等に取り崩して受け取る=資本回収係数
    700万円×0.21216=148.512万円


 

将来の積立額合計を求める。将来の積立額合計。毎年均等に取り崩して受け取る。毎年均等に取り崩して受け取る。将来の積立額合計を求める。

問題 18
誠さんは、住宅ローンの繰上げ返済について、FPの藤原さんに質問をした。住宅ローンの繰上げ返済に関する藤原さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

1.「繰上げ返済は、現に返済しているローンの利息部分を返済するものです。

2.「毎月の返済額は変えずに、返済期間を短縮する方法を『期間短縮型』といいます。

3.「最低返済額や繰上げ手数料は、金融機関によって異なります。」

 

問題解説
誠さんは、住宅ローンの繰上げ返済について、FPの藤原さんに質問をした。住宅ローンの繰上げ返済に関する藤原さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

1.✕
住宅ローンの繰上げ返済分は借入元本に充当されるため、繰上げ返済する時期が早いほど、利息軽減効果が大きくなります。

2.〇
返済額軽減型は、返済期間はそのままに、毎月の返済額を軽減
期間短縮型は、毎月の返済額をそのままにして、返済期間を短縮

3.〇
最低返済額や繰上げ返済手数料は、金融機関により異なります。

 

所得税の住宅ローン控除。住宅ローンの繰上げ返済。住宅ローン控除の適用。

問題 19
誠さんは、個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」という)について、FPの藤原さんに質問をした。iDeCoに関する藤原さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

1.「国民年金の第3号被保険者である陽子さんは、iDeCoの加入対象者となります。

2.「iDeCoに加入した場合、支払った掛金は、生命保険料控除として所得控除の対象となります。

3.「受給権が発生する年齢に到達すると、老齢給付金は年金として受け取ることができるほか、一時金として受け取ることもできます。」

 

問題解説
  • 誠さんは、個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」という)について、FPの藤原さんに質問をした。iDeCoに関する藤原さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

    2.✕
    確定拠出年金の個人型の掛金は、小規模企業共済等掛金控除として全額所得控除。

    1.〇
    確定拠出年金の個人型の対象者は、60歳未満の公的年金(国民年金・厚生年金・共済組合等)の加入者です。

    3.〇
    一時金として受給する場合は、退職所得として退職所得控除が適用されます。


 

問題 20
誠さんは、通常65歳から支給される老齢基礎年金を繰り上げて受給できることを知り、FPの藤原さんに質問をした。老齢基礎年金の繰上げ受給に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、老齢基礎年金の受給要件は満たしているものとする。

1.老齢基礎年金を繰上げ受給した場合の年金額の減額は、一生涯続く。

2.老齢基礎年金を繰上げ受給した場合の年金額は、繰上げ月数1月当たり0.5%の割合で減額される。

3.老齢基礎年金を60歳から繰上げ受給した場合、老齢厚生年金を同時に繰上げ受給する必要はない。

 

問題解説
  • 誠さんは、通常65歳から支給される老齢基礎年金を繰り上げて受給できることを知り、FPの藤原さんに質問をした。老齢基礎年金の繰上げ受給に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、老齢基礎年金の受給要件は満たしているものとする。

    3.✕
    老齢年金の繰上げは、老齢基礎年金と老齢厚生年金を同時に請求が必要。

    1.〇

    老齢基礎年金を繰上げ受給する場合、減額された年金額で生涯支給されます。

    2.〇
    老齢基礎年金を繰上げ受給する場合、一ヶ月につき0.5%減額。


 

老齢基礎年金の繰下げ受給。老齢基礎年金を繰り上げて受給。

チョット一休み!
福島県 白虎隊飯盛山。

福島県 飯盛山の白虎隊
福島県 飯盛山の白虎隊