· 

FP3級 資産設計問題 2020年1月Vol-2

問題 11
個人事業主として不動産賃貸業を営む山本さんは、FPで税理士でもある倉田さんに2019年分の 所得税より確定申告書の作成を依頼することにした。山本さんの2019年分の収入および必要経費が 下記<資料>のとおりである場合、山本さんの2019年分の不動産所得の金額(青色申告特別控除前 の金額)として、正しいものはどれか。

1. 250万円

2. 190万円

3. 170万円

 

問題解説
山本さんの2019年分の不動産所得の金額(青色申告特別控除前 の金額)として、正しいものはどれか。

2. 190万円 
不動産所得の金額は「収入金額-必要経費」
礼金は後で戻す金で、敷金は返金を要するものなので、不動産所得には入れません。
不動産所得=380万円+20万円-60万円=190万円が収入になります。

 

特定商取引法に購入金額(消費税を含んだ金額)。不動産所得の金額。

 

問題 12
個人事業主として飲食店を営む宮野さんの2019年分の各種所得の金額が下記<資料>のとおりで ある場合、宮野さんの2019年分の総所得金額として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載 のない事項については一切考慮しないこととする。

1. 880万円

2. 780万円

3. 380万円

 

問題解説
個人事業主として飲食店を営む宮野さんの2019年分の各種所得の金額が下記<資料>のとおりで ある場合、宮野さんの2019年分の総所得金額として、正しいものはどれか。


3. 380万円
総所得金額=280万円+100万円=380万円
退職所得の金額は分離課税の対象、株式等の譲渡所得は分離課税のため、総所得金額には含みません。


 

総所得と損益通算との関連

 

問題 13
2019年11月20日に相続が開始された山根博子さん(被相続人)の<親族関係図>が下記のと おりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、 記載のない条件については一切考慮しないこととする。

1.勝夫 2/3 正行 1/6 洋子 1/6

2.勝夫 1/2 正行 1/4 洋子 1/4

3.勝夫 1/2 正行 1/6 洋子 1/6 優奈 1/6

 

問題解説
  • 2019年11月20日に相続が開始された山根博子さん(被相続人)の<親族関係図>が下記のと おりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。


    1.勝夫 2/3 正行 1/6 洋子 1/6 
    長男は既に死亡(子供はいない)、長女は放棄していますので、その子供には代襲相続人にはなれません。したがって夫とその両親が相続人となります。

 

妻、子供3人内一人死亡、一人相続放棄、孫が3人。妻、子供2人内一人相続放棄、孫が2人。妻、子供二人内一人死亡、孫が二人。妻、子供死亡、兄弟二人。妻、子供二人内一人放棄、孫が一人、母。

 

問題 14
相続開始後の各種手続きに関する下記<資料>の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせと して、正しいものはどれか。

1.(ア)家庭裁判所 (イ) 6ヵ月

2.(ア)公証役場 (イ)10ヵ月

3.(ア)家庭裁判所 (イ)10ヵ月

 

問題解説
相続開始後の各種手続きに関する下記<資料>の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせと して、正しいものはどれか。

3.(ア)家庭裁判所 (イ)10ヵ月
相続の放棄・限定承認をするには、相続の開始を知った日からか月以内に家庭裁判所に申述書を提出しなければなりません。
相続税の申告・納付は、相続の開始を知った日の翌日から10か月以内に被相続人の死亡時の住所地を所轄する税務署長にしなければなりません。


 

相続開始があった。相続開始後の各種手続き。相続時精算課税制度。相続放棄の申述の期限。死亡保険金。

 

問題 15
皆川真紀子さんは、夫から2019年5月に居住用不動産(財産評価額2,700万円)の贈与を受 けた。真紀子さんは、この居住用不動産の贈与について、贈与税の配偶者控除の適用を受けることを検 討している。真紀子さんが贈与税の配偶者控除の適用を最高限度額まで受けた場合の2019年分の贈 与税の配偶者控除および基礎控除後の課税価格として、正しいものはどれか。なお、贈与税の配偶者控 除の適用を受けるための要件はすべて満たしているものとする。また、真紀子さんは2019年中に、 当該贈与以外の贈与を受けていないものとする。

1. 90万円

2. 590万円

3. 700万円

 

問題解説
  • 真紀子さんが贈与税の配偶者控除の適用を最高限度額まで受けた場合の2019年分の贈 与税の配偶者控除および基礎控除後の課税価格として、正しいものはどれか。


    2. 590万円 
    贈与税の配偶者控 除の適用を受けるための要件はすべて満たしているものとするとあるので、下記の表から婚姻期間20年以上の特例、基礎控除110万円のほかに最高2.000万円の控除が受けられる。
    2.700万円-2.110万円=590万円



 

控除対象配偶者。贈与税の配偶者控除。少額投資非課税制度。居住用不動産(財産評価額3,000万円)の贈与。贈与税の配偶者控除の適用要件。NISAとの関連

 

問題 16
  • FPの福岡さんは、資金計画どおりにマンションを購入した後の荒木家のバランスシートを作成した。 下表の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、<設例>に記載のあるデータ に基づいて解答することとする。

    1. 160(万円)

    2. 660(万円)

    3. 1,060(万円)


 

 

問題解説
  • Pの福岡さんは、資金計画どおりにマンションを購入した後の荒木家のバランスシートを作成した。 下表の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、<設例>に記載のあるデータ に基づいて解答することとする。

    2. 660(万円)
    マンションを購入する資金は個々では差し引きますので。
    普通預金の残りは100万円
    定期預金の残りは50万円
    財形住宅貯蓄は全て使うので0円。 また購入したマンションは資産として計上します。
    バランスシートの名前の通り借方(資産)と貸方(負債+純資産)の金額が必ず一致するようにします。



  •  

 

バランスシートの計算式

 

問題 17
浩介さんは、今後10年間で毎年36万円ずつ積立貯蓄をして、長女の千穂さんの教育資金を準備し たいと考えている。積立期間中に年利2.0%で複利運用できるものとした場合、10年後の合計金額 として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計 算し、解答に当たっては、千円未満を四捨五入すること。また、税金や記載のない事項については一切 考慮しないこととする。 (2018年9月18問、2018年1月17問)

1. 3,234,000円

2. 3,942,000円

3. 4,388,000円

 

問題解説
  • 浩介さんは、今後10年間で毎年36万円ずつ積立貯蓄をして、長女の千穂さんの教育資金を準備し たいと考えている。積立期間中に年利2.0%で複利運用できるものとした場合、10年後の合計金額 として、正しいものはどれか。



    2. 3,942,000円 
    将来の積立額合計を求める=年金終価係数
    36万円×10.950=
    3.942.00円


  • >

 

将来の積立額合計を求める。将来の積立額合計。毎年均等に取り崩して受け取る。毎年均等に取り崩して受け取る。将来の積立額合計を求める。

 

問題 18
浩介さんは、会社の定期健康診断で異常を指摘され、2019年11月に2週間ほど入院をして治療 を受けた。その際の病院への支払いが高額であったため、浩介さんは健康保険の高額療養費制度によっ て払戻しを受けたいと考え、FPの福岡さんに相談をした。浩介さんの2019年11月の保険診療に 係る総医療費が90万円であった場合、高額療養費制度により払戻しを受けることができる金額として、 正しいものはどれか。なお、浩介さんは全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者で、標準報酬月額は 「36万円」である。また、浩介さんは限度額適用認定証を病院に提出していないものとする。


1. 86,430円

2. 183,570円

3. 189,870円

 

問題解説
浩介さんの2019年11月の保険診療に 係る総医療費が90万円であった場合、高額療養費制度により払戻しを受けることができる金額として、 正しいものはどれか。なお、浩介さんは全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者で、標準報酬月額は 「36万円」である。また、浩介さんは限度額適用認定証を病院に提出していないものとする。 



2. 183,570円 
標準月額36万円、総医療費は90万円なので表より
80,100円+(900,000円-267,000円)×1%
=80,100円+6,330円
=86,430円
自己負担額は90万円の3割負担の27万円の支払いから高額医療費の払戻分を引きます。
27.000-86.430=183.570円

 

傷病手当金。高額療養費制度。傷病手当金制度。

 

問題 19
浩介さんの公的年金加入歴は下記のとおりである。仮に浩介さんが現時点(33歳)で死亡した場合、 浩介さんの死亡時点において妻の理恵さんに支給される公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、 最も適切なものはどれか。なお、浩介さんは、入社時(22歳)から死亡時まで厚生年金保険に加入し ているものとし、遺族給付における生計維持要件は満たされているものとする。


1.遺族基礎年金と死亡一時金が支給される。

2.遺族厚生年金と寡婦年金が支給される。

3.遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給される。

 

問題解説
  • 浩介さんの公的年金加入歴は下記のとおりである。仮に浩介さんが現時点(33歳)で死亡した場合、 浩介さんの死亡時点において妻の理恵さんに支給される公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、 最も適切なものはどれか。


    3.遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給される。
    妻の理恵さんは「子」または「子のいる配偶者」の範疇なので遺族基礎年金の受給対象者になります
    浩介さんは入社から死亡時まで厚生年金保険に加入していたので、理恵さんは遺族厚生年金も合わせて受給できます。
    寡婦年金と死亡一時金は、どちらも国民年金の第1号被保険者を対象なので給付はありません。


 

火災保険と地震保険。普通傷害保険。損害保険。

 

問題 20
浩介さんと理恵さんが加入している生命保険は下表のとおりである。仮に浩介さんが2020年2月 に死亡し理恵さんに保険金が支払われた場合、課税の対象となる税金の種類として、正しいものはどれ か。

1.相続税 

2.贈与税 

3.所得税・住民税

 

問題解説
  • 浩介さんと理恵さんが加入している生命保険は下表のとおりである。仮に浩介さんが2020年2月 に死亡し理恵さんに保険金が支払われた場合、課税の対象となる税金の種類として、正しいものはどれ か。


    1.相続税 
    終身保険Aはみなし相続財産として相続税の課税対象です。
    終身保険Bは被保険者が理恵さんなので保険金の受け取りはありません。


 

京都市 わら天神
京都市 わら天神